2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. MFJトライアル
  3. トライアル・デ・ナシオン
  4. 2017TDN
  5. イベント(その他)
  6. MFJトライアル
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント告知
  10. イベント(大会)
  11. イベント(スクール)
  12. イベント(大会)
  13. イベント(その他)
  14. イベント(その他)
  15. リザルト中国
  16. リザルト近畿
  17. イベント(大会)
  18. 2016高田島ツートラ
  19. リザルト関東
  20. MINI VANDAL
  21. リザルト中国
  22. イベント(大会)
  23. リザルト中部

    2018.08.26

    第17回梅ヶ島
  24. リザルト北海道

    2018.08.26

    2018遊ing第4戦
  25. リザルト東北
  26. MFJトライアル
  27. イベント(大会)
  28. MFJトライアル
  29. リザルト関東
  30. リザルト中国
  31. イベント(大会)
  32. イベント(スクール)
  33. イベント(大会)
  34. イベント(大会)
  35. イベント(大会)
  36. イベント(大会)
  37. 2017お勉強会
  38. リザルト四国
  39. リザルト中国
  40. リザルト中部
  41. 2019モンテッサ
  42. TLR200用キックアーム
  43. Vertigo 2019モデル
  44. 生駒テックオープン
  45. リザルト中国
  46. リザルト四国
  47. リザルト関東
  48. 2017TDN
  49. リザルト東北
  50. MFJトライアル
  51. リザルト中国
  52. リザルト関東
  53. イベント(大会)
  54. イベント(大会)

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

バイクトライアル世界選手権

07寺井
寺井一希。むずかしかった7セクションにて

8月25、26日、岐阜県関市板取にて、バイクトライアル世界選手権が開催された。1992年の初開催以来、毎年(一度だけ、SARS蔓延を考慮して中止となった)この板取で開催されている。板取は2005年に関市に合併となり、現在は関板取大会として開催されている。それでもこの地域がバイクトライアルにかける情熱は変わりなく、地域に根づいたヨーロッパスタイルの世界選手権のスタイルとしては、日本では唯一無二の存在といっていい。

今年は、ヨーロッパの他の大会が開催に問題を生じてチェコ大会だけが開催されることになった。その結果、いつもは4戦ほど開催される世界選手権が、今年はチェコ大会と日本大会の2大会だけという変則的なスケジュールとなった。つまりそれだけ、日本大会の比重が大きいということになる。

それで、今年は日本人チャンピオン誕生が誕生する素地が、いつもより大きいとされてた。チェコ大会でそこそこの成績をとっていれば、地元日本大会で本領を発揮することができるからだ。特に20インチの最高峰クラス、エリートで2006年シーズンにランキング2位に上り詰めた寺井一希(モンティ)が、そろそろタイトルを獲得してくれるのではないかという期待も高まっていた。

07アバンテ
フェミナ(レディース)クラスに
参戦したアバンティ姉妹。双子で外観ばかりか実力的にもまったくいっしょ。まったく区別がつかない。よって、どっちが勝ったのかもわからない

しかし8月5日、世界選手権開幕戦チェコ大会で、寺井はまさかの6位。寺井を含め、2007年の日本チームは勉強の年ともいえた。上位入賞をはたしたり、タイトルを獲得できそうな期待を持った選手は、ごく少なかった。日本のバイクトライアルにも流れというのがあり、今年は課題を洗い出して次につなげる時間となった。次につなげる“次”は、2008年以降になりそうだ。

そんな中、ジャイアントと契約して2年間のブランクを経てバイクトライアルに復帰したマスタークラス(26インチ・世界最高峰クラス)の長屋佳政に期待が集まる。関板取出身の長屋は、日本のバイクトライアル世界選手権の歴史とともに育ったといっていい。そんな長屋の久々の世界選手権挑戦は、マスタークラスで日本人初の3位入賞という快挙だった。

そして最終戦日本大会。

寺井一希は、またしても6位に沈んだ。序盤はトップを走ったものの、いくつか5点をとって崩れ去った。猛暑で頭がぼうっとして、得意のバランス感覚も狂ってしまったようだ。優勝はチェコ大会に続いてベニト・ロス(KOXX)で、当然タイトルもロスが獲得した。

07長屋長屋佳政。世界2位の走り

しかし一方、長屋は大金星だった。1位のセサール・カニャス(モンティ・8回の世界チャンピオン。マインダーは12回の世界チャンピオン、オット・ピが務める)はその格からしても崩しようがない。長屋はカニャスに匹敵するような好ライディングを見せて、見事2位を獲得。マスタークラスでの日本人最上位記録を更新した。地元板取が生んだ世界チャンピオンは、今また、新しい目標を目指しはじめているようだ。

関板取では、バイクトライアル世界選手権を開催するにあたり、村人がオブザーバーとなるため立ち上がった。今では、みんなすっかりベテランオブザーバーだ。外国の選手が来日すると、民泊をして大会に参加する。山奥の村が、バイクトライアルで一気に国際化した。小学校では、バイクトライアルが授業に取り入れられている。その先生は、かつて世界選手権にも参戦した長谷中勇。なんともぜいたくなバイクトライアル環境が構成されている。

しかしこういった環境は、一日にしてなったものではない。15年間に渡っての不断の努力が、今日のバイクトライアル天国を築き上げた。世界選手権に参戦する板取人、スタッフを務める板取人、ホストファミリーとしてライダーを支援する板取人。さまざまな板取の人々が、バイクトライアルに関わっている。こういった総合的な取り組みが行われている例は、ほかにない。

バイクトライアルは、誰が見ても(トライアルをよく知る人も、まったく知らない人も。興味ある人もない人も)びっくり仰天できる素晴らしいエンターテインメントだ。できれば板取村だけではなく、もっと日本全国で普及してほしいものだけど、板取の真摯な取り組みを見ると、世界選手権はずっとこの地で開催されるのが最善ではないかと思えるのであった。

07オット
オット・ピのデモ

なお今回、長年バイクトライアルの普及に尽力し、日本でも数々の名シーンを演出したオット・ピが、現役引退のデモンストレーションをおこなった。関板取の21世紀の森にはオット・ピパークと名づけられた施設もある。オット・ピにとっても、板取は忘れ難い地になっているようだ。

関連記事

新型「SWまるやま」オリジナルトライアル用グローブ発売!

定評あるスーパーウイングまるやまオリジナル「トライアル用グローブ」が操作性向上と耐久性アップ。新型発売を記念して¥500割引で販売中!※お一…

三谷モータースポーツより、YAMAHAセロー・トリッカー用トライアルフェンダー発売

セローとトリッカーをトライル仕様に! 三谷モータースポーツより、YAMAHAセロー用トライアルフロントフェンダーKIT、トリッカー用カーボン…

ソニーαはニコンZとキヤノンRを迎え撃てるのか

このところ、ニコンとキヤノンが相次いでミラーレスの本気カメラを発表して、ぼくのご愛用のソニーαもあやうしになってきた。10年後、カメラはどん…

MFJトライアル

全日本最終戦は10月21日、スポーツランドSUGOにて

2018全日本選手権第7戦東北大会は、10月21日、宮城県スポーツランドSUGOで開催される。 自然山通信謹製、ランキング順(スタート…

トムス新製品【限定発売】64チタンステップ

超軽量な WELD ONE・チタン製ステップが京都のトライアルショップ「トムス」より発売されます。5セットのみ限定製作です。 (さら…

小川と野崎、最終決戦はまず小川が勝利

最終戦を2週間後に控えて、全日本選手権中部大会は10月7日、いつものように愛知県岡崎市キョウセイドライバーランドで開催された。 IAS…

自然山通信2018年10月号電子版

自然山通信10月号電子版をご用意しました。ダウンロードして、お手持ちの電子端末でお楽しみください。 今月はデ・ナシオン取材で10月号の…

三谷モータースポーツよりS3新製品

三谷モータースポーツより「S3」ブランドの新製品、アルミスネルカムアジャスターSET、EBSマテリアルグリップが発売されました。 (さら…

201810/9

自然山通信10月号発売中!

少々発行が遅れてしまいましたが【速報 トライアル・デ・ナシオン/日本チームからのメッセージ】掲載特集号・自然山通信10月号を発売しました!B…

2018全日本ランキング(〜第6戦)

2018年全日本選手権ポイントランキングです。ただし自然山独自集計。上位についての正確なランキングは、MFJサイトで発表されるものをご参照く…

ページ上部へ戻る