2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. イベント(大会)
  3. 2016高田島ツートラ
  4. MINI VANDAL
  5. イベント(大会)
  6. MFJトライアル
  7. イベント(大会)
  8. MFJトライアル
  9. リザルト中国
  10. イベント(大会)
  11. イベント(スクール)
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. 2017お勉強会
  17. リザルト四国
  18. リザルト中国
  19. リザルト中部
  20. 2019モンテッサ
  21. TLR200用キックアーム
  22. Vertigo 2019モデル
  23. 生駒テックオープン
  24. イベント(大会)
  25. リザルト中国
  26. リザルト四国
  27. リザルト関東
  28. 2017TDN
  29. リザルト東北
  30. MFJトライアル
  31. リザルト中国
  32. リザルト関東
  33. イベント(大会)
  34. イベント(大会)
  35. リザルト関東
  36. リザルト九州
  37. リザルト北海道
  38. 1日目優勝のファハルド
  39. イベント(大会)
  40. 左から野崎、黒山、藤浪、小川
  41. リザルト東北
  42. イベント(大会)
  43. イベント(大会)
  44. リザルト四国
  45. リザルト中国
  46. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  47. 全日本R3九州までのランキング
  48. 全日本R3九州リザルト
  49. 2018EMと成田匠.fr
  50. MFJトライアル

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

新生スコルパ披露

新生スコルパ125F

新生スコルパTY125 4T。クリックすると大きな画面で開きます。

 日本GPの開催されたツインリンクもてぎで、新生スコルパが披露された。シェルコ資本となったスコルパは塗色が鮮やかなオレンジとなり、ブルー基調のこれまでのスコルパイメージとは一新されている。
 さらに新生スコルパ125Fの大きな特徴として、セルモーターが装備された。
 その他、定評あるスタンダードな構成はそのまま。エンジンはブラジル製だったブルー時代のものから、今度は中国製となっている。生産国のちがいでなにかが変わるかと注目してみたが、新生スコルパの中国製エンジンに意外なパワフル感が感じられた。気のせいかと思ったが、試乗した全員がそんな感想だったから、気のせいではないかもしれない。
 価格は478,000円(税込み。+送料10,500円が必要)。

新生スコルパ125Fのメーター

 新しいスコルパは、基本性能はほとんど変わらないものの、ごらんの通り、メーターまわりなどはスマートにまとまっている。公道走行時の安心感は、従来モデルより向上している印象だ。
 セルモーターが装備され、スイングアームの根本にバッテリーが装備されているので、従来モデルより重量は増えているはずだが、諸元上の車両重量は74kgとなっている。重量のあるバッテリーが低い位置に装着されているから、重量バランスが変化して乗り味もほんのわずか変わっているようだ。
 フロントディスクブレーキは4ポッドに、サイレンサーやエキゾーストパイプのヒートプロテクターも金属製のしっかりしたものが装着されていて、従来モデルより安心感が増した(従来モデルはサイレンサーにはプロテクターなし、エキゾーストパイプにはプラスティック製のものが装着されていた)。
 タンクは2.7リットルのロングライドでない仕様。シートはロングライド仕様の後ろに長いものが装備されている。
 キックスターターも装着されているので、この点も安心。従来の125Fは1速と5速がトライアル用に設計されたものだったが、新生125Fはベースエンジンと同じレシオという(通常走行により適している)。されど、ちょっとしたトライアル走行には問題なく、セクションによっては2速も使えそう。
 発売はこれまで同様、全国のスコルパ取り扱い店でおこなう。輸入元は株式会社ランドブリーズ。スコルパのインポーターとして本格的運用準備中ということで、連絡先などが決まったら、あらためてお知らせする。

スコルパSR280

スコルパSR280 2T。クリックすると大きな画面で開きます。

 4ストロークの125Fと同時に、280ccの2ストロークマシンも披露された。SY250Rとして発売されていた従来モデルと同一のシルエットながら、よく見ればエンジンはシェルコのものを使っている。シェルコ参加となったスコルパの、体制の変化を象徴するニューマシンだ。
 エンジンハンガー部分は当然エンジンに合わせて修正がされているが、その他部分はSY250Rそのままといっていい。サイレンサーが左右逆に出ているのが、新生スコルパの特徴となる。
 エンジンがシェルコ、フレームがスコルパというこのマシン、乗ってみれば、SY250RともシェルコST280ともちがう、やはり新しい乗り味が実現していた。新たな個性がラインナップに加わったことで、スコルパ愛好者のみならず、すべてのトライアルライダーにとって、要チェックのマシンが増えたのは朗報だ。
 同時に125ccエンジンのSR125も発売となる。こちらも新たな乗り味が作られていた。低速からもりもりと出てくるトルク感は、知らずに乗ったら250ccと勘違いする人もいるかもしれないほどで、初心者のみならず、世界選手権ユースクラスなどでの活躍も期待される。
 2ストロークエンジンのSRについては、価格はまだ未定だ。

関連記事

HONDA TLM50最強アンダーガード登場

三谷モータスポーツより、TLM50用・最強アンダーガードが発売されました。17Sジュラルミン製です。 (さらに…)…

イベント(大会)

10/14・11/18わびさびトライアル大会

「嵐山不老天狗わびさびトライアル大会」 山梨県のトライアルチーム嵐山不老天狗より、10月、11月開催の大会のお知らせです。 (…

2016高田島ツートラ

11/4高田島「廃道」ツーリングTR

11月4日、ナンバー付トライアルバイクで、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区を徘徊、もとい散策しようというツーリングイベントを開催しま…

『力造』HONDA TLM50用スキッドプレート発売!

「ぱわあくらふと」の力造ブランドから、HONDA TLM50 用スキッドプレートが発売されました。ステアケース、ガレ場など今以上に戦闘力アッ…

MINI VANDAL

MINI VANDALが加わる2019 Vertigo

Vertigoシリーズに子供用トライアルマシン、MINI VANDALが登場することになった。50ccと60ccがあってタイヤサイズが違うた…

HEBOの新型トライアルブーツ登場

スペインのHEBOより新型トライアルブーツが登場しました。さらに使いやすく軽量に。トライアルを熟知したメーカーが、理想的なブーツを完成させま…

アベ精工のTRRS用アルミサイドスタンド

アベ精工よりストロングタイプの「TRRS用アルミサイドスタンド」が発売されました。 (さらに…)…

自然山通信2018年9月号電子版

自然山通信電子版のご用意ができました。 紙に印刷した自然山通信と同じものを、PDFとして作成してあります。 ご購入、ダウンロードの上、お…

20189/5

自然山通信9月号発売中!

自然山通信9月号発売中です。お知らせが遅くなってしまいましたが、9月2日に開催された全日本選手権R5中国大会の公式プログラム掲載号となります…

2018全日本ランキング(〜第5戦)

2018年全日本選手権ポイントランキングです。ただし自然山独自集計。上位についての正確なランキングは、MFJサイトで発表されるものをご参照く…

ページ上部へ戻る