2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  1. 2016高田島ツートラ
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. 2017お勉強会
  7. イベント(大会)
  8. MFJトライアル
  9. イベント(大会)
  10. イベント(スクール)
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. リザルト中国
  16. 2020.04.05

    福島市へ行く
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. リザルト四国
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. イベント(大会)
  26. リザルト沖縄
  27. イベント告知
  28. 2020XTDN延期
  29. イベント(大会)
  30. SSDT中止
  31. イベント(大会)
  32. SHOEI MITANI MODEL MATブラック
  33. リザルト関東
  34. イベント(大会)
  35. イベント(スクール)
  36. イベント(スクール)
  37. イベント(スクール)
  38. イベント(大会)
  39. イベント(大会)
  40. イベント(大会)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. イベント(大会)
  44. リザルト近畿
  45. リザルト沖縄
  46. イベント(大会)

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

シェルコ・エコのお得度

12シェルコ・エコ

 日本限定、シェルコに「ECO」モデルが登場する。
 最大のインパクトはそのお値段。125ccのECO1.25が523,950円。250ccのECO2.50が544,950円(どちらも消費税込み・販売店までの送料別途)。保安部品は付属しないということだが、それにしても破格。その秘密と意図するところについて、聞いてみました。

12シェルコ・エコ

 お話してくれたのは、株式会社亜路欧の萩原壮亮社長。ヨーロッパとの折衝は30年近いインポーター業でお手の物だ。
 まず、このところの最大の懸案として、新しいトライアルマシンがなかなか売れない。これはインポーターにとっても大きな痛手だが、裏を返せば、買いたくても高くて買えないという一面もあるようだ。そこで萩原社長は、買える価格の新車を企画しようと考えた。
 このマシン、一見して2010年モデルに見える。燃料タンクのキャップが横向きについているから、それとわかる。しかし実は、2010年モデルそのものということではない。型遅れの在庫処分だから安くなっている、と誤解されるとちょっと悲しいと萩原社長は言う。
 シェルコ本社に出かけていった萩原社長は、今、買ってもらえる価格でできる範囲のマシン仕様を提示してもらった。それが、ストックに余裕のあるパーツを組んで完成させた2012年型のエコモデルだ。

12シェルコ・エコ

 価格を抑えるために、萩原社長の提案では、タンクやシートにデカールも貼っていないマシンになるはずだった。しかしヨーロッパ人の感覚では、それではさびしいじゃないかとなったのだろうか、デカールも、ストック品が使われている。紹介した写真はサンプルモデルだからこの通りのものが日本に来るかどうかはわからないのだが、写真を見ると、スイングアームにはカベスタニー・レプリカ3.0とデカールが貼ってある。でもこれはエコモデルの250ccだ。まぁいいじゃないの、と思える人が、お得な新車を手に入れられる、というわけだ。
 ちなみに、真横に向いた燃料タンクのキャップは、燃料補給にちょっとコツがいる。どれだけ入っているか見えにくいので、ふきこぼしてしまうケースが多いのだ。これも、まぁいいんじゃないの、と思えば、リーズナブルにトライアルを始めることができるというわけだ。
 萩原社長のもくろみとしては、トライアルを始めるのに中古車を選んだはいいが、具合の悪い中古車を買ってしまって苦労する人がいる。そんなときにかかってしまう費用を考えると、それよりは安くて安心、という価格設定だそうだ。20万円で買ってきた中古車に30万円かけてしまうお気の毒な人はいらっしゃるのが現実だ。
 そんなわけで、2010年モデルのアウトラインに見えるけれど、フレームは最新型と同じく白いし、スタンドは現行モデルがアルミなのに対して、スチール製でそっけない。そして保安部品も付属していない。もし公道走行をしたければ、ヘッドライトなどは別途用意して装着する必要がある(通関証明付属しているので、登録は可能)。
 250cc10台、125cc5台の限定だが、シェルコの方でがんばってくれて、もう少し用意することができそうだという。
◆株式会社亜路欧のWEBサイトはこちら<http://www.arrow-moto.com/>
〒340-0833 埼玉県八潮市西袋724-3
電話 048-921-3080/FAX 048-921-3081
E-Mail info@arrow-moto.com

関連記事

タデウスとライア、ガスガスに

タデウス・ブラズシアクがガスガスに戻り、すでにガスガスに乗っているライア・サンツとともに、再びガスガスに乗ることになった。これはエンデューロ…

2016高田島ツートラ

9/20高田島ツーリングトライアル

9月20日、ナンバー付トライアルバイクで、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区を徘徊、もとい散策しようというツーリングイベントを開催しま…

9/21高田島庭先コンペティション

9月21日(月曜日・敬老の日)、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区でのクローズドコンペ(ナンバーなしで走れます)を開催します。 …

2020年7月号電子版

自然山通信7月号電子版をご用意しました。 自然山通信をそのまんまPDFにしましたので、おもちの電子端末でお楽しみください。大きな画面で…

自然山通信7月号発売!

自然山通信7月号発売発売開始!今月の特集は『私の初めての、私だけの藤波貴久』と【特集12ページ・回想1985 WEST GERMANY】…

2020年型ガスガスはこのディーラーから販売

ガスガスの、国内販売の枠組みが見えてきた。2020年初頭に輸入元が変わってから準備を進め、ここへきてガスガスモーターサイクルジャパンからディ…

2020世界選手権と全日本選手権

7月になった。予定では開幕戦は4月だったはずだから、かれこれ3ヶ月ほどぼーっと生きていることになるが、6月の末になって、全日本選手権と世界選…

イベント(大会)

7/19里山トライアル

第56回里山トライアル大会 (さらに…)…

イベント(大会)

8/2ケニーズクラブ30周年記念大会

皆様のおかげで30年続けることが出来ました。感謝感謝。つきましては節目となるささやかな大会と記念品を用意し、お待ち申し上げます。 時節…

イベント(大会)

7/26 Gattiスクール杯

7年ぶりに開催決定!!からコロナの影響受けキャンセルに……。しかし再び開催決定です。 ゆるーいクラス~実戦クラスまで対応したセクション…

ページ上部へ戻る