2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  1. 140ccボアアップセット
  2. ワンタッチゼッケンプレートブラック
  3. 2017お勉強会
  4. MFJトライアル
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. リザルト中国
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. リザルト中国
  17. MFJトライアル
  18. リザルト関東
  19. イベント(スクール)
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. リザルト中国
  24. リザルト中部
  25. リザルト関東
  26. 自然山通信2019年3月号

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2012日本GP

 毎年恒例、日本GPのスコアの移り変わりを表にしてみました。F1など、よーいどんの競走ではよく見かける、ラップチャート風のスコアです。


 ライダーごとに色分けしていますので、ちょっと見やすいかと思います。前半、全員が同じ点数をとっている場合は、最終順位に従って並んでいます。たとえば土曜日の第1セクションでは、野崎史高までが同列1位ですが、野崎は13番めに並んでいます。
 試合後半では、クリーン数も順位に影響を与えてきますが、ここではクリーン数は考慮せずにこれも最終結果に準じて並べました。
 1ラップ目の最初に並んでいるのは、スタート順です。土曜日は全員が公平に(これを公平というのかどうかは疑問ですが)くじ引き。日曜日は土曜日の結果に準じて、成績の逆順に並んでいます。
 上の段は、そのセクションでの減点数と名前(略してあります)、下の段の数字は、そこまでのトータル減点数です。
 じっくり見ると、いろんなことがわかります。藤波貴久も、土曜日4位、日曜日3位と、表彰台にのったかどうかでは大違いですが、試合の進め方という点では、両日ともとても似ている。そして土曜日も、表彰台はあと一歩だったことが見えてくると思います。

2010ラップチャート

ラップチャートが、別ウインドウで開きます。サイズ調整してご覧ください。


関連記事

140ccボアアップセット

TYS/TY-125F・GASGASランドネ用140ccボアアップSET

黒山レーシングより、TYS/TY-125F、GASGASランドネ等用140ccボアアップセットが発売されました。今回は限定3セットのみです。…

アベ精工のBETA EVOトップブリッジ

アベ精工よりBETA EVO(2014〜スレッドナット無しタイプ用)新発売。ファットバーハンドルが手首に優しく日本人に合うハンドルポジション…

トニー・ボウ、2019世界タイトル獲得のフランスGP

7月21日、フランスはオーロンで開催されたトライアルGP第6戦、トニー・ボウが今シーズン無敵の7勝目をあげ、最終戦を待たずして2019年の世…

HEBO ZONE4 ボウ・ダイナマイト新登場

トニー・ボウ、アダム・ラガを始め、多くのトップライダーが愛用するZONE4に、ワールドチャンピオン、トニ・ボウ選手のニューグラフィック「HE…

ワンタッチゼッケンプレートブラック

Newカラー!TOM’Sワンタッチゼッケンプレート・ブラック

トムスのロングセラー商品「ワンタッチゼッケンプレート」に新色ブラック登場。 (さらに…)…

2017お勉強会

7/20川内村お勉強会

2010年から続けていて、まずまず好評をいただいたお勉強会・体験会のお知らせです。限定10名様。 福島県双葉郡川内村で…

2019北海道、小川友幸が大逆転勝利

2019年7月14日、毎年恒例の日程で、北海道大会が開催された。北海道大会の日程は毎年ほぼ同じだけど、去年も今年も電動バイク、トライアルEの…

2019全日本ランキング(〜第4戦北海道)

2019年全日本選手権第4戦終了時点のポイントランキングです。ただし自然山独自集計。上位についての正確なランキングは、MFJが発表するランキ…

2019全日本選手権R4北海道大会リザルト

2019年7月14日 北海道上川郡わっさむサーキット 天候:曇りときどき晴れ一時小雨 観客数:700人 IAS:10セクションx…

MFJトライアル

7月14日は全日本北海道大会

2019年全日本選手権も4戦目を迎える。 昨年の北海道大会は世界選手権に参戦した黒山健一が欠場だったが、今年は参戦し、小川友幸と野崎史高の…

ページ上部へ戻る