2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  1. TRIAL動画チャンネル
  2. イベント(大会)
  3. 2017お勉強会
  4. イベント(スクール)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. リザルト中国
  10. 2020.04.05

    福島市へ行く
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. リザルト四国
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. リザルト沖縄
  21. イベント告知
  22. 2020XTDN延期
  23. イベント(大会)
  24. SSDT中止
  25. イベント(大会)
  26. SHOEI MITANI MODEL MATブラック
  27. リザルト関東
  28. イベント(大会)
  29. イベント(スクール)
  30. イベント(スクール)
  31. イベント(スクール)
  32. イベント(大会)
  33. イベント(大会)
  34. イベント(大会)
  35. イベント(大会)
  36. イベント(大会)
  37. イベント(大会)
  38. リザルト近畿
  39. リザルト沖縄
  40. イベント(大会)
  41. イベント(大会)
  42. リザルト関東
  43. イベント(その他)
  44. イベント(大会)
  45. イベント(大会)
  46. リザルト沖縄
  47. イベント(大会)
  48. イベント(その他)
  49. リザルト関東
  50. イベント(大会)

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

キルスイッチは手首に巻いて

マグネットキルスイッチ

 2013年から、全日本選手権では脱着式キルスイッチが全クラスで装着必須アイテムとなった。地方選手権では2014年から義務化になるので2013年はあわてて装着することはないし、それ以外の草大会には義務づけはされないと思うけれど、規則だからとかなんとかというより、たいへん有効な安全アイテムだから、早い時期に導入の検討するとよろしいかと思う。


 規則では脱着式となっているから、特にマグネットでなくてもいいのだが、目にするのは圧倒的にマグネット式で、事実上どのマシンにも同じものが装着されるのではないかと思われる。エンジンを始動する時にはマグネットをパチンと止め、マグネットが外れるとエンジンが止まる。脱着できる側はストラップで手首に巻き付けてあるので、ハンドルから手が外れると、自動的にエンジンは止まる。
 初めてこのタイプのキルスイッチを見たのは女子トライアル・デ・ナシオンで(もう5年くらい前になると思う)、最初はお子様用のイメージがなくもなかったが、逆に言えば、危険なセクションにトライする上級ライダーにこそ、この装置はたいへんに有効ではある。世界選手権では、2012年から義務づけとなっている。全日本選手権では2013年から、地方選手権ではその翌年から義務づけということになっている。
 しかしこれ、トップカテゴリーに参戦する人だけでなく、これからトライアルを始める人も、ぜひ装着してほしい。乗り手を失ったマシンが暴走して別の人に突っ込んだりという事故が防止されるだけでなく、エンジンがかかったまま墜落して、アクセル全開でエンジンを焼き付かせるという金銭的にも悲惨な事故も激減する。キルスイッチとしてはやや高価だが、得られる効果を考えると高くない。けっしてキルスイッチ屋さんの回し者ではありません。
 来シーズンに向けて、すでに一部のライダーはこのキルスイッチを使用し始めているが、慣れるまでは少々時間がかかるという。なんせ手首に巻きつけるものだけに、最初はものすごくジャマだということだ。ジャマもなにも規則なのだからつけなければいけないので、全日本選手権に参戦しようというライダーは、今から慣れておいた方がいいと思います。大会当日車検に落ちてからあわててつけても(たぶん現場には在庫はあると思うけど)、ちょっとやそっとで慣れるものではないので、当日の試合は手首が気になってボロボロ、ということにもなりかねない。いまからつけておけば、練習でマシンを投げても安心。一石二鳥です。
 あとこのマグネットキルスイッチを装着する時のワンポイントアドバイスです(黒山健一さん、岩田悟さん、ありがとうございました)。マグネットをライダー側(手前)に向けていると、思いきりハンドルに上体をかぶせるライディングをした時に、腹でマグネットを外してしまうことがあるそうです。なので、マグネット側は向こう側、からだとは反対側の前方にしたほうがいいというアドバイスもいただきました。

穴をふさいだスプロケット

 あとこれとは別に、リヤスプロケット(ドリブンスプロケット)の穴を何らかの方法でふさぐことも義務づけられました(もちろんお店ではおしゃれなのを売ってますが、条件を満たせば自作でも可)。これも、世界選手権では2012年から義務化されています。
 正直、こんなところに指を突っ込む人はいるのかなぁ、チェーンとスプロケットの間の方が危ないのではないのかなぁと思っていたのですが、実はスプロケットの穴はけっこう実戦で危ないことが起きていることが多くて、かの黒山二郎さんもスプロケットの孔で指をなくしそうになったことがあるそうです(幸い、指は今でもついてます)。チェーンやスプロケットの歯もおそろしいですが、頻度からいうとスプロケットやディスクプレートの孔もけっこうあぶないそうで、規則だからということでなく、安全なトライアルを楽しみたいものだと思います。
 トライアル委員会では、さらにマウスピースの使用も推奨しています。思いきり力んだ時に、奥歯にかかる力は半端ではないらしく、それで歯をいためてしまっていることがあるそうです。かつては萩原真理子選手(今は川村さん)、最近では野崎史高選手が使っているのが目立ったところですが、こちらはオーダーメイド(当然だけど)で1万円くらいから。ちょっとお高いかもしれないけど、よぼよぼになってもお世話になる歯を大切にするための装備です。こちらもご検討あれ。
 ということで、規則書の変更点から、安全グッズを3点紹介しました。

関連記事

日本GPは結局中止、TDNも中止に

COVID-19による大会中止、その新たなお知らせ。犬が人を噛んでもニュースにならないように、ニュースにするなら大会が開催される! というお…

野崎史高のファイナル・セロー

ヤマハのロングセラーのセローの開発終了となり、セローファイナルエディションが発表されて現在発売中なのはご存知の通りだけど、このたび、野崎史高…

イベント(大会)

メッツカップ第2戦も中止に

メッツカップ第2戦(7月5日・会場オフロードパークSHIRAI)は、残念ですが中止いたします。 (さらに…)…

7月12日の全日本北海道大会は中止

全日本選手権シリーズは、COVID-19の影響で開幕が遅れているが、ここまで事実上の開幕戦となることになっていた北海道大会の中止が発表された…

TrialGP、イタリアとイギリスも延期

世界的にCOVID-19の騒ぎがなかなかおさまらない。2020年トライアルGPは、すでに6月の大会まで延期が決まっているが、5月2日にはさら…

自然山通信5月号発売!

自然山通信5月号発売開始!世界中のトライアルイベント延期・中止が続いてます。自然山通信5月号ではIASライダー全員に出場していただき「202…

自然山通信2020年5月号電子版

自然山通信電子版は自粛せず、みなさまのメモリー空間にお届けします。PDFで配信いたしますので、ダウンロードして、お手元の電子端末(パソコン、…

2017お勉強会

6/13高田島お勉強会

2010年から続けていて、まずまず好評をいただいたお勉強会・体験会のお知らせです。限定10名様。 福島県双葉郡川内村で…

JITSIEボディープロテクター

トライアルライディング中のアクシデントから体を守る。JITSIEが開発するトライアル専用ボディープロテクター、三谷モータースポーツより発…

いまごろになってサクラサク

COVID-19なる禍がはやっていて、外へ出られないとお嘆きの方が多いけれど、幸か不幸か、うちのまわりにはそもそも人がいないので…

ページ上部へ戻る