2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
  1. イベント(大会)
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. MFJトライアル
  5. 2017お勉強会
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. MFJトライアル
  9. イベント(その他)
  10. リザルト東北
  11. MFJトライアル
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. リザルト中国
  16. イベント(大会)
  17. イベント(大会)
  18. 2016高田島ツートラ
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. イベント(その他)
  23. リザルト中国
  24. リザルト中国
  25. リザルト中部
  26. リザルト中国
  27. リザルト関東
  28. イベント(大会)
  29. イベント(大会)
  30. イベント(大会)
  31. リザルト沖縄
  32. イベント(大会)
  33. リザルト関東
  34. MFJトライアル
  35. イベント(大会)
  36. リザルト関東
  37. リザルト関東
  38. イベント(スクール)
  39. イベント(大会)
  40. イベント(大会)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. リザルト中国
  44. 2020.04.05

    福島市へ行く
  45. イベント(大会)
  46. イベント(大会)
  47. イベント(大会)

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

あえなくバック? あえてバック

130408back0.jpg

 自然山通信は、ときどきあれっと思うような仕事をします。それはぜんぜんはずれのこともあるし、少しあとになって、やってよかったなと思うこともあります。そういうふうに評価してもらえることもあるし、ぜんぜん評価されないこともあります(そういうほうが多い)。
 そして今回もまた、もしかすると理解されにくいものをつくってみました。


 今回、バックについての解説DVDを作りました。バックというのは後ろ向きに走るという意味ですが、たぶん日本語ですね。英語の辞書をひくと、backとは背中とか後ろって出てきます。でもこのDVDは日本語対応ですから、堂々とバックする、と表現しています。こういう話は本題ではありません。
 バックを練習したいというと、トライアルをやっている人はたいてい言います。「バックをすると5点になるよ」と。5点になる技術をわざわざ覚えても、いいことがないと、多くのひとは考えます。そのとおりかもしれません。だから、今回自然山通信が「バックのやり方」なんてDVDを出したのは、なに考えてんだ? バカじゃねーの? と思っている人も多いだろうと思います。
 今回、バックのやり方を教えてくれるのは、小川毅士選手です。技術はピカイチという定評の毅士選手ですが(それでも勝てないのだからトライアルはむずかしいのです)、技術だけでなく、語りもなかなかステキです。どちらかというと無口な印象の強い毅士選手ですが、技術をきっちり伝えたいという思いが伝わってきます。
 その毅士選手に「バックのやり方を教えてくれませんか?」と打診してみたところ「バックしたら5点になるよ」という答えは返ってきませんでした。毅士選手がトライアルを覚えた頃は、すでにルールとしてバックをしたら5点という時代だったのですが、毅士選手は、そんな中にあってバックを練習したことがあるのだそうです。

130408back.jpg

 毅士選手より7年先輩の、日本が誇る世界チャンピオン、藤波貴久選手。藤波選手がトライアルを覚えた時代は、足をつきさえしなければ、止まろうがバックしようが、セクションの中でマシンの修理をしても減点にはなりませんでした(藤波選手が、セクショントライ中にマシンを修理したのは実話です)。自転車からオートバイに乗り換えた時代の藤波選手は、練習場からの帰り道、ひたすらバックで帰るのが日課だったといいます。バックしながら足をついてしまったら、また最初からやりなおし。なんとも厳しい特訓ですが、トライアルが大好きな藤波選手のこと、やりなおしもまたよきかな、だったのかもしれません。
 からだが小さくて、まだ力がないうちのライダーにとって、マシンをホッピングさせて方向を変えるのはなかなかたいへん。そんなとき彼らは、マシンをするするバックさせ、進行方向の修正をするのです。いや、今ならいきなり5点ですけれど。
 藤波選手も毅士選手も、バックの練習で培ったバランス感覚とか、マシンを操る技術は、その後のトライアルに有形無形で役に立っているといいます。
 バックができない人は、ついバックしてしまって5点になってしまう心配をしてしまうようですが、バックができる人は、それ以上に、自分の技術の引き出しをひろげているのだから、勝負になりません。
 最近、藤波選手の甥っ子が、オートバイを始めました。お姉さんの息子さん、氏川優雅くんです。藤波選手とも毅士選手ともちがい、バックしたら5点、もしかしたら、止まっただけで5点になるかもしれない時代のルーキートライアルライダーです。
 でも優雅選手、おじさんと同じく、練習場の帰り道は、ひたすらバックだそうです。ちょっとでもバックしたら5点という時代に、これからトライアルを始めるライダーがバックを学んでいる。バックには、それほどきっと、おいしいものがつまっているのでしょう。
 毅士選手の前向きなバック、実はトライアルの選手以外には、興味を持ってもらっているみたいです。トライアルは5点になるけど、他のジャンルのライダーなら、そういう問題ではなくて、後ろ向きに走れたら楽しいじゃないかと思うらしいです。
 5点になるからバックを勉強しないと心に誓っているのは、どうもトライアルに一生懸命な人たちのようで、そういう人にとっては目の前のセクション攻略が専決事項なのかもしれません。でもご自身の才能には、まだまだ延び代が隠れているにちがいありません。もったいない。
 バックをしたから世界チャンピオンになれるというわけじゃありませんが、芸の肥しに学んでみませんか? Get Back!

関連記事

SSDT公式バイクフロアマット

SSDT公式・JITSIEフロアマット。三谷モータースポーツより発売です。 (さらに…)…

イベント(大会)

202010/20

どビギ真壁は中止に

お世話になっております。現代表の山内です。 日頃より、どビギナートライアルをご愛顧頂きありがとうございます。 12月13日開催予…

イベント(大会)

202010/20

YSWクリスマストライアルは中止

YSW道志の森クリスマストライアル開催取りやめのご案内 (さらに…)…

イベント(大会)

202010/20

12/27 GATTIスクール杯

今年7月に、7年ぶり開催となったガッチスクール杯!! 好評につき第2回開催決定!! 皆様と楽しみたいと思いますので参加宜しくおねがいしま…

わな免許の試験

わな免許をとりました。 (さらに…)…

MFJトライアル

10月25日は全日本第3戦東北大会

ようやく始まった2020年全日本選手権だが、第2戦中部大会は無観客開催となっていた上に台風で中止になってしまった。 実質2戦目となる第…

2017お勉強会

11/14高田島お勉強会

2010年から続けていて、まずまず好評をいただいたお勉強会・体験会のお知らせです。限定10名様。 福島県双葉郡川内村で…

2020年10月号電子版準備できました

コロナ禍の真っ最中、自然山通信10月号電子版をご用意しました。ダウンロードして、お手もとの電子端末でお楽しみください。 写真をクリック…

イベント(大会)

11/1(日程変更)メッツカップ第3戦(まかべ)

2020メッツカップ第3戦(まかべ)開催します メッツカップ第3戦は11月1日に延期です! 台風14号の接近にともない10月11日予…

イベント(大会)

11/29マジックジャンプ追加大会

福岡県久留米市のマジックジャンプ事務局からの緊急通知です。 追加大会は11月15日とお伝えしていましたが、九州選手権と日程がかぶってい…

ページ上部へ戻る