2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
  1. イベント(大会)
  2. MFJ
  3. イベント(大会)
  4. リザルト中国
  5. リザルト関東
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. リザルト中部
  14. 2017TDN
  15. トライアル・デ・ナシオン
  16. リザルト関東
  17. リザルト中国
  18. 2017お勉強会
  19. リザルト中国
  20. イベント(大会)
  21. イベントリザルト
  22. リザルト中国
  23. リザルト中国
  24. TRJ / MFJ
  25. イベント(その他)
  26. リザルト中国
  27. イベント(大会)
  28. TRJ / MFJ
  29. リザルト中国
  30. イベント(大会)
  31. リザルト中国
  32. リザルト関東
  33. イベント(大会)
  34. イベント(スクール)
  35. イベント(スクール)
  36. リザルト関東
  37. イベント(大会)
  38. TRJ / MFJ
  39. リザルト中国
  40. TRJ / MFJ
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

世界選手権開幕

130426もてぎの13年型コタ

 いよいよ明日、世界選手権が開幕する。金曜日のパドックでは、モンテッサ・ホンダが投入した久々の新型ファクトリーマシンが注目だった。
 ニューエンジンを積んだモンテッサのファクトリーマシンはツインプラグが装着されて、いかにもパワーアップされているのではないかという迫力。
 ただしよく見ればクラッチの取り回しも変わっていて、シリンダーの配置が左右逆さまになっている。今回のエンジンはパワー特性とクラッチまわりの改変がなされている。

130426もてぎの13年型コタ

 排気量は公表されていないが、車検時に申告された数字は313cc。以前は290ccとされていたから、若干排気量アップが図られたことになる。
 ニューエンジンについて藤波は「以前のものより、走っていく印象。以前のエンジンもセッティングで走っていく傾向に仕上げていたが、今はインジェクションの設定で逆に走っていく傾向を抑えているほど」と語っている。
 藤波は、ボウが参入した頃、エンジンの仕様で悩んでいたことがある。藤波のエンジンはどちらかというと走りたがらない傾向で(これはパワーがあるとかないという話ではないのだけれど、うまく伝わるかどうかは微妙。第一、藤波の話をちゃんと理解しているかどうかも微妙だ)、これが全開野郎フジガスのライディングとマッチしていた。しかしボウのチーム入り以降、そうでない仕様の方が結果が出るのでは、ということになって、それからは徐々に走っていくエンジンにセッティングを替えてきたといういきさつがある。
 それが今回のエンジンは、セッティングではないところで味つけが変わっているというのだから、よっぽどの変貌にちがいない。チャンピオンをとっているのだからマシンの性能は充分にあるのだろうが、チャンピオン獲得のご褒美で、よりよいマシンを、という考え方もあるようで、トライアルマシンの開発には逆境が多い昨今似あって、今回はなかなか明るい話題を提供してくれたモンテッサ・ホンダ陣営である。

130426もてぎの13年型コタのエンジン

 エンジンの外観は、よく見るとプラグが2本あるのだが、逆側にあるふたつのイグニッションコイルの方が一目でわかる。クラッチまわりのちがいは、よーく見てちがいに気がついてください。
 左右とも、クランクケース幅はますます小さくなったように見える。ただしこれでも、クランクケース本体は従来のままという。クラッチ関係の配置は少し変わっているが、基本的なレイアウトは変わっておらず、腰上(クランクから上の部分)とクラッチが今回の変更点、ということだ。

130426もてぎの藤波ブーツ

 これはおまけ。今回藤波がはく本番用のブーツ。横にでっかく名前が入ってるが、かかとの部分に小さくチームメイトの名前が入っている。
 ほんとうならボウも同じように藤波の名前がかかとに入ったブーツを履くはずだったのだが、できてきたボウ用のブーツのサイズが合わず(それも、左右どちらかかたっ歩のサイズが合わなかったらしい)今回名前入りのブーツの登場は見送りとなった。

130426もてぎのRC213V

 こちらはダニ・ペドロサのRC213V。土曜日、日曜日はHRCのブースの「またがってみましょう」コーナーに登場するのだが、ライダーのみなさんも興味津々。トニー・ボウ、アルベルト・カベスタニー、ポル・タレスほか、カベスタニーの父ちゃんとかカベスタニーのマインダーのガリャックとかがこのマシンについてなんだかんだと言ってます。
 またがってみようコーナーでは、トニー・ボウのCOTA 4RTもあるので、こっちも忘れずにまたがってくださいね(またがらせてもらえるのは、残念ながらシングルプラグですが、ばりばりのワークスマシンです)。

130426もてぎの大畠さん

 さらにおまけはヤマハのパドックの職人技。ステアケースを失敗して前回りしているシーンではありません。フロントフォークを作動させてセンターが出てフォークの動作がスムーズな状態を出してアクスルを締めているOメカニックです。すばらしいー!
 ではみなさん、明日、ごいしょっに楽しみましょう。

関連記事

日本全国全額チャンス!ペイペイジャンボ開催中

自然山通信webshopはPayPay決済ができます。現在「日本全国全額チャンス!ペイペイジャンボ」開催中。キャンペーン期間は2022年12…

スマホのカメラ

今年の夏、iPhone7の調子が悪いと愚痴ったら、杉谷が予備に回していたiPhone12を譲ってくれた。 (さらに…)…

【PRESENT】オリジナル2023壁掛トライアルカレンダー

自然山通信オリジナル「B4壁掛け・2023トライアルカレンダー」無料プレゼント中! (さらに…)…

自然山通信2022年11月号電子版

自然山通信の電子版をお届けします。PDFでのご提供です。 重さゼログラム。電車の中で、アッシーくん運転の助手席で、仕事の書類を読むふりして…

自然山通信11月号発売

自然山通信11月号発売の発売です。2022全日本トライアル選手権R7近畿大会、「トライアル・デ・ナシオン・2022年日本チーム不参加と今…

トライアルGC大会/GCクラスでの昇格の記録

トライアルGC大会、そのGCクラスで国際B級への昇格を果たした選手の一覧です。 GC大会10位までに入ると(2000年以降の場…

第3回高田島庭先コンペティション

順位氏名(ゼッケン)年齢マシンお住まいLap減点ゲートL小計減点タイム減点ゲート競技時間総減点クリーン 1234567891011…

2022年全日本選手権ランキング(独自集計)

2022年全日本選手権ポイントランキングです。MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。 各ラウンドの数字はポイントではなく順位です…

2022全日本R8東北大会全リザルト

2022全日本選手権第8戦東北大会リザルト ●2022年10月23日 ●宮城県柴田郡村田町スポーツランドSUGO 天候:晴れ一…

小川友幸圧勝の最終戦

2022年最終戦は、いつものように(といっても一昨年の最終戦は近畿だった)スポーツランドSUGOでの開催だった。 (さらに&…

ページ上部へ戻る