2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  1. トライアル・デ・ナシオン
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. リザルト中国
  6. TRJ / MFJ
  7. イベント(大会)
  8. MFJトライアル
  9. リザルト関東
  10. イベント(大会)
  11. MFJ
  12. リザルト中国
  13. リザルト関東
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. リザルト中部
  20. 2017TDN
  21. トライアル・デ・ナシオン
  22. リザルト関東
  23. リザルト中国
  24. 2017お勉強会
  25. リザルト中国
  26. イベント(大会)
  27. イベントリザルト
  28. リザルト中国
  29. リザルト中国
  30. TRJ / MFJ
  31. イベント(その他)
  32. リザルト中国
  33. イベント(大会)
  34. リザルト九州
  35. TRJ / MFJ
  36. リザルト中国
  37. イベント(大会)
  38. リザルト中国
  39. リザルト関東
  40. イベント(大会)
  41. イベント(スクール)
  42. イベント(スクール)
  43. リザルト関東
  44. イベント(大会)

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

再び黒山、シーズン2勝目

0405jtrR3kuro.jpg

優勝した黒山健一
0405jtrR3narita.jpg

4ストロークマシンを駆る
成田匠

全日本選手権第3戦関東新潟
黒山健一優勝
全日本選手権第3戦関東新潟大会
新潟県/大日ヶ原特設会場
5月9日、世界選手権もてぎ大会を2週間後に控えて、関東での二つめの全日本、関東新潟大会は、いつもの大日ヶ原特設会場で開催。山登りの広い会場だけど、自分のオートバイ(ナンバー付き)で観戦できるから、この点でも異色の全日本。
前回初優勝を飾った田中太一は、気合いの入った走り。今年はどうも調子のでない小川友幸も、今回は出だしから調子がいい。しかししょっぱなから続けて手痛い5点を連発したのが渋谷勲だった。IASにすればなんの問題もないような第1セクションではタイムオーバーの5点と、完全に出鼻をくじかれて、この時点で渋谷は優勝争いから脱落していた感がある。
今回のセクションは、前半は比較的やさしめ。最初の難関はごろごろ石を越え、さらに時間設定の厳しい第4セクションだった。ここまでに、黒山や小川、田中らは、それぞれ5点減点を食っている。彼らの実力からすればちょっと不思議な状況だが、これもまたトライアル。
この間隙をぬって第5セクションまでで暫定トップにでたのが成田匠だった。今回から排気系を変更して、エキゾーストノートはさらに勇ましくなった。このあと、さすがに4ストロークの125では登り切れないポイントなどがあって(排気量もさることながら、あのマシンは、まだミッションがTY-Sのノーマルのものを使っている。ギヤは1速と2速しか使えない)順位を落としていくが、ここまでの活躍だけでも、成田が残した印象は強烈だった。
その後、黒山と小川は同点で1ラップを終える。田中がこれに続いて食い下がる展開。2ラップ目、小川に悪いくせがでて、どどんと崩れてしまった。これに乗じて田中が2位にでるが、しかし3ラップ目の小川は素晴らしかった。それまで誰も攻略できなかった最終11セクションを2点で抜けて試合を終了。終わってみれば、黒山には5点差で勝てずというくやしい結果だった。2ラップ目があと少しふつうに走れていたら、今回の勝敗はまたちがっていたものになっていたかもしれない。
3位田中は、やぶれはしたが、いい戦いができたと、少なからずの満足を感じていた模様。4位の渋谷はなにもかもだめとこの日を締めくくった。トップグループの1ラップ目後半から雨が降りだしたが、結果から見ると、トップ争いにこの影響は、ほとんどなかったようだ。ただし、セクションの難易度は飛躍的に増している。彼らの実力が、コンディションの変化以上のものだったということだ。
5位は小川毅士。成田を破って、5位の位置が定着しつつある。7位に井内将太郎、8位に今シーズン初登場の三谷英明、佃大輔は三谷にわずか及ばず9位だった。

0405jtrR3tanaka.jpg

3位、田中太一

0405trR3ogawa.jpg

2位、小川友幸

国際A級は、カムバック3戦目にして今シーズン初優勝の白神孝之。1ラップ目からトップで、結果から見ると危なげない勝利だったが、これが彼自身の2勝めということで、まだ勝ち慣れていない勝利だった。
国際B級は川村義仁。これで3連勝。今年の全日本で、もっとも勢いが圧倒しているのが、この川村だ。落ち着きもでてきた。さて、川村を破るライダーは、でてくるだろうか?
●リザルト詳細はMFJサイトへ
http://mfj.or.jp/
全日本選手権第3戦関東新潟大会結果
国際A級スーパークラス
1 黒山健一 26点
2 小川友幸 31点
3 田中太一 43点
4 渋谷勲 51点
5 小川毅士 81点
6 成田匠 98点
7 井内将太郎 103点
8 三谷英明 106点
9 佃大輔 119点
国際A級
1 白神孝之 19点
2 尾西和博 27点
3 田中義弘 30点
国際B級
1 川村義仁 13点
2 本田洋晴 21点
3 野本佳章 21点
○全日本選手権シリーズポイント
IAS 1-黒山健一 57/2-田中太一 50/3-小川友幸 45/4-渋谷勲 45
IA 1-白神孝之 46/2 尾西和博 42/3- 田中裕人 38
IB 1-川村義仁 60/2 野本佳章 45/3 本田洋晴 43

関連記事

歴代世界GPランキング

世界選手権の、歴代のランキング一覧です。 全クラス、ランキング15位までを抽出させていただきました。15位までに空欄がある場合…

2023年の久岡孝二はホンダに乗る

久岡孝二が2023年にホンダに乗ることが発表になった。新年早々、ヤマハ発動機とチームVICTORYから離れることを公表した久岡だったが、次な…

飛翔、廣畑伸哉。世界選手権トライアル2へ

全日本IASの中で最も若手の廣畑伸哉が、2023年は世界選手権に全戦挑戦することになった。チームは、藤波貴久監督が力を入れると語っていたモン…

自然山通信2023年1月号電子版

遅くなりました。2023年お正月の1月号、電子版をご用意いたしました。 2023年も、どうぞよろしくお願いします。 (さらに&he…

自然山通信2023年1月号発売

2023年になりました。通算311号になる自然山通信1月号の発売です。『ありがとう、藤波貴久。ありがとう、ファンのみんな!』3年ぶりのホンダ…

トライアル・デ・ナシオン

TDN募金会計報告#20

自然山通信がおこなっているデ・ナシオン支援活動の会計報告です。 みなさまからのご厚意は、年に一度、トライアル選手会に送らせていただいていま…

2023 Vertigo新参戦チーム体制

チーム「VERTIGO with MITANI」より、2023年全日本トライアル選手権シリーズに参戦するVertigoのチーム体制の発表…

イベント(大会)

202212/27

2023わびさびトライアル大会

2023年わびさびトライアル大会の日程です。 トライアルチーム嵐山不老天狗 玉田さんより届いた情報です。  (さらに&hellip…

イベント(大会)

202212/22

1/22植木新春大会

植木トライアル乗で、新春大会を開催します。 (さらに…)…

イベント(大会)

202212/22

1/22新春糸島トライアル大会

2023年1月22日(日) 新春糸島トライアル大会 開催します。 (さらに…)…

ページ上部へ戻る