2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  1. TRIAL動画チャンネル
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. MFJトライアル
  6. KLX230skidplate
  7. リザルト九州
  8. 2019.11.21

    地球温暖化?
  9. MFJトライアル
  10. イベント(その他)
  11. リザルト中国
  12. リザルト中国
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. MFJトライアル
  18. リザルト近畿
  19. リザルト中国
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. 2019.10.13

    台風一過
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. イベント(大会)
  26. リザルト関東
  27. イベント(大会)
  28. イベント(その他)
  29. MFJトライアル
  30. 2017TDN
  31. トライアル・デ・ナシオン
  32. リザルト関東
  33. リザルト東北
  34. リザルト中国
  35. リザルト関東
  36. リザルト九州
  37. リザルト中国
  38. リザルト沖縄
  39. MFJトライアル
  40. イベント(大会)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. イベント(大会)
  44. イベント(大会)
  45. リザルト中国
  46. リザルト東北
  47. イベント(大会)
  48. イベント(大会)
  49. リザルト中部
  50. リザルト四国
  51. 2019.08.02

    最近の星空
  52. イベント(大会)
  53. リザルト九州
  54. リザルト沖縄
  55. 140ccボアアップセット
  56. リザルト関東
  57. ワンタッチゼッケンプレートブラック

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

野崎史高、初優勝!

全日本トライアル選手権第8戦東北大会
10月24日(日)/宮城県・スポーツランドSUGO

ゴールした直後の野崎史高

1ラップ目をオールクリーン!
初優勝した野崎史高

全日本選手権も最終戦。ここ数年、最終戦は宮城県スポーツランドSUGOが定例となっている。今年も、全日本の終幕は、同じくSUGOでの開催となった。IAS、IBはそれぞれ黒山健一と川村義仁のタイトルが決まっているが、それぞれが有終の美を飾れるのか、またタイトル争いが決着していないIAクラスの結末はいかに。秋の趣きの濃い、気持ちのいい好天のもと、最終戦のトライが始まった。


IASクラス、この日、最初からクリーンを連発してライバルに脅威を与えたのは、世界選手権帰りの野崎史高だった。野崎は前戦中部大会と最終戦のみの参戦。ランキングの下位に位置するので、スタート順はトップになる。通常はこのスタート順は大きなハンディとなるのだが、野崎はほとんどのセクションをライバルに先がけてトライ、クリーンを見せつけるという試合運びを見せる。
黒山は野崎らのクリーンの後、テープ切断による5点で大きなハンディを負っての追撃となった。その後も、1mほどの助走からのオーバーハングの岩登りの第3セクションで、黒山、渋谷勲、小川友幸がことごとく5点。ここでも先頭を切ってトライし、そして唯一クリーンしたのが、野崎だった。
野崎は1ラップめのすべてのセクションをクリーン。この時点で、2位の田中太一が9点、小川が10点、黒山と渋谷が11点。野崎だけが、異次元の好調ぶりを発揮していた。
これまでの野崎なら、2ラップめ以降にペースを乱して自ら勝利を逃すパターンが多かったのだが、この日はそれもない。最初の勝負所となった第3セクションでは2ラップめ3ラップめに5点となったが、その失敗を引きずることなく、3ラップトータルの減点は11点。クリーン27(全30セクション)という、圧倒的な勝利で、自信の初優勝をものにした。
黒山は、失敗をしてもきっちり追い上げるいつもの試合運びを忠実に再現したが、しかし野崎には7点差で追いつけず。この日のセクション設定では、7点差は大差ともいえた。世界選手権参戦3年目を迎える野崎は、自分の成長を日本のファンの前に、遺憾なく披露して、2004年シーズンを終了した。
小川、田中、渋谷のあいだで繰り広げられていたランキングの2位争いは、それでも小川が逃げ切りに成功。3点差で田中、渋谷が4位に落ち着いた。ゼッケン1から4番までは、来シーズンも今年と同じ顔ぶれが並ぶことになる。
IAクラスは、チャンピオン候補最右翼の白神孝之が大失速の7位。九州大会を欠席した田中善弘が優勝したため、ランキングもひっくり返って、田中がチャンピオン獲得となった。終盤のどんでん返しだった。
優勝の田中と、2位の尾西和博が一桁減点。3位の村田慎示が3ラップ通じて10点。IAもまた、かなりの神経戦となったようだが、勝利をしたのは「今日は楽しく走れました」とあっけらかんと笑う田中だった。
IBクラスは川村義仁が6勝目。圧倒的に強かった、IBチャンピオンだった。今回も終盤にきちんと追い上げて勝利を得た。
IA昇格の八つの指定席を手中にしたのは川村、野本佳章、本田洋晴、粕谷直樹、粕谷弘樹、西村尚己、佐々木一晃、伊藤賢。このうち6名が関東勢で、5名が十代のライダー。IB一年目のルーキーがふたりと、若いライダーの台頭が目立った2004年のIBクラスだった。
●自然山速報は携帯電話(i-mode等)でもご覧いただけます。
 https://shizenyama.com/i
●リザルト詳細はMFJサイトへ http://mfj.or.jp/
トライアル全日本選手権第8戦東北大会(最終戦)結果(10月24日)
1位 野崎史高 11点
2位 黒山健一 18点(C25)
3位 田中太一 18点(C22)
4位 渋谷 勲 25点
5位 小川友幸 26点
6位 井内 将太郎 47点

関連記事

正規輸入車両以外のMONTESA・TRRSはMFJ競技エントリーはできません

MONTESAとTRRS輸入元エトスデザインより、正規輸入車両以外のMONTESA・TRRSはMFJ競技エントリーができないというお知らせで…

セロー225用ワイドステップセット

ぱわあくらふとより、YAMAHAセロー225用ワイドステップセットが、グレードアップして発売されました。 (さらに…)…

自然山通信2020年1月号電子版できました!

遅くなりました。2020年1月号、電子版をご用意しました。ダウンロードして、お手持ちの電子端末(パソコン、タブレット、スマートフォンなど)で…

自然山通信2020年1月号発売!

令和2年になりました。2020年1月号の発売開始です。毎年恒例【2019MFJ全日本トライアル全結果・MFJ非公認自然山通信オリジナル】掲載…

イベント(大会)

201912/30

1/3有東木お正月

2020年有東木お正月トライアル大会 2020年1月3日(金) 受付:8時30分~ エントリー費:4,000円 クラ…

イベント(大会)

201912/30

1/19第51回里山トライアル

第51回里山トライアル (さらに…)…

イベント(大会)

201912/29

1/26植木トライアル大会

2020年植木TR大会 寒くてもトライアルしましょう (さらに…)…

菅原義正さんの本

菅原さんには、一時期たいへんお世話になった。お世話になったばかりでなんのお返しもできていないのは菅原さんに限らずぼくの致命的なところだ。ほん…

新DVD・黒山健一ハイパーステアース発売!

自然山通信トライアルDVDの発売です。題して「ハイパーステアケース」。黒山健一選手が近年の新しいステアケース技術の話を交えながら解説していき…

GASGAS PROラジエターガード

三谷モータースポーツより、GASGAS TXTシリーズ用ラジエターガードが発売されました。転倒からラジエターを守ります。 (さらに&he…

ページ上部へ戻る