2020年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
  1. TRIAL動画チャンネル
  2. MFJトライアル
  3. イベント(大会)
  4. 2017お勉強会
  5. イベント(スクール)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. リザルト中国
  11. 2020.04.05

    福島市へ行く
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. リザルト四国
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. リザルト沖縄
  22. イベント告知
  23. 2020XTDN延期
  24. イベント(大会)
  25. SSDT中止
  26. イベント(大会)
  27. SHOEI MITANI MODEL MATブラック
  28. リザルト関東
  29. イベント(大会)
  30. イベント(スクール)
  31. イベント(スクール)
  32. イベント(スクール)
  33. イベント(大会)
  34. イベント(大会)
  35. イベント(大会)
  36. イベント(大会)
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. リザルト近畿
  40. リザルト沖縄
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. リザルト関東
  44. イベント(その他)
  45. イベント(大会)
  46. イベント(大会)
  47. リザルト沖縄
  48. イベント(大会)
  49. イベント(その他)
  50. リザルト関東

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2008ヤマハSY250F

08黒山と野崎
野崎(左)と黒山

 ヤマハレーシングチームの、TYS250F、その2008年型がお披露目となった。
 スコルパがヤマハDOHC5バルブエンジンを搭載してデビューさせたSY250F。今年はデビュー以来3年目となる。2008年型は、一目瞭然の変化が見てとれる。


 大きな変化は、SY250Fの特徴だったリヤフェンダー内に格納したサイレンサーを外に出し、ごくふつうの形式のサイレンサーを採用したことだ。
 250Fは熱対策に腐心していた印象が強いので、あるいはその対策かとも思えるが、まだまだセッティングや性能向上に向けてさまざまなトライの最中のマシンであることを考えると、より一般的なアウトラインをとって開発の自由度を増したほうがよいという判断が働いたのではないかと思われる。これならサイレンサーの交換も用意だし、内部構造を変更するトライ&エラーも容易だ。あわせて、サイレンサーが外側に出たことにより、サイレンサーと抱き合わせになって装着されていたエアクリーナーまわりの自由度も増した。もちろん、メインテナンス性も向上している。

08黒山号と野崎号

 ゼッケン2番は黒山健一号、3番は野崎史高号。2台は基本的に同じ仕様だが、サイレンサーは黒山号がチタン製、野崎号がアルミ製となっている。
 これは両者のエンジンに求める性格のちがいからでてきた仕様のちがいということだ。ふたりのエンジン性格のちがいは顕著で、これはデビュー以来一貫している。DOHCならではの高速域の特性を重視しているのが黒山号、対して野崎号はトライアルに適した中低速をより扱いやすくセッティングしていると見られている。
 黒山曰くは、2008年型SYはさらにパワフルになっているということで、もともとヒルクライム競争などでは独擅場だったDOHCエンジンだが、そのアドバンテージはさらに増しているのではないだろうか。

08黒山号
08野崎号
左・黒山号/右・野崎号

 半ば未完成の状態で日本に上陸し、デビュー数戦はまともに走らせることすらむずかしかったTYS250F。ようやく2006年終盤に戦闘力をつけてきて、2007年は日本チャンピオンこそとりそこねたものの、その戦闘力はトップクラスのものであることを証明してきている。結果こそ2位が最上位だったが、野崎の成長も、マシンの熟成のたまものだ。
 このポテンシャルをさらにアップさせ、ホンダと小川友幸に奪われた日本タイトルを奪還するため、いよいよヤマハが本気になってスープアップに取り組んだのが、2008年型TYS250Fだ。
 黒山健一はこのマシンに乗った1年目にタイトルを獲得したが、実は2006年はスコルパ契約だった。黒山がヤマハ入りをして名実ともにヤマハvsホンダの図式になったのは2007年から。パスカル・クトゥリエのタイトル以来のヤマハのチャンピオンの実現に向けて、ヤマハの2008年はアグレッシブだ。

08黒山チームと野崎チーム

 TYS250Fに乗るのは、2007年同様、黒山健一と野崎史高の2名。黒山には実弟の黒山二郎がマインダーとして戦いをともにし、野崎チームは永年コンビを組む中山浩がマインダーを担当する。
<Photo:J. Saiga>

関連記事

お待たせ! 自然山通信2020年6月号電子版

自粛自粛、おうちで踊ろうばっかりの世の中、トライアルもテレワークでつながってみました、というお話しを特集してみました。 ご購入いただき…

自然山通信6月号発売!

自然山通信6月号発売のお知らせです。今月の特集は「今どきのテレワーク・トライアル」と世界選手権参戦25年を迎えたフジガスこと藤波貴久選手のの…

プロターとの思い出、プロヴィーニさんとの思い出

ちょっと探し物をしていた時に(なぜか娘の家で)発掘されたなにやらの賞状らしきもの。なんだろうね、これ?? とすっかり記憶が失せていたのだけど…

MFJトライアル

全日本関東大会の日程変更とGC大会の中止他

COVID-19による全面自粛騒動から一歩進んで、これから、ちょっとずつ日常に戻ってくる。それに合わせて、イベントスケジュール情報もいろいろ…

ガエルネ・バランスクラシック新色発売!

マシンとの一体感を極限まで高めた、究極のマン=マシンバランスを実現。進化を遂げたガエルネ最高峰トライアルブーツ「BALANCE CLAS…

日本GPは結局中止、TDNも中止に

COVID-19による大会中止、その新たなお知らせ。犬が人を噛んでもニュースにならないように、ニュースにするなら大会が開催される! というお…

野崎史高のファイナル・セロー

ヤマハのロングセラーのセローの開発終了となり、セローファイナルエディションが発表されて現在発売中なのはご存知の通りだけど、このたび、野崎史高…

イベント(大会)

メッツカップ第2戦も中止に

メッツカップ第2戦(7月5日・会場オフロードパークSHIRAI)は、残念ですが中止いたします。 (さらに…)…

7月12日の全日本北海道大会は中止

全日本選手権シリーズは、COVID-19の影響で開幕が遅れているが、ここまで事実上の開幕戦となることになっていた北海道大会の中止が発表された…

TrialGP、イタリアとイギリスも延期

世界的にCOVID-19の騒ぎがなかなかおさまらない。2020年トライアルGPは、すでに6月の大会まで延期が決まっているが、5月2日にはさら…

ページ上部へ戻る