2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
  1. イベント(大会)
  2. イベント(大会)
  3. 2017お勉強会
  4. イベント(大会)
  5. MFJトライアル
  6. イベント(スクール)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. リザルト中国
  11. リザルト中部
  12. 自然山通信2019年3月号
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. イベント(スクール)
  18. イベント(その他)
  19. イベント(その他)
  20. イベント(大会)
  21. 2016高田島ツートラ
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. イベント(大会)
  26. イベント(スクール)
  27. イベント(その他)
  28. イベント(大会)
  29. リザルト近畿
  30. リザルト中国
  31. イベント(大会)
  32. イベント(大会)
  33. イベント(大会)
  34. イベント(その他)
  35. イベント(大会)
  36. リザルト中国
  37. リザルト関東
  38. リザルト九州
  39. イベント(スクール)

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

APEトライアル50/100デビュー?

APE三姉妹

手前、黄色いのが50、黒が今年型100
奥は去年型100

 昨年のイーハトーブ、ネリクラスに、APEトライアル100がデビューした。これはこれでとても好感触だったが、今回は弟分たるAPEトライアル50がデビュー、あわせて先代の100と、50と同じ仕様を持った100も登場して、赤、黒、黄色、3台のAPEトライアルがイーハトーブの森をかけた。
 市販に直結しているプロジェクトではないが、夢の広がるモーターサイクルとして、今後とも注目していきたい1台だが、順調に増殖しているところが、うれしい。


 このAPEトライアルは、12インチホイールを持ち、直立型4ストローク単気筒エンジンを持つかわいいマシン。昔々の言い方だと、ミニバイクということになる。50と100があって、クラッチと燃料タンクのついたモーターサイクルが人気薄の昨今にあっては、比較的人気の高い1台といえる。

アップ

クリックすると他より大きい写真が開きます

 このAPEをベースに、フロント19インチ、リヤ17インチのトライアルマシンっぽいスタイルに仕上げたもの。APEのシャーシ構造は、基本的にはCRF100(かつてXR100といった)と同様だから、このサイズへの仕様変更は、そんなにむずかしいものではない。
 製作したのは本田技研朝霞研究所にお勤めで、長年トライアルマシンのデザインを担当している丸山隆さん。名車TLR200RもRTLシリーズも、ホンダの歴代トライアルマシンはほとんどすべてが丸山さんの手になっている。誰にでも親しめるトライアルマシンを作りたいというコンセプトのもと、最初のAPE100は、なかなかにパワフルで、それなりにトライアルが楽しいマシンに仕上がっていた。19インチ/17インチというタイヤサイズは、トライアルタイヤの選択肢はないが、台湾製のトライアル風タイヤを装着し、トライアルマシンとしての形を作っている。台湾製チェンシンは、もちろんミシュランラジアルとは比較にならない庶民的性能しか発揮しないが、それでも充分にトライアルできる性能を発揮したのは意外な発見だった。

記念写真

3台のAPEを走らせたみなさん。左端が丸山さん
真ん中が水田さん、右が山本さん

 今回デビューしたのは、非力は覚悟の上の50cc。50ccトライアルマシンといえば、本格的シャーシに2ストロークエンジンを搭載したTLM50が名高く、これでトライアルを楽しむ人も多い。でも実は、本格的にトライアルを楽しもうとすると大きな排気量に改造するしかないのが現実。さらに4ストロークエンジンときては、トライアルを楽しむ性能をキープするのは絶望的と思われるが、入門用モーターサイクルとして、50ccは必要不可欠という思いの現れだったのだろう。今回のAPEトライアル50の登場となった。実は製作者の丸山さんも、この50ccがはたしてどれほどトライアルマシンとしての性能を持っているのか、大きな不安があったという。
 この50と、今回新たに作られたAPEトライアル100の2号機は、1号機に比べて、より市販車っぽい作りに成長していた。ヘルメットホルダーもついているし、この状態で、各種規制をクリアしているという。しかも、このマシンのために作られたパーツはシートだけで、ほかの部品はすべて現行(もしくは少し以前の)ラインナップのマシンから手に入るもの。仕上がりがあんまりにも市販車然としているし、あしたにでも新発売されそうな雰囲気でもある。

丸山さんの走り

APE50と丸山さんの雄姿

 さて、新しい仲間の50は、しかしどうして、つくった本人の丸山さんもびっくりの走りっぷりを披露して、ネリのセクションとコースを走り抜いた。ネリとブドリに参加していた人はご存知だろうけど、1ヶ所、コース上につるつるの登りがあって、渋滞の末にみんなで引っ張り合ってのぼっていった。ここをAPEトライアル50は、がしがしと登り切っていったのだった(もちろん楽勝ではなく、人車ともにぎりぎりの踏破だった模様だが)。今回のネリは、コースもセクションも例年よりも厳しかったから、いつものコースとセクションだったら、きっとこの50ccはるんるん気分で走り切ってしまうにちがいない。
 APEトライアルの性能そのものについては、その1号機に乗せてもらって報告したのと同様。シャーシまわりの寸法はトライアル仕様ではないので、ぎりぎりのタイトターンをしようとすると、マシンが倒れ込んでくるなどの不具合もないではない。でもこれは、日本にトライアルを画期的に広めたホンダの名車、TL125バイアルスと同じ仕様である。性能の高いマシンはライダーに幸せを呼ぶが、性能が完璧でなくても、仲間を増やすマシンは存在できるのだ。
 ネリのスタート現場で「トライアルをするかどうかはともかく、ふつうに走るのに1台ほしいな」という参加者の声は、丸山さんにはなによりうれしかったにちがいない。願わくば、そんな声がホンダのえらい人のところまで届いてほしいものである。

関連記事

原発事故の思い出【ビッグパレット】

村のみんながビッグパレットに避難したというのはその日のうちに連絡があって、ぼくらにも伝わってきた。みんながいるのなら、一度行ってみるかと、な…

イベント(大会)

5/5第260回ケニーズ杯

第260回ケニーズ杯のご案内 (さらに…)…

イベント(大会)

6/16第21回爆笑ツインショック

延期致しておりました「第21回 爆笑ツインショックトライアル大会」ですが、6月16日(日)に真壁トライアルランドにて開催することが決定致しま…

2019全日本選手権第1戦近畿大会

2019年4月14日 和歌山県湯浅町湯浅トライアルパーク 天候:曇り(一時ちょっとだけ雨。終わったらちょっと本降り) 観客数:1,…

野崎史高、2019年初めての開幕戦勝利

全日本選手権が開幕した。今年の開幕戦は和歌山県の湯浅トライアルパーク、4月14日の開催で、例年より1ヶ月ちょっと遅い。 7連覇のかかる…

Vertigo VERTICALシリーズに「R」登場/もてぎ車販売予定

スペイン製トライアルマシン「Vertigo」に、新たに「Vertical R」が加わった。2019年モデルより新登場するシリーズです。 …

原発事故の思い出[村を出る]

村長が防災無線で避難を呼びかけたのは15日の夜のことだった。富岡の人も含めてみんなで村を出ることにしたのが16日の午前中だった。 ぼく…

自然山通信2019年4月号電子版

自然山通信4月号電子版をお届けします。 ご購入後、ダウンロードしてお手もとの電子端末でお楽しみください。 パソコン、タブレット、スマート…

自然山通信4月号発売!

平成最後の自然山通信・4月号の発売です。ちょっと遅れましたが(先月より一週間早く‥‥)発売開始です。トニー・ボウ選手が同席した初回対談以来大…

2017お勉強会

5/18川内村お勉強会

2010年から8年間にわたって続けていて、まずまず好評をいただいたお勉強会・体験会のお知らせです。限定10名様。 福島…

ページ上部へ戻る