2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. MFJトライアル
  3. トライアル・デ・ナシオン
  4. 2017TDN
  5. イベント(その他)
  6. MFJトライアル
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント告知
  10. イベント(大会)
  11. イベント(スクール)
  12. イベント(大会)
  13. イベント(その他)
  14. イベント(その他)
  15. リザルト中国
  16. リザルト近畿
  17. イベント(大会)
  18. 2016高田島ツートラ
  19. リザルト関東
  20. MINI VANDAL
  21. リザルト中国
  22. イベント(大会)
  23. リザルト中部

    2018.08.26

    第17回梅ヶ島
  24. リザルト北海道

    2018.08.26

    2018遊ing第4戦
  25. リザルト東北
  26. MFJトライアル
  27. イベント(大会)
  28. MFJトライアル
  29. リザルト関東
  30. リザルト中国
  31. イベント(大会)
  32. イベント(スクール)
  33. イベント(大会)
  34. イベント(大会)
  35. イベント(大会)
  36. イベント(大会)
  37. 2017お勉強会
  38. リザルト四国
  39. リザルト中国
  40. リザルト中部
  41. 2019モンテッサ
  42. TLR200用キックアーム
  43. Vertigo 2019モデル
  44. 生駒テックオープン
  45. リザルト中国
  46. リザルト四国
  47. リザルト関東
  48. 2017TDN
  49. リザルト東北
  50. MFJトライアル
  51. リザルト中国
  52. リザルト関東
  53. イベント(大会)
  54. イベント(大会)

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2006年の黒山健一

新チームロゴ

 黒山チームから突然のお知らせ。
 以下、そのお知らせをそのままご紹介します。

黒山チーム

Scorpaを前に二郎君と心も新たに黒山選手

 新年、明けましておめでとうございます。さて、以下の通り’06年度はトライアル黒山チームは、まったくの新体制で臨みます。まずは、いきさつをお読みください。


<いきなりです>

 黒山選手、’06年からは11年間フルエントリーいたしましたトライアル世界選手権を終了いたしまして、全日本選手権のみに専念をいたします。と同時に、バイクメーカー契約先もイタリア/BetaMotorから、バイク製造メーカーではありませんが、フランス製バイクScorpa日本インポーター/アルプスヴァン社へ移籍いたします。

 黒山選手は、まだまだトライアル世界選手権で余裕で一桁ゼッケンを維持出来る実力者。その証拠にBetaMotorからは、来年以降2年契約で契約金アップを提示されています。これに甘え、何年か後、矢が尽き刀折れ満身創痍ボロボロになり、世界選手権はもう走れない、と断念撤退するのも一つの男の生きざまかもしれません。

 トライアル世界選手権に完全に燃え尽きて、なおかつどこのメーカーの契約先もなくなり燃えかすの状態で撤退し帰国、燃えかすを、また何とかだましだまし燃やして全日本選手権をやるののもひとつの方法論でしょう。

 でももうひとつ、撤退でなくてみずからの判断で「終了」し、誰が考えても「惜しまれる」状態でトライアル世界選手権からの男の身の引き方も、選択の一つであると考えます。

 誰が考えても「惜しまれる」状態でトライアル世界選手権を終了。そのまだ赤々と燃えている情熱を、そのままトライアル全日本選手権に移行し、今以上に全日本選手権を盛り上げ、なおかつ日本のトライアルのすべてをより熱くする。この方法論を黒山選手は選びました。

 この方法論を心から理解支援していただいたのが、アルプスヴァン社と、エンジンについて後援していただく(株)ヤマハ発動機でした。

 黒山選手、’06年トライアル全日本選手権はYAMAHAの4サイクルエンジンを搭載したフランスScorpa社の「06SY250F」で、心も新たに鮮烈再デビューいたします。中学1年生(12歳)からトライアルを初めて以来、BetaMotorの2サイクルバイクしか乗った事のない黒山選手、自身にとってトライアルの原点とも言えるBetaMotorを離れ、新天地アルプスヴァンチームへ移籍し、なおかつ初めての4サイクルバイクで戦うという荒波に漕ぎ出しました。

 ライディングウェアも、イタリア/リトラットスポーツを離れ、レースウエアの老舗中の老舗、(株)RSタイチのトライアルウエアに上下身を固めまして、これまた、ライディングウエア再デビューいたします。

 チーム名も「Team BETA Kenny」から「Team 健 Alpes-vent Scorpa」へと変更いたします。アルプスヴァンとは、フランス語で、ヴァンは風で、アルプスの風という意味です。

チーム陣容は以下の通り。

監督/黒山一郎 56歳
ライダー/黒山健一 27歳
メカニック&サポート/黒山二郎 21歳
身の回りの世話/黒山優香&黒山和江 年齢不詳

・契約先→フランス製Scorpa日本輸入元/アルプスヴァン社
・乗るバイク→Scorpa ’06SY250F
・エンジン吸排気→4サイクル
・着る服→RSタイチトライアルウエア
・チーム名→Team 健 Alpes-vent Scorpa(チーム健アルプスヴァンスコルパ)
・世界選手権→余力を残して終了
・全日本選手権→新体制でフルエントリー

のようにすべてを一新して

・’06年トライアル全日本選手権⇒全戦全勝優勝
・’06年トライアル全日本選手権⇒7度目のシリーズチャンピオン

 を目指して本年度1月1日から頑張っていますので、どうか応援を今以上によろしくお願いいたします。

 そうそう頭を守るヘルメット、これは黒山選手お気に入りのアライヘルメットで、変更なんてとんでもない話ですから移籍はありません。

<黒山トライアルアカデミー(専門学校)>

 蛇足ながら、過去最強トライアルチームだった「Teamブラック団」を作り上げた黒山お父さんは何をするのか。黒山選手がトライアル世界選手権を終了し全日本に専念するようになりまして、かねてから計画中だった「黒山トライアルアカデミー(専門学校)」の開校を実行開始いたします。

 1日だけのワンディトライアルスクールではなくて、最低期間でも、土日を利用して1泊2日の合宿制のトライアル学校で、連休だと2泊3日も計画中です。6人までは余裕で宿泊出来る、3台の新品2段ベッド(お布団も新品)&洗濯機2台&室内衣類乾燥場&本場フィンランド製3人用サウナ付き合宿所は、新社屋に移るまで住んでいた黒山旧邸をリフォームしてすでに完成すみ。もちろん、自社敷地内ワンボックス6台、余裕で駐車可能です。

 「Teamブラック団」の固い絆の一番大きな原因は、2回×4ヶ月=8ヶ月間のヨーロッパ合宿にあります。先生と共に走り汗し涙し、先生と共に同じ釜の飯を食う。これこそが、トライアルの楽しみを知ってもらう方法論とお父さんは考えています。

 日のあるうちは走り回りトライアルのお勉強、日が落ちたら自分のバイクの基本的なメンテナンスのお勉強、お風呂に入って夕食後は全員で反省会ミーティング、次の日はミーティングの課題をマスターするべく猛練習。ですから、テクニックを教えるのでなくて、練習のやり方を教えるのがメイン。練習の方法さえ教えれば、テクニックなんてやっているうちに自然と身に付きます。ということで「黒山選手や二郎君と一緒に練習しましょう、汗を流しましょう」というのが目的です。

 生徒さんは腕前レベルを均一化して募集します。経験上、腕前が違う人が集まると、どうしてもうまい人中心になって、ヘタッピはただ見ているだけ聞いているだけになってきます。特に女子ライダーのものすごくヘタッピと、中学生までのやる気満々少年に力を入れます。つまり、今週は女子ライダーのものすごくヘタッピだけ、来週は中学生までの少年だけ、というようにです。1回の合宿の人数は、全員の指導に余裕を持てる6人までを限界と考えています。

<黒山トライアルアカデミー(専門学校)>
・校長 黒山一郎
→国際A級全日本チャンピオン2度/全日本勝ち数7勝/第6回全国白バイ大会個人総合2位
・教官 黒山健一
→国際A級スーパークラス全日本チャンピオン6度/全日本勝ち数41勝
・副教官 黒山二郎
→国際B級輝かしい経歴なし/世界でも屈指の現場修理とサポートのプロ

06010102.jpg

*合宿生をScorpaで指導中の黒山選手

<蛇足中の蛇足>
*全日本チャンピオン獲得順位
・6回 黒山健一
・5回 山本昌也、藤波貴久
・4回 近藤博志
・3回 伊藤敦史
・2回 黒山一郎、パスカルクトリエ、成田匠
・1回 木村治男、加藤文博、丸山胤保、中川義博
 

 ’73年初代全日本チャンピオン木村治男さんが誕生してから、 今年の’05年まで33年の歴史を持つ日本の選手権トライアルですが、こうしてデータを見てみると12人の皆様しかトライアルチャンピオンがいないのですね。

 心も新たにアルプスヴァン契約Scorpa’06SY250Fで、トライアル全日本選手権に鮮烈に再デビューいたします黒山選手と、ブラック団を育て上げたお父さんのノウハウをつぎ込む黒山トライアルアカデミー(専門学校)、の二つを本年度からも変わらぬ応援をよろしくお願いいたします。

===============================
クロヤマエンジニアリング(Since1970)
Team 健 Alpes-vent Scorpa(チーム健アルプスヴァンスコルパ)
代表/黒山一郎
〒666-0143 Tel/Fax 072-799-0830
兵庫県川西市清和台西1-1-7 自宅/工場/Team office
兵庫県川西市清和台西1-1-20 クロヤマトライアルアカデミー合宿所
E-mail→ kuroyama@bd5.so-net.ne.jp
HP→ http://www.kuroyama.jp
===============================

関連記事

新型「SWまるやま」オリジナルトライアル用グローブ発売!

定評あるスーパーウイングまるやまオリジナル「トライアル用グローブ」が操作性向上と耐久性アップ。新型発売を記念して¥500割引で販売中!※お一…

三谷モータースポーツより、YAMAHAセロー・トリッカー用トライアルフェンダー発売

セローとトリッカーをトライル仕様に! 三谷モータースポーツより、YAMAHAセロー用トライアルフロントフェンダーKIT、トリッカー用カーボン…

ソニーαはニコンZとキヤノンRを迎え撃てるのか

このところ、ニコンとキヤノンが相次いでミラーレスの本気カメラを発表して、ぼくのご愛用のソニーαもあやうしになってきた。10年後、カメラはどん…

MFJトライアル

全日本最終戦は10月21日、スポーツランドSUGOにて

2018全日本選手権第7戦東北大会は、10月21日、宮城県スポーツランドSUGOで開催される。 自然山通信謹製、ランキング順(スタート…

トムス新製品【限定発売】64チタンステップ

超軽量な WELD ONE・チタン製ステップが京都のトライアルショップ「トムス」より発売されます。5セットのみ限定製作です。 (さら…

小川と野崎、最終決戦はまず小川が勝利

最終戦を2週間後に控えて、全日本選手権中部大会は10月7日、いつものように愛知県岡崎市キョウセイドライバーランドで開催された。 IAS…

自然山通信2018年10月号電子版

自然山通信10月号電子版をご用意しました。ダウンロードして、お手持ちの電子端末でお楽しみください。 今月はデ・ナシオン取材で10月号の…

三谷モータースポーツよりS3新製品

三谷モータースポーツより「S3」ブランドの新製品、アルミスネルカムアジャスターSET、EBSマテリアルグリップが発売されました。 (さら…

201810/9

自然山通信10月号発売中!

少々発行が遅れてしまいましたが【速報 トライアル・デ・ナシオン/日本チームからのメッセージ】掲載特集号・自然山通信10月号を発売しました!B…

2018全日本ランキング(〜第6戦)

2018年全日本選手権ポイントランキングです。ただし自然山独自集計。上位についての正確なランキングは、MFJサイトで発表されるものをご参照く…

ページ上部へ戻る