2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  1. リザルト中国
  2. イベント(大会)
  3. リザルト中国
  4. リザルト中部
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. 2016高田島ツートラ
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. リザルト沖縄
  11. イベント(大会)
  12. 2017お勉強会
  13. リザルト関東
  14. イベント(大会)
  15. MFJトライアル
  16. イベント(大会)
  17. リザルト関東
  18. リザルト関東
  19. イベント(スクール)
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. リザルト中国
  25. 2020.04.05

    福島市へ行く
  26. イベント(大会)
  27. イベント(大会)
  28. イベント(大会)
  29. イベント(大会)
  30. イベント(大会)
  31. リザルト四国
  32. イベント(大会)
  33. イベント(大会)
  34. イベント(大会)
  35. リザルト沖縄
  36. イベント告知
  37. 2020XTDN延期
  38. イベント(大会)
  39. SSDT中止
  40. イベント(大会)
  41. SHOEI MITANI MODEL MATブラック
  42. リザルト関東
  43. イベント(大会)
  44. イベント(スクール)
  45. イベント(スクール)
  46. イベント(スクール)
  47. イベント(大会)
  48. イベント(大会)

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

TY-S125Fロングライド登場

125FLongRide

入門用トライアルマシンとして、また行動を比較的気兼ねなく走れるトライアルマシンとして、トライアルファンならずとも、オフロードファンに存在意義を認められつつあるTY-S125Fに、頼もしい仲間が加わった。5リットルタンクを装備したTY-S125Fロングライドだ。

このマシン、5リットルタンクの有用性もさることながら、その価格設定がなんとも画期的。本体価格39万8000円、税込みで41万7900円は、トライアルの世界を大きく変える期待すら抱かせる。

発売は5月末予定。予約受け付けはすでに始まっている。

125FLongRide

このロングライド、従来のTY-Sとの変更点は次の通り。

・シートが2センチ高くなり、後方に8センチ長くなった
・38ミリ径フロントフォークは長さが4センチの範囲で可変。用途に応じてセッティング可能
・クラッチレバー(エンジン側)が長くなり、操作がより容易かつ軽くなった
・強化サイドスタンド、新型フットペグの採用
・リヤショックアブソーバーにカバー(フラップ)がついた

フレーム、エンジン、スイングアーム、タイヤなど、基本部分には変更はない。タンクは、従来の2.9リットルのものとも互換性があり、どちらでも装着は可能だ。

2センチ高く8センチ後ろに長いシートは、シートに座ったままリヤブレーキを安易に操作できるものとなっていると想像される(従来型TY-Sだと、シートのさらに後ろに座ると、ブレーキがなんとか操作できる)。タンクは特に大きくなった印象もなく、シート高さえ気にしなければ、このままトライアルライディングもできそうだ。

ロングライドのタンクと従来のシート、ロングライドのシートをはずすなど、パッケージの自由度も広がるので、草大会からツーリングトライアル、山遊びなど、用途に合わせた仕様を選ぶこともできそうだ。

タンクは2.9リットルタンクに対して塗装されていない状態で出荷される。この部分が、コストダウンといえばコストを下げた部分だ。当初、ロングライド計画は廉価版のタイヤを使用するなどが予定されていたが、結局はミシュランX11を装着しての登場となった。価格差を考えると、TY-S125Fを買うより、ロングライドを買って2.9リットルタンクを購入した方がまだお得ということもありえる。

アルプスブァンでは、トライアル予備軍へ、できるだけ安価なマシンの提供、またオフロード愛好者への手ごろな125ccマシンの提供という意味も含めて、思い切った価格を実現したという。

なお、同時にスコルパ06〜07年モデルSY250Fの価格も発表となっている。コンペ用以外のマシンを多くラインナップするスコルパは、トライアルマシンメーカーの中でも異色で興味深い。

車名 本体価格 税込価格 発売時期
SY250F 856,000円 898,800円 3月発売開始予定
SY250F Long Ride 856,000円 898,800円 8月発売開始予定
SY250 720,000円 756,000円 発売中
SY250 Long Ride 700,000円 735,000円 発売中(受注)
SY125F 620,000円 651,000円 発売中
TY-S175F(143cc) 530,000円 556,500円 発売中
TY-S125F 457,142円 480,000円 発売中
TY-S125F Long Ride 398,000円 417,900円 5月発売開始予定
4Tricks 320,000円 336,000円 発売中

輸入元:アルプスブァン

関連記事

2020 RTL300R/COTA301RR専用カーボンプロテクター

愛車を守るカスタムパーツ、2020 RTL300R/COTA301RR専用のカーボンプロテクター3種が発売されました。三谷モータースポーツよ…

TY125Fブリーザーホース新設加工

TY125Fのエンジンを、より回転が上がり、より低速がスムーズ、よりエンブレが効かなくなり2stのようなエンジンに。黒山レーシングによる…

野崎史高の、最後のセロー

野崎史高といえば、いわずとしれた国際A級スーパーのトップライダーで、2002年の世界選手権ジュニアチャンピオン、そして2019、2020年は…

リザルト中国

2020中国選手権第8戦

中国選手権第8戦山口大会 島根県 日原島高原TR場 2020年8月9日 天候:晴れ (さらに…)…

イベント(大会)

9/27岩手ツインショック

第5回岩手ツインショックトライアル大会 東北選手権・SUGO大会の日程変更により、同日開催は避けなければならなくなったので、 当初予…

自然山通2020年8月号電子版

いきなり夏らしい夏になって、みなさま、体調を崩さず、お元気でお過ごしでしょうか。いつものように、自然山通信最新号の電子版をご用意しました。P…

自然山通信8月号発売中!

暑中お見舞申し上げます!そして自然山通信8月号発売のお知らせです。今月の表紙は、若さと元気いっぱい武田呼人選手でお届けします。 (さらに…

リザルト中国

ケニーズクラブ30周年記念大会

2020年8月2日 広島県福山市海の見える杏の里トライアル場 天候:晴れ (さらに…)…

リザルト中部

第5回あしたかTT

第5回あしたかツインショックトライアル 8月2日(日)、第5回あしたかTT大会が開催されました。 (さらに…)…

COTA 300RR/RTL300Rサイレンサー加工

スーパーウイングまるやまでは、2020〜COTA 300RR/RTL300Rの純正サイレンサー・エンド加工を開始しました。 (さらに&h…

ページ上部へ戻る