2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
  1. イベント(大会)
  2. イベント(大会)
  3. イベント(スクール)
  4. リザルト中国
  5. イベント告知
  6. 2017お勉強会
  7. イベント(大会)
  8. リザルト関東
  9. リザルト中国
  10. リザルト関東
  11. リザルト関東
  12. リザルト中国
  13. リザルト関東
  14. リザルト関東
  15. リザルト沖縄
  16. リザルト九州
  17. リザルト中国
  18. イベント(大会)
  19. リザルト沖縄
  20. イベント告知
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. リザルト中国
  24. MFJ
  25. リザルト中国
  26. イベント(大会)
  27. MFJトライアル
  28. リザルト九州
  29. リザルト中国
  30. 自然山通信2021年1月号表紙
  31. リザルト中国
  32. リザルト関東
  33. イベント(大会)
  34. リザルト関東
  35. リザルト九州
  36. リザルト関東
  37. リザルト関東
  38. イベント(スクール)
  39. リザルト九州

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

日本GP土曜日

 世界選手権第4戦ウイダー日本グランプリは6月3日、ツインリンクもてぎで開催された。
 去年に引き続き雨は降らず。曇り空ではあったが、暑くもなく、ほどよい観戦日和ではあった。
 優勝はトニー・ボウが日本GP初優勝にして、今シーズン2勝目。
 ボウは序盤はけっして調子がよくなかったが、1ラップ目終盤にリズムをつかみ、1ラップ目が終わった時点でトップに出ると、そのまま優勝へと逃げ切った。

 チャンピオン、アダム・ラガは、序盤の第2セクションでハンドルが折れるトラブルがあり、序盤はすっかりペースを崩して正気はないかに見えたのだが、2ラップ目は15点のベストラップをマークして追い上げ、見事2位を獲得した。
 ラガは今シーズン1位と2位しかないという安定ぶりで、チャンピオンシップをリードしている。2位にはボウが13点差でつけている。
 1ラップ目にはランプキンとカベスタニーが27点で同点2位につけていたが、ランプキンは2ラップ目に減点を減らせずに5位まで脱落。カベスタニーは3位となった。
 藤波貴久は序盤は絶好調。しかし1ラップ目終盤から2ラップ目にかけてコンセントレーションを乱すシーンがみられ、結果、わずか5点差で勝利をのがすとともに、4位に甘んじることになった。
世界選手権

順位 ライダー 1ラップ目 2ラップ目 タイム
オーバー
総減点 クリーン
トニー・ボウ 23 21 0 44 16
2 アダム・ラガ 30 15 0 45 13
3 アルベルト・カベスタニー 27 20 0 47 14
4 藤波貴久 28 21 0 49 14
5 ドギー・ランプキン 27 25 0 52 14
6 黒山健一 43 32 1 76 9
7 マルク・フレイシャ 42 38 0 80 8
8 タデウス・ブラズシアク 47 40 0 87 7
9 ジェロニ・ファハルド 47 36 5 88 9
10 小川友幸 45 49 6 100 5
11 田中太一 56 56 0 112 3
12 ジェームス・ダビル 60 53 0 113 2
13 シャウン・モリス 56 58 0 114 5
14 小川毅士 63 58 3 124 1
15 野崎史高 70 55 0 125 4
16 渋谷勲 67 62 0 129 4
17 尾西和博 64 68 1 133 2
18 井内将太郎 68 69 4 141 1
19 岡村将敏 71 75 0 146 0
20 西元良太 75 71 0 146 0
21 竹屋健二 73 75 0 148 0
22 坂田匠太 70 69 10 149 0
23 永久保恭平 75 75 0 150 0
24 宮崎航 75 75 0 150 0

ジュニア

順位 ライダー 減点 クリーン
1 ダニエル・ジベール 42 17
2 ダニエル・オリベラス 59 13
3 マイケル・ブラウン 65 6
4 ニコラス・ゴンタール 85 7
5 フランチェスコ・イオリタ 89 6
6 マルク・ソウラス 116 2
7 ライア・サンツ 128 2
8 野本佳章 137 0
9 リチャード・エリー 146 0

ユース

順位 ライダー 減点 クリーン
1 マテオ・グラッタローラ 48 13
2 ロリス・グビアン 64 11
3 アルフレッド・ゴメス 64 10
4 ニコラス・カリム 67 11
5 ベンジャマン・リオタール 77 9
6 ロス・ダンビー 87 7
7 リー・サンプソン 89 2
8 クリスチャン・クレゲロ 104 5
9 アレックス・ロカスパーナ 147 0

関連記事

イベント(大会)

9/26メイクカップ

2021年のメイクカップ日程が決まりました。 10月3日に予定しておりましたメイクカップは全日本近畿及び東北選手権最終戦日程変更により…

ライア・サンツの復活戦は新旧チャンピオン、引き分け

藤波貴久が5年ぶりの勝利を得て、日本中が上を下への大騒ぎをしている中、こちらは8年ぶりの快挙を達成していた。ライア・サンツがトライアル世界選…

イベント(大会)

7/25・8/29里山トライアル

第68・69回里山トライアル大会 (さらに…)…

イベント(スクール)

8/7 GATTIスクールin鷲ヶ岳

2021 GATTIトライアルスクールin鷲ヶ岳 ~鷲ヶ岳スキー場での高原トライアルを楽しもう~ 郡上TRIALクラブの皆様のご協力…

世界選手権トライアル、最年長勝利記録争いは

藤波貴久が、2021年6月14日、イタリアGP2日目に優勝した。藤波は1980年1月生まれの41歳。41歳での優勝はこれが初めてで世界記録と…

世界選手権開幕、藤波貴久が勝利!

世界選手権開幕戦はイタリア大会。1日目はトニー・ボウが辛くも勝利。そして2日目、藤波貴久が劇的な勝利。41歳にしての勝利もすごいが、なにより…

リザルト中国

第277回ケニーズ杯

第277回 ケニーズ杯 日程:6月13日(日曜) 場所:福山海の見える杏の里トライアル場 天気:快晴・気温30℃ (さらに…

NEW! Rikizohアルミ製グリップエンドプロテクター

新形状になった新型「Rikizohアルミ製グリップエンドプロテクター(内径14mmハンドルパイプ用)」が発売されました。 (さらに&he…

全日本中部と北海道の延期日程

先般、延期が発表されていた全日本選手権第3戦中部大会(6月13日開催予定だった)と第4千北海道大会(7月11日開催予定だった)の、延期日程が…

RTL300Rの予約販売

2021年の世界選手権がまもなく開幕しようというこの時期だが、HRC(ホンダレーシング)から2022年のRTL300Rの予約販売についてのお…

ページ上部へ戻る