2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  1. 2017お勉強会
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(スクール)
  5. イベント(スクール)
  6. イベント(大会)
  7. TRJ / MFJ
  8. TRJ / MFJ
  9. TRJ / MFJ
  10. イベント(大会)
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. リザルト関東
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. リザルト中国
  17. MFJトライアル
  18. リザルト東北
  19. リザルト関東
  20. リザルト関東
  21. リザルト中国
  22. イベント(大会)
  23. TRJ / MFJ
  24. TRJ / MFJ
  25. TRJ / MFJ
  26. MFJトライアル
  27. リザルト関東
  28. TRJ / MFJ
  29. リザルト中国
  30. リザルト関東
  31. トライアル・デ・ナシオン
  32. 2017TDN
  33. リザルト関東
  34. イベント(その他)
  35. イベント(大会)
  36. イベント(その他)
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. リザルト関東
  40. TRJ / MFJ
  41. TRJ / MFJ
  42. TRJ / MFJ
  43. リザルト中部
  44. リザルト中国

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ダストトゥグローリーなる映画

 7月22日に「ダストトゥグローリー(Dust to Glory)」が封切られる。
 よい映画は多々あれど、こんなふうにオフロードスポーツを生き生きと、マニアックに描いた映画は、いくらも登場しない。
「オンエニーサンデー」以来の名作の登場だ。


「オンエニーサンデー」は、1972年、日本では「栄光のライダー」という名前で公開された。スティーブ・マックィーンの「栄光のル・マン」のヒットに乗じたタイトルだったと思うけど、オンエニーサンデーには、マックィーンのプライベートな世界が流れている。本人がいくら自動車好きでも、映画のプロとして作った栄光のル・マン(原題にはやっぱり“栄光の”はなくて、ただのLe Mans)とはものがちがう。そして一介のオートバイ好きとしては、マックィーンの映画スターではない、一介のオートバイ好きな一面が見られたということが収穫のひとつだった。
 もちろん、オンエニーサンデーはマックィーンが主役のひとりであるけれども、けっしてそれだけの映画じゃない。メインストーリーはダートトラックなのだけど、今でいうフリーライドや、エルシノアGP(ホンダ製のオートバイにそういう名前のがあったけど、もちろんエルシノアGPのほうが本家)の模様など、オフロードの神業ライダー、マルコム・スミスのライディングも堪能できる。マルコム・スミスと比べてしまうと、かのスティーブ・マックィーンを「役者の割にはうまいけど、やっぱりへたっぴーだなぁ」なんて笑えてしまうのであった(神様と比べる方がいけない。マックィーンはISDEのナショナルチームのメンバーだった。うまいのである)。

 なんで大昔の映画のことをだらだら書いているかといえば、今回封切られる「ダストトゥグローリー」の監督はデイナ・ブラウンだからだ。デイナ・ブラウンにはサーフィンを描いた「ステップイントゥリキッド」などの作品があるが、彼の父親はブルース・ブラウン。ブルースの代表作「エンドレスサマー」はこれもサーフィンを描いたものだったが、なにを隠そう、ブルース・ブラウンこそ、オンエニーサンデーをつくったその人だった。つまりこの親子は、二代に渡ってサーフィンとオートバイ(それも主にオフロードスポーツ)を描き続けているのだった。
 広大なバハ・カリフォルニア。そこを走るさまざまなライダー、ドライバーたち。数々のエピソードとアクシデント。息づまるシーンの連続もすごいが、そこに登場するビッグネームにも驚かされる。どっちかというと昔のひとばっかりだから、現代のモータースポーツファンより、ちょっと古いひとのほうが感動しやすい。バハの魅力についてとうとうと語ってくれるのはリック・ジョンソン(スーパークロスチャンピオン。人懐っこい笑顔は変わっていないけど、外面内面ともにちょっと丸くなった)、ピックアップトラックを走らせながらバハの思い出を語るのはF1チャンピオン、マリオ・アンドレッティ。もちろんマルコム・スミスも出てくる。古い映像のマルコムもすごいし、ちょっとよぼよぼになった現在のマルコムも美しい。30年以上の時を経て、このスポーツの魅力がなんら変わっていないのだということを、あらためて感じることができる。
 えーと、この映画は、頭のネジが数本はずれた荒くれ者たちが、昼夜を徹して突っ走るという紹介のされ方をしている。たぶんそのほうがオフロードスポーツやバハを知らないひとにはわかりやすいのだと思う。確かに、なかなか興奮の97分。夏休みの公開だから、暑い夏を、さらに熱くすること請け合い。スタートからゴールまでライダーを追いかけるために、ヘリコプターからなにから総動員し、60台のカメラを投入し、この尋常ではないイベントを完全にドキュメントしている。ブラウン・ファミリー作品だから、単なるドキュメントではない。その美しいカメラワークも感動だった。

 でも、試写会に呼んでもらって、ニシマキは涙してしまった。特に悲しい場面があったわけじゃないから、なんで涙だったのかは不明。でも、ここでこれを読んでいるみなさんの中には、この映画で泣ける人もきっといるはずだ。みなさんにこの映画を見てもらって、さらにお父さん作のオンエニーサンデーも見てもらって、なんでこの映画で泣けるのかを語り合えたら、うれしい。
●7月22日より公開
シアターN渋谷(http://www.theater-n.com/)
DUST TO GLORY オフィシャルサイト
http://www.glassymovie.jp/d2g/

(渋谷以外での公開は未定の模様)
前売り:オリジナルポストカード(3枚)付き特別鑑賞券1,500円
当日料金:一般1,800円(税込)/大学生 1500円(税込)/高中小シニア1,000円(税込)
※毎週水曜日は1,000円
・予告【アップル(米)のムービートレーラーページ】
http://www.apple.com/trailers/independent/dust_to_glory.html

オンエニーサンデーDVD(リンドバーグ)
http://shop.lindbergh.co.jp/cgi-bin/shop_more.cgi?code=4143

関連記事

6/5全日本第3戦もてぎ

全日本選手権第3戦関東大会は、6月5日に栃木県モビリティリゾートもてぎ(今年3月に、ツインリンクもてぎから名称変更になっている)で開催される…

2017お勉強会

5/28高田島お勉強会

2010年から続けていて、まずまず好評をいただいたお勉強会・体験会のお知らせです。限定10名様。 福島県双葉郡川内村で…

セロー・トリッカー用7075マウントボルトフルセット

アベ精工より、セロー250・トリッカー用の高強度7075アルミ材のマウントボルトフルセットが発売されました。 (さらに…)…

MOTSニューモデル「STEP 6」発売

スペイン製トライアルウエアメーカー「MOTS」から、NEW MODEL 『STEP 6』の国内販売が始まりました。 (さらに&helli…

イベント(大会)

8/7奥長良トライアルIN鷲ヶ岳

2022年奥長良トライアルIN鷲ヶ岳開催のお知らせ 恒例の真夏のトライアル祭典『奥長良トライアル』を今年も開催いたします。 (…

初夏の風とともに自然山通信2022年5月号電子版をどうぞ

自然山通信5月号PDF版をお届けします。ご購入、ダウンロードして、お手元の電子機器(パソコン、タブレット、スマホ、あるいはテレビなど)でお楽…

自然山通信5月号発売!

自然山通信5月号発売中!全日本トライアル第2戦九州大会レポートを掲載。東京モーターサイクルショーのトライアル体験ブースをお手伝いした自然山通…

イベント(大会)

9/25 2022年メイクカップ

2022年のメイクカップ日程が決まりましたので宜しくお願い致します。 2022メイクカップ 9月25日(日)立石トライアルパーク …

イベント(スクール)

7/18ガッチスクールin北海道(と前夜祭)

2022 GATTI SCHOOL IN 北海道 毎年、全日本トライアル北海道大会翌日の恒例行事。 今回のGATTI SCHOOL …

イベント(スクール)

6/11-12ガッチスクールin松山

2022ガッチスクールIN松山トライアルファーム 日時:6月11日(土)・12日(日) (さらに…)…

ページ上部へ戻る