2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. イベント(大会)
  3. 2016高田島ツートラ
  4. MINI VANDAL
  5. イベント(大会)
  6. MFJトライアル
  7. イベント(大会)
  8. MFJトライアル
  9. リザルト中国
  10. イベント(大会)
  11. イベント(スクール)
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. 2017お勉強会
  17. リザルト四国
  18. リザルト中国
  19. リザルト中部
  20. 2019モンテッサ
  21. TLR200用キックアーム
  22. Vertigo 2019モデル
  23. 生駒テックオープン
  24. イベント(大会)
  25. リザルト中国
  26. リザルト四国
  27. リザルト関東
  28. 2017TDN
  29. リザルト東北
  30. MFJトライアル
  31. リザルト中国
  32. リザルト関東
  33. イベント(大会)
  34. イベント(大会)
  35. リザルト関東
  36. リザルト九州
  37. リザルト北海道
  38. 1日目優勝のファハルド
  39. イベント(大会)
  40. 左から野崎、黒山、藤浪、小川
  41. リザルト東北
  42. イベント(大会)
  43. イベント(大会)
  44. リザルト四国
  45. リザルト中国
  46. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  47. 全日本R3九州までのランキング
  48. 全日本R3九州リザルト
  49. 2018EMと成田匠.fr
  50. MFJトライアル

日本のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

今年のもてぎはこんな感じ

08motegi

 2008年世界選手権日本大会、そのセクション配置図が発表になった。
 全体のレイアウトは、昨年とほぼ同じながら、まったく新しい場所にセクションが開拓されたり、観戦ルートも今までとは一味ちがうものが用意されていたりして、興味深い。
 まだ具体的な設営はこれからだから、最終的には当日を見てのお楽しみということになるだろうが、まずは現状の情報で、今年のセクションの概略を説明します。


 第1セクションと最終セクションは、定番のこの位置。スーパースピードウェイの特設ゾーン。スタートとゴールにも近いし、観客席からもトライを見ることができる。お勧めはしないけど、歩くのがとことんいやな人は、パドックとここだけを見るだけでおしまいにしてもいいくらいだ。
 第1セクションを終えたライダーは、ダートトラックコースの南側の、ダートトラックの森ゾーンへ移動する。去年はこのエリアにずらりとセクションが並んでいたが、今年は南コースと呼ばれる駐車エリア付近に集中して3ヶ所。南コース駐車場にクルマをとめるであろう多くの人は、パドックへ寄らずに、そのままこのエリアに観戦に出かけるという手もある。特に、ちょっと遅刻して会場につくことになっちゃった、なんて場合は、まずこのゾーンへ駆けつければ大丈夫だ。
 第5セクションは、ダートトラックの森ゾーンの仲間になっているが、実はひとつだけ独立した新設セクション。カートランドの入り口あたりに設営される。どんなのができるか楽しみだが、4セクションまで見たあと、5を飛ばして6あたりに先回りして、先行したライダーをもう一度見るという観戦方法もある。第5がすげーおもしろいかもしれないから、この方法がいいかどうかはわからない。でもトップライダーを追いかけて全セクションを歩くと、ほんの数人のトライしか見られないことになるから、どこかでこういうテレポーションをしたほうがいいかとは思う。
 第6から第9までのハローウッズの庭ゾーンは、今回のハイライトともいえる。今までオートバイの立ち入りがご法度だった自然公園のハローウッズの森に、セクションと移動路が設営された。トライアルが自然と共存するモータースポーツである実証だ。名物の滝の流れるセクションと岩盤は今年も健在だが、観戦ルートがハローウッズの山を越えるようにできているから、今年は山の上から見下ろすような観戦も可能だという。かぶりつきもいいけど、上から見下ろすと、いくつかのセクションを並行して見ることもできるかもしれない。ハローウッズの観戦ルートには、ハローウッズならではのしかけもある。子ども連れなら、トライアル観戦から、そのままハローウッズの森遊びに移行してしまうかもしれないけど、それはそれでよいではないかという気にさせるのが、今年のもてぎセクション群だ。
 コースはそのままハローウッズの森を抜けて、ハローウッズの沢へ向かう。ここはまったく新しいセクション群で、第1回目のCゾーンのような構成になるのだろうか。Cゾーンはなかなか観戦には気合いがいるコースだったが、今回はハイキング気分で移動ができるはずだ。
 そして最後はハローウッズの岩盤ゾーン。これもいつも人気の定番ゾーンだ。沢ゾーンはトライアル的にはとても興味深いが、移動するのがいやになっちゃったりしていたら、ハローウッズの庭ゾーンから森を散策しながら岩盤ゾーンに抜けて、そこでじっくり観戦し、表彰式を見に観客席へ戻るという観戦プランも悪くない。2日間あるから、翌日は前日に見なかったところに観戦ポイントをシフトすれば、もてぎのセクションを満喫できる。あるいは、1ラップ目を庭ゾーンから岩盤ゾーンと移動して、そのまま沢ゾーンに移動すれば、ユースやジュニアの選手の2ラップ目に遭遇できるタイミング。そのままトップライダーまで見続けて、12セクションから最終セクションに移動すれば、トップライダーの最後のトライに間に合うかもしれない。
 掲示板に質問があったので、タイムスケジュールについて付記しておきます。世界選手権のタイムスケジュールは、最終ライダーが11時で、2分にひとりスタートとなっています。45人参加なら、最初のスタートは9時半ということになります(100人も参加者がいると、最初のスタートは8時代になる)。
 1ラップ目の持ち時間は3時間半、競技全体の持ち時間は5時間半。最終スタートライダー(もてぎの土曜日はボウと決まっています。日曜日は土曜日の結果順なので、今はまだ未定)が1ラップを終えるのは14時半頃(30分までのタイムオーバーは失格にはならないし早く帰ってくることもありなので、あくまでも目安)、最終ゴールは16時半頃ということになります。
 選手それぞれのスタート時刻は、今はまだ決まっていません(前日に発表されるのが通例)。
 さて、どんな観戦プランがおいしいか。マップを見ながら、あれやこれや考えるのも、トライアル観戦のお楽しみだ。では、たっぷりお楽しみください。そして当日会場のどこかでお会いしましょう。
ツインリンクもてぎWEBサイト・トライアル世界選手権

関連記事

HONDA TLM50最強アンダーガード登場

三谷モータスポーツより、TLM50用・最強アンダーガードが発売されました。17Sジュラルミン製です。 (さらに…)…

イベント(大会)

10/14・11/18わびさびトライアル大会

「嵐山不老天狗わびさびトライアル大会」 山梨県のトライアルチーム嵐山不老天狗より、10月、11月開催の大会のお知らせです。 (…

2016高田島ツートラ

11/4高田島「廃道」ツーリングTR

11月4日、ナンバー付トライアルバイクで、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区を徘徊、もとい散策しようというツーリングイベントを開催しま…

『力造』HONDA TLM50用スキッドプレート発売!

「ぱわあくらふと」の力造ブランドから、HONDA TLM50 用スキッドプレートが発売されました。ステアケース、ガレ場など今以上に戦闘力アッ…

MINI VANDAL

MINI VANDALが加わる2019 Vertigo

Vertigoシリーズに子供用トライアルマシン、MINI VANDALが登場することになった。50ccと60ccがあってタイヤサイズが違うた…

HEBOの新型トライアルブーツ登場

スペインのHEBOより新型トライアルブーツが登場しました。さらに使いやすく軽量に。トライアルを熟知したメーカーが、理想的なブーツを完成させま…

アベ精工のTRRS用アルミサイドスタンド

アベ精工よりストロングタイプの「TRRS用アルミサイドスタンド」が発売されました。 (さらに…)…

自然山通信2018年9月号電子版

自然山通信電子版のご用意ができました。 紙に印刷した自然山通信と同じものを、PDFとして作成してあります。 ご購入、ダウンロードの上、お…

20189/5

自然山通信9月号発売中!

自然山通信9月号発売中です。お知らせが遅くなってしまいましたが、9月2日に開催された全日本選手権R5中国大会の公式プログラム掲載号となります…

2018全日本ランキング(〜第5戦)

2018年全日本選手権ポイントランキングです。ただし自然山独自集計。上位についての正確なランキングは、MFJサイトで発表されるものをご参照く…

ページ上部へ戻る