2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  1. イベント(大会)
  2. イベント(大会)
  3. 2016高田島ツートラ
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. 2017お勉強会
  9. イベント(大会)
  10. MFJトライアル
  11. イベント(大会)
  12. イベント(スクール)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. リザルト中国
  18. 2020.04.05

    福島市へ行く
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. リザルト四国
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)
  27. イベント(大会)
  28. リザルト沖縄
  29. イベント告知
  30. 2020XTDN延期
  31. イベント(大会)
  32. SSDT中止
  33. イベント(大会)
  34. SHOEI MITANI MODEL MATブラック
  35. リザルト関東
  36. イベント(大会)
  37. イベント(スクール)
  38. イベント(スクール)
  39. イベント(スクール)
  40. イベント(大会)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. イベント(大会)
  44. イベント(大会)
  45. イベント(大会)
  46. リザルト近畿
  47. リザルト沖縄

自然山通信スポンサー新情報

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

エトスデザイン

エトスデザインよりMontesa/TRS管理番号プレートと新製品情報

Montesa、TRS、そしてHebo(MFJ公認ヘルメット)の輸入元のエトスデザインより、Montesa日本正規輸入車両の管理番号プレートのお願いと、TRSマット、新型Hebo ZONE4ヘルメットの新製品情報です。

■エトスデザインが取扱うMontesa、TRS日本正規輸入車両の管理番号プレートの申請と車体への添付のお願い。

弊社が正規輸入している車両に関して、弊社独自の管理番号プレートを車体に添付する事となりました。今後は管理番号を基準として、車両保証、補修パーツの供給条件、アフターサービス、レース参加等を含めた全ての公認申請を行いますので、下記の日本正規車両のユーザー様は、購入販売店、又は弊社宛に大変お手数ですが、出来るだけ速やかに管理番号プレートの申請をお願い申し上げます。
◎今回の対象車両:Montesa-300RR(2016モデル~)、Montesa-4Ride(2016モデル~)
◎TRS Raga Model -250/300 (2017モデル~)/ TRS one 250/300 Model (2016モデル~)
尚、Montesa250は現在検討中。
◎申請期日2018年10月30日まで
管理番号プレートの申請方法は、弊社ホームページのメールにてご確認をお願い致します。

問合せ先:有限会社エトスデザイン TEL 078-747-5255
Mail address: Mail@ethos-design.info

■2018年モデルのMONTESAシリーズの価格が決まりました。
価格は昨年モデルと同じ据え置き価格となりました。

2018 Montesa COTA
◎2018 Montesa COTA4RT250  ¥887,000(税込¥957,960)
※17モデルからの変更点:グラフィック変更/マスターシリンダークランプをヒンジの1ボルトクイックタイプへ変更/クラッチマスターとブレーキマスターのインナーピストン&シールの変更により耐久性UP。
2018 Montesa COTA
◎2018 Montesa RACE REPLICA250  定価 ¥979,000(税込¥1,057,320)
※17モデルからの変更点:グラフィックに変更はありません。/マスターシリンダークランプをヒンジの1ボルトクイックタイプへ変更。/クラッチマスターとブレーキマスターのインナーピストン&シールの変更により耐久性UP。/フロントブレーキパッドをスプリング固定式からスプリング+パッドピン固定タイプへ変更。耐久性が向上しました。

2018 Montesa COTA

◎2018 Montesa COTA300RR  定価 ¥1,145,000(税込¥1,236,600)
※17モデルからの変更点:グラフィック変更/アンダーガードをTONI BOUマシンと同デザインへ変更。材質の変更により耐久性UP。/マスターシリンダークランプをヒンジの1ボルトクイックタイプへ変更。(レッドアルマイト仕上げ)/クラッチマスターとブレーキマスターのインナーピストン&シールの変更により耐久性UP。/フロントブレーキパッドをスプリング固定式からスプリング+パッドピン固定タイプへ変更。耐久性が向上しました。/サイドスタンドを鍛造アルミ製へ変更。重量にして約200gの軽量化と耐久性を向上させました。格納時のスイングアームから横への出っ張りを抑え、マスの集中化に貢献。
※COTA4RT250とRACE REPLICA250は12月末を予定しております。
COTA300RRは来年2月頃を予定しております。納期につきましては、生産スケジュールの変更や海上輸送となるため、天候や船便スケジュールの変更により前後しますので、予めご了承ください。

■TRSファクトリーフロアマット  ¥14,800(税込¥15,984)
TRSマット
トライアルレースの必需品、環境対策用フロアマットがTRSブランドで新登場!表面は高圧洗浄機でも丸洗い可能な吸水性の高いポリエステルカーペット、ベースマットは耐油・耐ガソリン性に優れた1.6ミリ厚PVCで裏面は滑り止めのディンプル加工を施しています。また、スタンドの設置マーカーや前後の区別が出来る色付けがこだわりのポイント!MFJ及びFIMレギュレーションに対応する環境マットで最上級の仕様です。現TRSオーナー様はもちろん、2018シーズンのTRSオーナーになる皆様へ是非お使いいただきたい商品です。ショップ様の車両展示にもオススメです。
◎発売:2017年12月中旬予定。
◎サイズ:タテ約2150mm x ヨコ約900mm

■Hebo ZONE4(ゾーン4)◎MFJ公認ヘルメット
世界No.1トニー・ボウ、No.2アダム・ラガ、No.3ハイメ・ブストなど、世界の名だたるトップライダーが愛用するHebo ZONEヘルメット。MFJの試験をクリアした安全性と、超軽量グラスファイバー製で疲れづらく、大型ベンチレーションによりヘルメット内の熱気を効率的に排出。脱着式冷感内装でCOOLにライディングをサポートします。超軽量グラスファイバー帽体、脱着式COOL MAX冷感内装、クイックファスナー式アゴ紐、カバー付大型ベンチレーション、重量950g、サイズSX〜XL

◎TONI BOUレプリカ  ¥32,000(本体価格)
カラー/ホワイト、レッド ※写真はホワイト
Heboヘルメット

◎MONTESA TEAM  ¥30,000(本体価格)
Heboヘルメット

◎EXTREME II  ¥28,000(本体価格)
カラー/ホワイト、レッド、ブラック ※写真はホワイト
Heboヘルメット

◎LINK  ¥28,000(本体価格)
カラー/イエロー、レッド ※写真はイエロー
Heboヘルメット

◎モノカラー  ¥26,000(本体価格)
カラー/ブラック、ホワイト ※写真はホワイト
Heboヘルメット

問合せ先:有限会社エトスデザイン TEL 078-747-5255

関連記事

イベント(大会)

9/22第35回まどろみトライアル

第35回まどろみトライアルの開催について (さらに…)…

イベント(大会)

8/23里山トライアル

第57回里山トライアル大会 (さらに…)…

タデウスとライア、ガスガスに

タデウス・ブラズシアクがガスガスに戻り、すでにガスガスに乗っているライア・サンツとともに、再びガスガスに乗ることになった。これはエンデューロ…

2016高田島ツートラ

9/20高田島ツーリングトライアル

9月20日、ナンバー付トライアルバイクで、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区を徘徊、もとい散策しようというツーリングイベントを開催しま…

9/21高田島庭先コンペティション

9月21日(月曜日・敬老の日)、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区でのクローズドコンペ(ナンバーなしで走れます)を開催します。 …

2020年7月号電子版

自然山通信7月号電子版をご用意しました。 自然山通信をそのまんまPDFにしましたので、おもちの電子端末でお楽しみください。大きな画面で…

自然山通信7月号発売!

自然山通信7月号発売発売開始!今月の特集は『私の初めての、私だけの藤波貴久』と【特集12ページ・回想1985 WEST GERMANY】…

2020年型ガスガスはこのディーラーから販売

ガスガスの、国内販売の枠組みが見えてきた。2020年初頭に輸入元が変わってから準備を進め、ここへきてガスガスモーターサイクルジャパンからディ…

2020世界選手権と全日本選手権

7月になった。予定では開幕戦は4月だったはずだから、かれこれ3ヶ月ほどぼーっと生きていることになるが、6月の末になって、全日本選手権と世界選…

イベント(大会)

7/19里山トライアル

第56回里山トライアル大会 (さらに…)…

ページ上部へ戻る