2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
  1. イベント(大会)
  2. MFJ
  3. イベント(大会)
  4. リザルト中国
  5. リザルト関東
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. リザルト中部
  14. 2017TDN
  15. トライアル・デ・ナシオン
  16. リザルト関東
  17. リザルト中国
  18. 2017お勉強会
  19. リザルト中国
  20. イベント(大会)
  21. イベントリザルト
  22. リザルト中国
  23. リザルト中国
  24. TRJ / MFJ
  25. イベント(その他)
  26. リザルト中国
  27. イベント(大会)
  28. TRJ / MFJ
  29. リザルト中国
  30. イベント(大会)
  31. リザルト中国
  32. リザルト関東
  33. イベント(大会)
  34. イベント(スクール)
  35. イベント(スクール)
  36. リザルト関東
  37. イベント(大会)
  38. TRJ / MFJ
  39. リザルト中国
  40. TRJ / MFJ
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)

トライアル・デ・ナシオン

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2015X-TDN(トニー・ボウ)

X-TDN、日本は5位でした……

 4月3日、フランスはニースで、Xトライアル・トライアル・デ・ナシオンが開催された。
 5カ国のインドアの得意な選手が集められ、TDN同様に国ごとに勝敗を競うこのX-TDN。日本は前回2012年に参加して2位となっているが、今回は同じメンバーで戦い、5位となった。
 優勝はオールクリーンのスペイン、2位がフランス、3位がイギリスとなっている。

2015XTDN日本藤波貴久(左)と小川友幸の日本チーム

 参加しているの5チーム。スペイン、日本、フランス、イギリス、イタリア(前回の順位順)。ライダーはそれぞれ2名が選ばれている。

2015XTDN小川友幸レプソルカラーのワークスマシンを借りて参加のの小川友幸

 1ラップ目の最初は、各チームのどちらかひとりが参加してのスピードセクション。いつものダブルレーンではなく、タイムアタックによる早い者勝ちだ。最速はアルベルト・カベスタニー(スペイン)で23秒。これに肉薄したのが小川友幸。そしてジェイムス・ダビル(イギリス)、アレックス・フェレール(フランス)、マテオ・グラタローラ(イタリア)と続くが、5人のタイム差は2秒内におさまっていた。
 この順位に基づいて、最初にイタリア、続いてフランスとトライしていく。セクションは6セクション。各々のセクションは、二人のチームメンバーのうち、どちらかひとりがトライする。どちらがトライするのかは、チームの采配となる。セクションのレベルには多少のばらつきがあるから、それによって、セクションとライダーの組み合わせを考えていく。

2015XTDNボウ試合というよりデモンストレーション? トニー・ボウ

 こういう作戦がまったく無意味のように見えたのがスペインだ。トニー・ボウ(スペイン)とカベスタニーは、それぞれにあてがわれた3セクションをクリーンして、減点0で1ラップを終えてしまった。ある意味これは計算通りだ。
 スペインには劣ったものの、まんざら負けていない好成績を挙げたのがイギリスだった。トータル減点は3点。これに続いたのはイタリアで4点。Xトライアルに参戦するライダーのいないイタリアがあげたこのスコアは、自他ともにびっくりだった。
 ロリス・グビアン(フランス)とフェレールは、騒々しい自国の応援を受けて大はりきり。しかし8点を失って4位で1ラップ目を終えた。しかし第1セクションでグビアンが5点となったあとは、よくこれをリカバリーしたといえる。

2015XTDN藤波貴久世界選手権復帰第1戦となった藤波貴久はちょっと残念なりの結果

 小川友幸と藤波貴久の日本チームは、5チーム参加のうちの再開の5位で1ラップ目を折り返すことになった。減点は10点。第4セクションでは、藤波がただひとり5点となっていて、この失敗はライバルチームをも驚かせるものだった。
 2ラップ目、やはりスタート順を決めるスピードセクションから始まった。最速はスペイン、そして日本、イギリス、フランス、イタリアとトライ順は1ラップ目と同様だ。

2015XTDNスペインアルベルト・カベスタニー(左)とトニー・ボウ。スペインはとにかく別格

 スペインは1ラップ目と同様、6つのセクションをそれぞれのライダーが3つずつクリーンしてオールクリーン。問答無用の優勝となった。2ラップ目は1ラップ目に使ったセクションを反対側からトライするお約束で、難易度はちょっと増している。
 2ラップ目の大活躍はフランスだった。フランスの2ラップ目の減点はたったの2点。これでフランスは大躍進の2位獲得となった。

2015XTDNダビルベルティゴ開発中のジェイムス・ダビルは、最後まで本領を発揮できていない感じだ

 イギリスは2ラップ目の第2セクションで5点。これがイギリスの手痛い減点となり、チームは3位に。イタリアが減点10点で日本を下して4位となった。
 各セクション、各ライダーの減点は結果表を見ると明らかだが、今回は藤波も小川も本調子とはいいがたいスコアを残している。忙しいスケジュールをぬって、借り物のマシンでの出場となった小川と、リハビリから復帰に向けての肩慣らし段階での藤波と、条件的に厳しいところはあるのだが、あらためて、前回2012年の日本チームの2位は素晴らしい成績だったのだと思い知るところになった。

2015XTDNフランス2位のメダルとともに、ロリス・グビアン(左)とアレックス・フェレールのフランスチーム
2015XTDNイギリスマイケル・ブラウン(左)とジェイムス・ダビルのイギリスチーム
2015XTDNイタリアマテオ・グラタローラ(左)とジャンルカ・トルノールのイタリアチーム
2015XTDN表彰台スペイン、フランス(左)、イギリス(右)の上位3チームによる表彰式

https://www.shizenyama.com/wp-content/uploads/2015/04/2015_x_nice1.pdf

関連記事

スマホのカメラ

今年の夏、iPhone7の調子が悪いと愚痴ったら、杉谷が予備に回していたiPhone12を譲ってくれた。 (さらに…)…

【PRESENT】オリジナル2023壁掛トライアルカレンダー

自然山通信オリジナル「B4壁掛け・2023トライアルカレンダー」無料プレゼント中! (さらに…)…

自然山通信2022年11月号電子版

自然山通信の電子版をお届けします。PDFでのご提供です。 重さゼログラム。電車の中で、アッシーくん運転の助手席で、仕事の書類を読むふりして…

自然山通信11月号発売

自然山通信11月号発売の発売です。2022全日本トライアル選手権R7近畿大会、「トライアル・デ・ナシオン・2022年日本チーム不参加と今…

トライアルGC大会/GCクラスでの昇格の記録

トライアルGC大会、そのGCクラスで国際B級への昇格を果たした選手の一覧です。 GC大会10位までに入ると(2000年以降の場…

第3回高田島庭先コンペティション

順位氏名(ゼッケン)年齢マシンお住まいLap減点ゲートL小計減点タイム減点ゲート競技時間総減点クリーン 1234567891011…

2022年全日本選手権ランキング(独自集計)

2022年全日本選手権ポイントランキングです。MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。 各ラウンドの数字はポイントではなく順位です…

2022全日本R8東北大会全リザルト

2022全日本選手権第8戦東北大会リザルト ●2022年10月23日 ●宮城県柴田郡村田町スポーツランドSUGO 天候:晴れ一…

小川友幸圧勝の最終戦

2022年最終戦は、いつものように(といっても一昨年の最終戦は近畿だった)スポーツランドSUGOでの開催だった。 (さらに&…

イベント(大会)

202210/18

12/25里山忘年トライアル大会

○里山忘年トライアル大会  開催日:2022年12月25日(日) (さらに…)…

ページ上部へ戻る