2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  1. イベント(大会)
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. TRJ / MFJ
  5. TRJ / MFJ
  6. 2017お勉強会
  7. イベント(大会)
  8. リザルト関東
  9. イベント(大会)
  10. イベント(スクール)
  11. イベント(スクール)
  12. リザルト関東
  13. イベント(大会)
  14. TRJ / MFJ
  15. TRJ / MFJ
  16. イベント(大会)
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. リザルト関東
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. リザルト中国
  23. MFJトライアル
  24. リザルト東北
  25. リザルト関東
  26. リザルト関東
  27. リザルト中国
  28. イベント(大会)
  29. TRJ / MFJ
  30. TRJ / MFJ
  31. TRJ / MFJ
  32. MFJトライアル
  33. リザルト関東
  34. TRJ / MFJ
  35. リザルト中国
  36. リザルト関東
  37. トライアル・デ・ナシオン
  38. 2017TDN
  39. リザルト関東
  40. イベント(その他)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(その他)
  43. イベント(大会)

トライアル・デ・ナシオン

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

トライアル・デ・ナシオン

2015TDN日本チーム決まる

 2015年トライアル・デ・ナシオン(TDN)に参加する日本チームのメンバーが決まった。TDNは9月19日〜20日にスペインのタラゴナで開催される。
 選ばれた代表選手は藤波貴久、小川友幸、小川毅士、柴田暁。今年は女子チームの参加は見送られている。

desnasions_fjinami

 日本の男子チームがTDNに出場するのは2011年イタリア大会以来。2010年、2011年と、日本チームは世界選手権クラス(Aクラス)最下位に甘んじている。TDN参加には選手会の募金活動などで遠征費用の支援が行われているが、ライダーの持ち出し部分も多く、毎年同じライダーが遠征するのは資金的に酷なことになるという背景もあり、参加のできるライダーを募ってのチーム体制となった2年間だったが、世界選手権クラスで上位を狙うのはむずかしかった。
 世界選手権を20年にわたって参戦し続けている藤波貴久をはじめ、黒山健一、小川友幸、野崎史高、小川毅士ら、ヨーロッパに渡って世界選手権を転戦した経験のあるライダーが多数いて、日本GPでも海外のポイントランカーを尻目にポイントをゲットするライダーの多い日本だが、2008年アンドラ大会で2位入賞して以来、上位の成績はおさめられていない。

desnasions_ogawa

 日本からライダーが遠征する場合、もっとも懸案となるのがマシンだ。本当なら全日本選手権で使っている愛車をそのまま運んでいければいいのだが、9月のTDNの時期は全日本選手権のスケジュールも目白押しで、長期にマシンが手元を離れるのは不安も多い(それでも2015年は全日本中国大会からTDNまで2週間、TDNから全日本中部大会まで3週間開いていて、タイミングは悪くなかった)。現実的にはヨーロッパでマシンをレンタルし、可能な限り日本のセッティングを繁栄できるよう、最小限のパーツを持参する段取りとなる。2015年は野崎史高もスコルパTWENTY300と同型のヤマハマシンに乗っているので、チャンスは広がっていた。
 野崎は連絡のいきちがいがあったようで、今回の参加は実現しなかったのは残念きわまりないが、藤波貴久をはじめ、日本のトップ5までの4人が代表選手として参加できることになった。

desnations_tsuyoshi

 小川友幸は、ファクトリーマシンのテストを担当していることもあり、藤波貴久のスペアマシンをレンタル。すでにインドアTDNなどでも実績のある参戦方法だ(ただし藤波と小川では、セッティングがまったくちがうので、小川としては100%の参戦形態とはいえないのかもしれない。これはほかの選手も同様だ)。小川友幸のマインダーには、田中裕人がつくことになるという。
 小川毅士はベータ本社でマシンをレンタルして、できる限りのセッティングを施して参戦することになる。マインダーは全日本同様に宮崎航が渡欧する。

desnations_shibata

 4人目の柴田暁は、2011年に続いて2回目の代表選手となる。マインダーは国際A級スーパーのルーキー、吉良祐也が担当するという。ヨーロッパでの参戦経験は、たとえマインダーといえど得るものは多いのではないだろうか。
 チーム監督は、トライアル選手会代表で、TDN参戦に尽力し、経験も豊富な小谷徹が務めることになっている。

 なお自然山通信では、WEBショップでDVDなどをご購入いただいたり年間購読を申し込み、更新いただいた際に、いくらかよけいにご入金いただくことで、TDN募金としてお預かりするしくみを長いこと続けています。大規模な募金活動はできませんが、小さな活動でも続けていくことも重要だと思っています。こちらも、どうぞよろしくお願いします。

■MFJの公式発表

関連記事

イベント(大会)

8/21第80回里山トライアル

○第79回里山トライアル大会  開催日:2022年8月21日(日) (さらに…)…

イベント(大会)

7/10里山初級者トライアル大会

○里山初級者トライアル大会  開催日:2022年7月10日(日) (さらに…)…

イベント(大会)

7/3ファミリートライアルのお知らせ!

急ですが、中止となった「トムスカントリー」の代わりに「ファミリートライアル」を開催することになりました! (さらに…)…

自然山通信2022年6月号電子版お届けしますー

印刷して製本された自然山通信はすでに皆様のお手元に発送させていただきましたが、こちらはPDFで配信する電子版です。 お手元の電子機器、…

2022年版トライアルGPの楽しみ方

本日、いよいよ開幕する世界選手権「トライアルGP」。どうやって楽しんだらいいのかわからないからちゃんと紹介しろというお声をいただいたので、ち…

小川毅士、武田呼人、日本人のT2
世界選手権開幕直前情報

今週末、いよいよ世界選手権、トライアルGPが開幕する。6月の開幕は、記憶の限り、最も遅い開幕になる。土曜日、日曜日の2日間制、開幕戦はスペイ…

自然山通信6月号発売!

自然山通信6月号発売中!SSDT(スコットランドの6日間トライアル)でドギー・ランプキンが13回目の勝利。そしてSSDTに初めて電動バイクが…

TRJ / MFJ

2022年全日本選手権ランキング(独自集計)

2022年全日本選手権ポイントランキング(第3戦関東大会終了現在)です。 MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。各ラウンドの数字…

TRJ / MFJ

2022全日本選手権第3戦関東大会リザルト

2022全日本選手権第3戦関東大会リザルト ●2022年6月5日 ●栃木県茂木町モビリティリゾートもてぎ 天候:曇りのち晴れの…

小川友幸の逆襲。2022全日本第2戦九州大会

開幕戦中部大会から3週間、全日本選手権は九州へとやってきた。会場となった熊本県矢谷渓谷キャンプ場は、6年ぶりの全日本開催となる。キャンプ場に…

ページ上部へ戻る