2020年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
  1. TRIAL動画チャンネル
  2. MFJトライアル
  3. イベント(大会)
  4. 2017お勉強会
  5. イベント(スクール)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. リザルト中国
  11. 2020.04.05

    福島市へ行く
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. リザルト四国
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. リザルト沖縄
  22. イベント告知
  23. 2020XTDN延期
  24. イベント(大会)
  25. SSDT中止
  26. イベント(大会)
  27. SHOEI MITANI MODEL MATブラック
  28. リザルト関東
  29. イベント(大会)
  30. イベント(スクール)
  31. イベント(スクール)
  32. イベント(スクール)
  33. イベント(大会)
  34. イベント(大会)
  35. イベント(大会)
  36. イベント(大会)
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. リザルト近畿
  40. リザルト沖縄
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. リザルト関東
  44. イベント(その他)
  45. イベント(大会)
  46. イベント(大会)
  47. リザルト沖縄
  48. イベント(大会)
  49. イベント(その他)
  50. リザルト関東

トライアル・デ・ナシオン

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2005トライアル・デ・ナシオン

2005トライアル・デ・ナシオン
日本チームの戦い
 男性チーム、トップ争いのしのぎを削った結果、天候の急変に勝機を奪われ3位獲得。
 女性チームは、昨年、あと一歩で勝利をのがした雪辱を果たすべく挑んだものの、ドイツ、イギリス、スペインなど、昨年不調だった有力チームの巻き返しの前に苦戦、しかし世界の強豪と真っ向から戦っての4位を獲得。
みなさまのご厚意で参加が実現したトライアル・デ・ナシオンが、今年も無事終了しました。
 2005年トライアル・デ・ナシオンは、イタリアのトリノの西、ウインタースポーツのメッカであるセストリエーレで開催されました。土曜は晴天、日曜も、日本チームが1ラップ終盤にさしかかるまでは、好天に恵まれての大会でした。


 日本の代表選手は、藤波貴久、黒山健一、野崎史高、渋谷勲。昨年のメンバーから、2名が入れ替わっていて、渋谷はこれがはじめてのTDN代表です。現在の日本選手層は、 より好成績を目指して選手を入れ替えられるだけ、層が厚いということです。レディースは萩原真理子、西村亜弥、高橋摩耶。このメンバーは、去年と変わりません。
 土曜日がレディースで日曜日がボーイズ これに先立ち金曜日にはレディース・ワールドカップが開催され、3人の日本代表選手もみなこれに参加しました。この日程も、すっかり定着したTDNスケジュールです。
 レディースのワールドカップとデ・ナシオンは、昨年同様、10セクション2ラップのクォリファイラップを経たあと、4セクション2ラップのファイナルラップで勝敗を決します。個人戦もチーム戦も、まずはファイナルに進出することが午前中の目標となります。個人戦の高橋摩耶がクォリファイ敗退した以外は、萩原真理子、西村亜弥、日本チームともにファイナルに進出しました。TDNでファイナルに進出したのは、日本をはじめ、フランス、ドイツ、イギリス、スペインの5チームでした。
 2004年は、スペインチームのナンバー2がコース移動中に転倒負傷し戦線を離脱するなどのアクシデントがありましたが、今年のスペインは順当にセクションをこなしていきます。しかしそれ以上にチームの堅い結束力を持って勝利に突き進んだのが、ドイツとイギリスでした。ドイツのイリス・クラマーは世界ナンバー2の実力を持つライダーですが、2004年は負傷のため世界選手権参戦を断念していました。ほかの2名も、まだまだ若いライダーで、まだまだ優勝最右翼とはいえないチーム。イギリスも、個人の戦力的には優勝までにはいささか距離がありそうなチームです。しかしこの2チームがスペインをあっさり下して、1点差でドイツが勝利。日本は2004年の優勝チーム、フランスには大差をつけ、しかしスペインには届かずの4位となりました。
 男性陣は、序盤のイギリスのリードから、中盤には日本がポイントでリードを奪うなど、スペイン、イギリス、日本のまさに三つ巴の戦いとなりました。この数年のTDNの中で、もっとも各チームが真っ向から勝負している感じです。
 天候が急変したのは日本が1ラップ目の15セクションあたりをトライ中(TDNでは、1ラップが18セクション、これを2ラップします)。スタート順は、上位3チームの中ではスペインが早く、続いて日本、イギリスが最後となっています。2ラップ目は、おおむね雨の中の戦いとなりましたが、その中でも微妙なコンディションの変化などあり、天候の急変と試合運びの運不運が明暗を分けた感もある今回のTDNでした。さらに日本は、1ラップ目に7点のタイムオーバー減点も喫していて、最終結果はスペイン、イギリスに次いでの3位となりました。
結果的には毎年同じ3位ですが、今回は優勝争いにからんでの3位ということで、選手にはしっかりとした手応えがあったようです。
 日本の存在を世界にアピールする日本チームの挑戦に、どうぞ今後ともご協力ください。
 そして、ありがとうございました。

関連記事

お待たせ! 自然山通信2020年6月号電子版

自粛自粛、おうちで踊ろうばっかりの世の中、トライアルもテレワークでつながってみました、というお話しを特集してみました。 ご購入いただき…

自然山通信6月号発売!

自然山通信6月号発売のお知らせです。今月の特集は「今どきのテレワーク・トライアル」と世界選手権参戦25年を迎えたフジガスこと藤波貴久選手のの…

プロターとの思い出、プロヴィーニさんとの思い出

ちょっと探し物をしていた時に(なぜか娘の家で)発掘されたなにやらの賞状らしきもの。なんだろうね、これ?? とすっかり記憶が失せていたのだけど…

MFJトライアル

全日本関東大会の日程変更とGC大会の中止他

COVID-19による全面自粛騒動から一歩進んで、これから、ちょっとずつ日常に戻ってくる。それに合わせて、イベントスケジュール情報もいろいろ…

ガエルネ・バランスクラシック新色発売!

マシンとの一体感を極限まで高めた、究極のマン=マシンバランスを実現。進化を遂げたガエルネ最高峰トライアルブーツ「BALANCE CLAS…

日本GPは結局中止、TDNも中止に

COVID-19による大会中止、その新たなお知らせ。犬が人を噛んでもニュースにならないように、ニュースにするなら大会が開催される! というお…

野崎史高のファイナル・セロー

ヤマハのロングセラーのセローの開発終了となり、セローファイナルエディションが発表されて現在発売中なのはご存知の通りだけど、このたび、野崎史高…

イベント(大会)

メッツカップ第2戦も中止に

メッツカップ第2戦(7月5日・会場オフロードパークSHIRAI)は、残念ですが中止いたします。 (さらに…)…

7月12日の全日本北海道大会は中止

全日本選手権シリーズは、COVID-19の影響で開幕が遅れているが、ここまで事実上の開幕戦となることになっていた北海道大会の中止が発表された…

TrialGP、イタリアとイギリスも延期

世界的にCOVID-19の騒ぎがなかなかおさまらない。2020年トライアルGPは、すでに6月の大会まで延期が決まっているが、5月2日にはさら…

ページ上部へ戻る