2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  1. TRIAL動画チャンネル
  2. 2016高田島ツートラ
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. 2017お勉強会
  8. イベント(大会)
  9. MFJトライアル
  10. イベント(大会)
  11. イベント(スクール)
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. リザルト中国
  17. 2020.04.05

    福島市へ行く
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. リザルト四国
  24. イベント(大会)
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)
  27. リザルト沖縄
  28. イベント告知
  29. 2020XTDN延期
  30. イベント(大会)
  31. SSDT中止
  32. イベント(大会)
  33. SHOEI MITANI MODEL MATブラック
  34. リザルト関東
  35. イベント(大会)
  36. イベント(スクール)
  37. イベント(スクール)
  38. イベント(スクール)
  39. イベント(大会)
  40. イベント(大会)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. イベント(大会)
  44. イベント(大会)
  45. リザルト近畿
  46. リザルト沖縄
  47. イベント(大会)
  48. イベント(大会)

その他情報

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

1501rc213vreprica

20151/8

競技マシンのお値段

1501rc213vreprica2

 ホンダが2000万円のオートバイを売り出すということで、ふつうの新聞とかが驚きを込めてとりあげて、庶民の方たちがびっくりしている。2000万円といったら、こりゃ逆立ちを百回くらい繰り返しても買える額ではない。すごいなぁと思いながら、ふとトライアルマシンは、なんて安いんだろうと思ってしまったのだった。

 このマシンは、MotoGPでタイトルを獲得したRC213Vを、ほぼそのまんま公道走行用にしたもので、似ているとかそういうレベルではなくて、MotoGPマシンそのものといっていいものらしい。
 レース界にはホモロゲーションというものがあって、なんとかというクラスに参加するマシンは何台以上の市販がされていることが条件、なんて制約があったりする。そうじゃないと、1台こっきりのスペシャルマシンがあっちからもこっちからも出てきて、レース活動の予算はふくれる一方だからだ。この2000万円も、そういうホモロゲーション対策の一環かもしれないけど、最近はロードレースのことにはとんとうといので、真相はさっぱりわからない。わかっているのはそのスペックがものすごいホンモノであることと、お値段が高くてとうてい買えないという、その2点だけだ。
 ホンダは、2014年からRCC1000Rという、RC213VレプリカのMotoGPマシンを世に出している。レース活動を安価におさえるための、高度な戦闘力を持った市販レーサーというわけなのだけど、何台かのマシンとエンジンのメンテナンスなどを全部こみにして、1億円とかの投資になるということだ。これまたぶっとぶお値段だけど、MotoGPでの勝利の権利をつかむためには、高くない投資なのだと思う。
 さて、レースングマシンの価値観がそういうふうにスライドしたところで、トライアルマシンのお値段を見てみる。いまやトライアルマシンはすっかり高くなっちゃって、100万円の大台に上ったものもちらほらある。大半は80万円くらい。安くない。というか、高い。
 しかし一方、ざっと100万円のマシンを買ってきてそのマシンのオーナーになると、どんな権利(というか可能性)を与えられるのか、考えてみる。トライアルの場合、100万円ほどのマシンを買ってくると、世界選手権を勝てるとはいわないけど、マシンのポテンシャル的にはますまず走ることができる。MotoGPだったら、これがだいたい3000万円とか4000万円くらいになるんじゃないだろうか。
 ロードレースなら3000万円のものが、トライアルなら100万円。これはもう大バーゲンだ。トライアルマシンが高いだなんて、言ってほしくない。唯一、そして最大の問題は、ぼくたちのお財布に100万円があるかどうかと言うことだ。
 最近のトライアルマシンのラインアップを見ると、ベータやガスガスにはレーシングモデルがあって、世界選手権を走るのにポテンシャルを強化したいパーツが最初から組み込まれているものも売られているけど、これだって値段が倍になることはない。さすがに世界選手権のトップクラスのライダーになると、ぶら下がりの市販バイクに乗せられたんじゃおもしろくないみたいで、いろいろ手が加えられていたり、モンテッサにいたっては(外観はよく似ているけど)まるでベツモノのエンジンが積まれている。このファクトリーマシンのモンテッサのお値段を聞いてみると、はっきり答えてくれる人はほとんどいないんだけど、みんなの意見を総合すると、おそらくだいたい数千万円になるんじゃないかということで、しかしそれが世界チャンピオンマシンだから、MotoGPのマルク・マルケス号がいくらしちゃうのかを考えると、やっぱり大バーゲンにちがいない。
 つまりトライアルを楽しむぼくたちは、とってもいい環境で楽しめているんじゃないかしらん。
 それにしてもお財布の問題以上に大きな問題は、トライアルマシンを買おうと思うと、MotoGPでいえばトップクラスを争える競争力を持つすごいのしかなくて、ふつうのツーリングバイクみたいな存在のものがないということだなぁ。過去の歴史からして、中途半端なトライアルマシンを世に出すと、トライアルジャーナリスト(ぼくたちか!)や関係者から使い物にならないニセモノ呼ばわりされてしまってお気の毒。ちゃんとしたものを作るとなると100万円。オートバイを作る人の苦労もちょっとはわかってあげたうえで、ぼくらはなけなしのお金をはたいてトライアルマシンを買うことにいたしましょう。

関連記事

2016高田島ツートラ

9/20高田島ツーリングトライアル

9月20日、ナンバー付トライアルバイクで、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区を徘徊、もとい散策しようというツーリングイベントを開催しま…

9/21高田島庭先コンペティション

9月21日(月曜日・敬老の日)、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区でのクローズドコンペ(ナンバーなしで走れます)を開催します。 …

2020年7月号電子版

自然山通信7月号電子版をご用意しました。 自然山通信をそのまんまPDFにしましたので、おもちの電子端末でお楽しみください。大きな画面で…

自然山通信7月号発売!

自然山通信7月号発売発売開始!今月の特集は『私の初めての、私だけの藤波貴久』と【特集12ページ・回想1985 WEST GERMANY】…

2020年型ガスガスはこのディーラーから販売

ガスガスの、国内販売の枠組みが見えてきた。2020年初頭に輸入元が変わってから準備を進め、ここへきてガスガスモーターサイクルジャパンからディ…

2020世界選手権と全日本選手権

7月になった。予定では開幕戦は4月だったはずだから、かれこれ3ヶ月ほどぼーっと生きていることになるが、6月の末になって、全日本選手権と世界選…

イベント(大会)

7/19里山トライアル

第56回里山トライアル大会 (さらに…)…

イベント(大会)

8/2ケニーズクラブ30周年記念大会

皆様のおかげで30年続けることが出来ました。感謝感謝。つきましては節目となるささやかな大会と記念品を用意し、お待ち申し上げます。 時節…

イベント(大会)

7/26 Gattiスクール杯

7年ぶりに開催決定!!からコロナの影響受けキャンセルに……。しかし再び開催決定です。 ゆるーいクラス~実戦クラスまで対応したセクション…

ダブルハピネスかわうち

川内村には、2016年にできた商業施設がある。そこに、この5月から汁なし坦坦麺が食べられる食堂が開店した。 (さらに……

ページ上部へ戻る