2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  1. TRIAL動画チャンネル
  2. MFJトライアル
  3. KLX230skidplate
  4. 2019.11.21

    地球温暖化?
  5. MFJトライアル
  6. イベント(その他)
  7. リザルト中国
  8. リザルト中国
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. MFJトライアル
  15. リザルト近畿
  16. リザルト中国
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. 2019.10.13

    台風一過
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. リザルト関東
  24. イベント(大会)
  25. イベント(その他)
  26. MFJトライアル
  27. 2017TDN
  28. トライアル・デ・ナシオン
  29. リザルト関東
  30. リザルト東北
  31. リザルト中国
  32. リザルト関東
  33. リザルト九州
  34. リザルト中国
  35. リザルト沖縄
  36. MFJトライアル
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. イベント(大会)
  40. イベント(大会)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. リザルト中国
  44. リザルト東北
  45. イベント(大会)
  46. イベント(大会)
  47. リザルト中部
  48. リザルト四国
  49. 2019.08.02

    最近の星空
  50. イベント(大会)
  51. イベント(大会)
  52. リザルト九州
  53. リザルト沖縄
  54. 140ccボアアップセット
  55. リザルト関東
  56. ワンタッチゼッケンプレートブラック
  57. MFJトライアル
  58. リザルト中国
  59. リザルト関東
  60. リザルト九州

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

シェルコからのニュース

2007カベスタニー
Photo:Sherco Moto

 シェルコ・モトからニュースリリースが届いている。

1.インドア世界選手権で終盤戦好調のアルベルト・カベスタニー
2.ダニエル・ジベールの初表彰台
3.ロリス・グビアンの初インドア
4.シェルコに新しいオイルスポンサー

 シェルコはトップカテゴリーを戦うカベスタニーから、シェルコアカデミーとして名もなくテクニックもないライダーまで幅広くカバーしていて、プレスリリースの話題も幅広い。



●カベスタニー、インドア選手権で活躍中

 2006年暮、アルベルト・カベスタニーはインドア・スペイン選手権で、激しいタイトル争いを繰り広げた。その戦いぶりは、2007年のカベスタニーの活躍の予兆であり、タイトル獲得がきわめて現実的だということをしらしめた。
 2007年、しかしカベスタニーにはいきなりの不運が襲った。インドア世界選手権の開幕戦、チタニウム製のサスペンションが競技中に故障、競技をリタイヤせざるを亡くなってしまったのだ。さらにバルセロナで低迷して、カベスタニーに復調の目はないかに思われた。
 ミラノで、カベスタニーが本来持っているべき実力を見せてくれた。ミラノでカベスタニーは、生まれたばかりの愛娘に勝利を捧げることができたのだ。トニー・ボウはもはや大きなリードを築いていたが、ボウを少しでも追いつめ、ランキング2位を獲得すべく、カベスタニーの戦いはようやく本格的にはじまったといっていい。
 カベスタニーは、世界無二の優秀なライダーである。それは、3月にスペインのコルドバでスタートするアウトドア選手権で、より明白になるだろう。

●ダニ・オリベラス、シェルコで初の表彰台

 2007年、シェルコにマシンをスイッチしたダニ・オリベラス(Dani Oliveras。2006年ユース125チャンピオン。今までダニエル・オリベラスと呼んでいたけど、シェルコはダニと省略形で呼ぶらしい。2004年のユースチャンピオン、ダニエル・ジベールとまぎらわしいから?)はフランスのポーのインターナショナル大会に参加した。マシンはシェルコ2.9。
 ダニは素晴らしいパフォーマンスを発揮し、ドギー・ランプキンにわずか1ポイント多いだけの3位表彰台を得た。
 この結果は、間もなくはじまるアウトドア世界選手権シリーズに、大きな期待を感じさせるものだ。シェルコの若い才能からは、目が離せない。

「チームとぼくの新しいオートバイの性能には、とっても満足。今は、とってもわくわくしながら新しいシーズンを待っているところ。シーズンが終わったとき、いい結果が出ているといいなと期待している」

 なおこのポーの大会では、クリストフ・ブルオンが4ストロークのシェルコ4を走らせ、5位を得ている。こちらも開発が急テンポで進んでいる。

Indoor International Trial of Pau final classification
Pos. Rider Machine Penalty
1 ジェロニ・ファハルド ベータ 11
2 ドギー・ランプキン モンテッサ 13
3 ダニ・オリベラス シェルコ 14
4 マルク・フレイシャ スコルパ 15
5 クリストフ・ブルオン シェルコ 22
6 ジェローム・ベシュン ベータ 23

●ロリス・グビアン、インドア世界選手権にデビュー

2007グビアン
ロリス・グビアン

 フランスの若手ロリス・グビアンは、マルセイユ大会で、インドアトライアル世界選手権のデビューを果たした。この選手権は、誰でも参加できるものではない。難関セクションを走破できる可能性を持った、一握りのライダーにのみ声がかかって参加が許される。結果的には、このトップレベルのセクションは、若いライダーがおいそれと走りきれるものではないということが判明したのだが、インドアの名手たちとともに戦うことで、若い才能は大きな刺激を受けたようだ。この大会、シェルコのエースライダーであるアルベルト・カベスタニーは2位に終わっている。


●Minerva Oil 、シェルコのスポンサーへ

Minerva Oil

 シェルコ・モトの公式スポンサーとしてMinerva Oilがつくことになった。
 Minerva Oilはフランスのオイルメーカーで、1934年に設立されている。今後は、レース用の特別製オイルの開発なども含め、連携を深めていくことになる。

関連記事

2019年12月号電子版できましたー

Honda Thanks Day、全日本最終戦、グラチャンにX-TRIALといえばシーズンの終わりと新しいスタートの季節です。今回は2019…

自然山通信12月号発売中!

Honda Thanks Day、全日本最終戦、グラチャンにX-TRIALといえばシーズンの終わりと新しいスタートの季節です。今回は2019…

MFJトライアル

2020MFJスケジュール

2020年全日本カレンダーが決定した。2019年同様、全日本選手権は7戦が組まれていて、世界選手権はツインリンクもてぎで第2戦として日本GP…

自然山通信オリジナル「壁掛け・2020トライアルカレンダー」プレゼント中!

2020年自然山通信謹製壁掛けオリジナルトライアルカレンダー完成しました。恒例のプレゼント開始しました! (さらに…)…

KLX230skidplate

KLX230用スキッドプレートとトレッキングシートで「トレッキング戦闘力」アップ!

ぱわあくらふとより、KAWASAKI KLX230の戦闘力を上げる「Rikizoh スキッドプレート」と、足つき性を良くする「Rikizoh…

宇宙船の落ちた町

先日、福島第一と福島第二原発の視察というか見学にでかけた。そのとき、いっしょに原発に入った仲間に、根本聡一郎さんがいた。この本の著者だ。 …

Xトライアル2020開幕!

2019年11月にして、早くも2020年のX-TRIALシーズンが始まった。11月16日、インド洋のレユニオン(フランス)での開幕戦は、やっ…

201911/21

地球温暖化?

やっぱり地球は温暖化しているのか、それともただおかしくなっているのか、ここ最近、うちの近所で見られた自然現象はこんなでした。 (さら…

2020年のXトライアル

今年も、アウトドアのシーズンが終わって、Xトライアル(インドア)のシーズンが始まる。いつもなら年が明けてからだけど、今年は11月に2戦が組ま…

自然山通信2019年11月号電子版出来

自然山通信11月号の電子版をご用意しました。オールカラー60ページを、お手持ちのパソコンやタブレット端末やスマートフォンなどの電子端末でお楽…

ページ上部へ戻る