2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  1. TRIAL動画チャンネル
  2. MFJトライアル
  3. KLX230skidplate
  4. 2019.11.21

    地球温暖化?
  5. MFJトライアル
  6. イベント(その他)
  7. リザルト中国
  8. リザルト中国
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. MFJトライアル
  15. リザルト近畿
  16. リザルト中国
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. 2019.10.13

    台風一過
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. リザルト関東
  24. イベント(大会)
  25. イベント(その他)
  26. MFJトライアル
  27. 2017TDN
  28. トライアル・デ・ナシオン
  29. リザルト関東
  30. リザルト東北
  31. リザルト中国
  32. リザルト関東
  33. リザルト九州
  34. リザルト中国
  35. リザルト沖縄
  36. MFJトライアル
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. イベント(大会)
  40. イベント(大会)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. リザルト中国
  44. リザルト東北
  45. イベント(大会)
  46. イベント(大会)
  47. リザルト中部
  48. リザルト四国
  49. 2019.08.02

    最近の星空
  50. イベント(大会)
  51. イベント(大会)
  52. リザルト九州
  53. リザルト沖縄
  54. 140ccボアアップセット
  55. リザルト関東
  56. ワンタッチゼッケンプレートブラック
  57. MFJトライアル
  58. リザルト中国
  59. リザルト関東
  60. リザルト九州

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ボウ、インドアの新チャンピオンに

トニー・ボウ(メノルカ)

 トニー・ボウ(モンテッサ/スペイン)が、2007年のインドア世界選手権チャンピオンを決定した。
 2月24日スペイン、メノルカ島で開催されたインドア世界選手権第7戦。ボウは2位に入り、シリーズポイントを59点とした。今回優勝したのはアルベルト・カベスタニー(シェルコ/スペイン)で、今回の勝利でシリーズポイントを49に伸ばしランキング2位に浮上した。
 シリーズの残りは1戦。最終戦でカベスタニーが勝利し、ボウが仮に出場しなかったとしても、同点優勝回数の差でボウのランキングトップは揺るぎなく、1戦を残してボウのタイトルが決定した。
 藤波は4位。ファハルドが、手首を骨折したという情報あり。

ボウの胴上げ
胴上げされるボウ

 ボウは、レプソル・モンテッサ・HRCチーム初年度にして、しかもマシン乗り換え早々にして、初タイトルをものにした。近いうちにボウがチャンピオンになるのを疑っているものは皆無だったが、このシーズンで早くもチャンピオンになってしまうとは、なかなか想像しにくいことだった。同時にこのタイトルは、21世紀の4ストロークマシンが初めて得た世界タイトルでもあった。
 ボウは1986年10月17日生まれ。20歳になりたての若手。インドアのチャンピオンとしては、1995年、マルク・コロメの20歳7ヶ月が最年少だったが、20歳4ヶ月のボウは、この記録を塗り替えたことになる。
 今回のクォリファイラップのセクションは、トップ3にとっては簡単だったのか、3人ともオールクリーンに近いスコアで走りきってしまった。ボウとカベスタニーが減点1、藤波貴久(モンテッサ/日本)にダブルレーン・レースで敗れたアダム・ラガ(ガスガス/スペイン)が減点2。藤波は不運な5点を含み、3つの5点をとって、またも4位という不本意な“定位置”に落ち着いた。
 ジェロニ・ファハルド(ベータ/スペイン)は、クォリファイラップを10点で終えて、藤波を上回るスコアを残していたのだが、最後のセクションを出る時の飛び降りでクラッシュ。この際に、どうやら左手首を骨折してしまった模様で、藤波とのダブルレーン・レースをキャンセル。これで藤波の4位が決定したわけだ。
 藤波のランキング4位はほぼ確定。ファハルドも最終戦への出場はむずかしいので、ドギー・ランプキン(モンテッサ/イギリス)のランキング5位もほぼ確定となっている。

カベスタニー(メノルカ)
2勝目のカベスタニー

 ファイナルラップは、クォリファイラップとは一転して難易度があがった。登るか落ちるかの勝負が続いたが、なんセクションをひとつ他よりも多く攻略したカベスタニーが勝利を獲得。カベスタニーは、これでこのシーズン2勝目。
 ボウとアダム・ラガ(ガスガス・スペイン)の2位争いは、ダブルレーン・レースで1勝1敗だったラガに対して、2勝のボウが勝利した。わずか1点差の2位争い。優勝から3位までも、たった3点差だった。
 ボウのタイトルと、ランキング4位以下がほぼ確定的となって、最終戦マドリッドを前に、おおかたの戦いは決着が着いてしまった彼のインドアトライアルだが、しかし今回、カベスタニーが勝利したことで、ランキング2位はカベスタニーのものとなった。ラガは2点差でランキング3位。チャンピオンは決定したが、元チャンピオン同士のランキング2位争いは、なかなか注目に値する。

<トニー・ボウのコメント>
「待ちに待った世界チャンピオン。この日が来るのを待ってたんだ。ただ、タイトル獲得を目前にしての緊張で、ファイナルラップはいつもの調子が出せなかった。最終戦のマドリッドでは、この借りを返して、チャンピオンとしての走りをして、勝ってタイトルに華を添えたい」

<アルベルト・カベスタニーのコメント>
「今回タイトルを獲得したトニーをまず祝福したい。 それから、シリーズの大事な局面で勝利できて、たいへんうれしい。最終戦で、ランキング2位をかけて戦うが、全力で戦って、良い結果を残したい」

ラガ(メノルカ)
ランキング3位に脱落したラガ

<アダム・ラガのコメント>
「今シーズンのぼくは、タイトルを取れるような状況になかったね。トニーはよい仕事をした。それが正しく結果に出ている。こういう結果が出たら、今はこの選手権のことは早く忘れて、自分のベストを取り戻せるように、集中していきたいところだ。そうすれば、勝利とタイトルはついてくるさ」

次戦は3月17日の土曜日、スペインはマドリッドのPalacio de los Deportesスタジアムでの最終戦。タイトルは決まったが、ランキング2位争いがたいへんし烈だ。

ファイナル
Pos. Rider Machine Point
1 Albert Cabestany Sherco 23
2 Toni Bou Montesa 25
3 Adam Raga Gas Gas 26
クォリファイ
Pos. Rider Machine Point
1 Toni Bou Montesa 1
2 Albert Cabestany Sherco 1
3 Adam Raga Gas Gas 2
4 Takahisa Fujinami Montesa 15
5 Jeroni Fajardo Montesa 15
6 Dougie Lampkin Montesa 21
7 Tadeusz Blazusiak Beta 29
世界選手権ランキング
Pos. Rider Machine Point
1 Toni Bou Montesa 59
2 Albert Cabestany Sherco 49
3 Adam Raga Gas Gas 47
4 Takahisa Fujinami Montesa 37
5 Dougie Lampkin Montesa 30
6 Jeroni Fajardo Beta 30
7 Tadeusz Blazusiak Beta 8
8 Shaun Morris Beta 4
9 Jerome Bethune Beta 2
10 Fabio Lenzi Montesa 1
11 Loris Gubian Sherco 1

関連記事

2019年12月号電子版できましたー

Honda Thanks Day、全日本最終戦、グラチャンにX-TRIALといえばシーズンの終わりと新しいスタートの季節です。今回は2019…

自然山通信12月号発売中!

Honda Thanks Day、全日本最終戦、グラチャンにX-TRIALといえばシーズンの終わりと新しいスタートの季節です。今回は2019…

MFJトライアル

2020MFJスケジュール

2020年全日本カレンダーが決定した。2019年同様、全日本選手権は7戦が組まれていて、世界選手権はツインリンクもてぎで第2戦として日本GP…

自然山通信オリジナル「壁掛け・2020トライアルカレンダー」プレゼント中!

2020年自然山通信謹製壁掛けオリジナルトライアルカレンダー完成しました。恒例のプレゼント開始しました! (さらに…)…

KLX230skidplate

KLX230用スキッドプレートとトレッキングシートで「トレッキング戦闘力」アップ!

ぱわあくらふとより、KAWASAKI KLX230の戦闘力を上げる「Rikizoh スキッドプレート」と、足つき性を良くする「Rikizoh…

宇宙船の落ちた町

先日、福島第一と福島第二原発の視察というか見学にでかけた。そのとき、いっしょに原発に入った仲間に、根本聡一郎さんがいた。この本の著者だ。 …

Xトライアル2020開幕!

2019年11月にして、早くも2020年のX-TRIALシーズンが始まった。11月16日、インド洋のレユニオン(フランス)での開幕戦は、やっ…

201911/21

地球温暖化?

やっぱり地球は温暖化しているのか、それともただおかしくなっているのか、ここ最近、うちの近所で見られた自然現象はこんなでした。 (さら…

2020年のXトライアル

今年も、アウトドアのシーズンが終わって、Xトライアル(インドア)のシーズンが始まる。いつもなら年が明けてからだけど、今年は11月に2戦が組ま…

自然山通信2019年11月号電子版出来

自然山通信11月号の電子版をご用意しました。オールカラー60ページを、お手持ちのパソコンやタブレット端末やスマートフォンなどの電子端末でお楽…

ページ上部へ戻る