2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
  1. リザルト関東
  2. トライアル・デ・ナシオン
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. リザルト中国
  7. TRJ / MFJ
  8. イベント(大会)
  9. MFJトライアル
  10. リザルト関東
  11. イベント(大会)
  12. MFJ
  13. リザルト中国
  14. リザルト関東
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. リザルト中部
  21. 2017TDN
  22. トライアル・デ・ナシオン
  23. リザルト関東
  24. リザルト中国
  25. 2017お勉強会
  26. リザルト中国
  27. イベント(大会)
  28. イベントリザルト
  29. リザルト中国
  30. リザルト中国
  31. TRJ / MFJ
  32. イベント(その他)
  33. リザルト中国
  34. イベント(大会)
  35. リザルト九州
  36. TRJ / MFJ
  37. リザルト中国
  38. イベント(大会)
  39. リザルト中国
  40. リザルト関東
  41. イベント(大会)
  42. イベント(スクール)
  43. イベント(スクール)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

1502redbull映像(タイトル)

氷の上のトライアル

 エネルギー飲料のRedBullが、ドギー・ランプキンを主人公に美しい映像を作って公開している。
 フィンランドでロケをされたこの映像、ツンドラトライアルというタイトルで見ることができる。美しい映像と、トニー・ボウの先鋭的テクニックとは別の、トライアルらしいドギーの超越テクニックをご覧いただきたい。

 エネルギー飲料メーカーというより、アクションスポーツをしかける達人団体がエネルギー飲料も売っているというほうが、モータースポーツを楽しむぼくらにはしっくりきるような、そんな印象のRedBullだが、その限度なく最高の舞台を設定するプロデュースは秀逸。
 
1502redbull映像(犬ぞり)

 冒頭から犬ぞりに引かれて主人公が登場するのだが、犬ぞりレースは、世界でも最もぜいたくな競争のひとつだ。植村直巳さんも、犬ぞりで北極圏を旅するにはたいへんな苦労をしているし、犬ぞりレースに参加しようという人は、みな例外なく多大な資金を投入せざるを得なくなっている。
 ロケ地はフィンランド北部。ここでドギー・ランプキンはなにをしようというのか。走り始めたランプキンは、いつもと変わりなく、華麗なライディングを披露する。マシンはガスガスだから、映像が収録されたのは2014年初頭の季節なのだろう。映像が発表された自分には、ランプキンはベルティゴのスポーツマネージャーを任じているが、その時点ではガスガスのライダーだった。エンドテロップには、映像にはひとつも登場しないベルティゴが協力者として列記されている。契約の不整合もなんのその。RedBullだからできるキャスティングだ。

1502redbull映像(林間)

 雪と氷に覆われたツンドラ地帯で、はたしてランプキンは華麗にトライアルライディングを披露する。雪の中に作られた美しい(氷の)トライアルセクションとともに、これはCGなのではないかと勘ぐってしまいそうになる。エンドロールでは、撮影中のNGカットがちょっと紹介されていて、それを見るとランプキンもちゃんと失敗しているから、やっぱりこの映像は実写のようだ。

1502redbull映像(氷セクション)

 我々凡人にまねができるとはとうてい思わないが、織田裕二がヨコハマタイヤのコマーシャルで「乾いた氷は滑らない」とナレーションしたことがある。それが単なる宣伝文句ではないのは、この時期に寒い地方へやってくればわかる。昼間、気温が2℃や3℃くらいのとき、路面の氷は微妙に溶けていて、そんなときはつるんつるんに滑ってトライアルどころか、歩くのでさえやっとの思いだ。それが夜になり夜中になり、気温がぐっと下がっていくと、あんなに滑ったのはなんだったんだろうというくらい、すこすこと歩ける。さすがに新雪のふわふわ雪は埋まってしまって足下をとられるけど、それは滑るという印象とは別の問題になる。

1502redbull映像(木の上)

 とはいえ、だったら氷の上でのトライアルはへっちゃらなのかというと、いえいえいえいえ、ちょっとでもタイヤを空転させればそこには摩擦熱が生じるわけで、熱が発生すれば氷は溶ける。溶けた氷は鬼のように滑る。確実にタイヤをグリップさせていくテクニックをもつランプキンだからこそできる芸術的ライディングと思ったほうがよさそうだ。
 それでももし、あなたがキーンと耳が痛くなるような極寒の地に住んでいるのなら、ランプキンのこの映像をちょっとまねして、氷の上を走ってみるのは悪くないかもしれない。RedBullには契約してもらえなくても、氷の上でグリップをつかむ感覚は、きっと土の上でのトライアルにも、役に立つにちがいないはずから。

●これまでに見たことがない映像の数々はRedBullオフィシャルサイト(http://goo.gl/J49U)
See into our world: http://goo.gl/J49U

1502redbull映像(エンディング)

関連記事

自然山通信2月号発売!

2023年自然山通信2月号の発売です。国際A級スーパークラス・小川毅士選手による2023ニューモデルテストスタート! 第1機種はVert…

リザルト関東

2023関東選手権茨城大会

2023関東選手権茨城大会 2023年2月5日 オフロードパークSHIRAI (さらに…)…

歴代世界GPランキング

世界選手権の、歴代のランキング一覧です。 全クラス、ランキング15位までを抽出させていただきました。15位までに空欄がある場合…

2023年の久岡孝二はホンダに乗る

久岡孝二が2023年にホンダに乗ることが発表になった。新年早々、ヤマハ発動機とチームVICTORYから離れることを公表した久岡だったが、次な…

飛翔、廣畑伸哉。世界選手権トライアル2へ

全日本IASの中で最も若手の廣畑伸哉が、2023年は世界選手権に全戦挑戦することになった。チームは、藤波貴久監督が力を入れると語っていたモン…

自然山通信2023年1月号電子版

遅くなりました。2023年お正月の1月号、電子版をご用意いたしました。 2023年も、どうぞよろしくお願いします。 (さらに&he…

自然山通信2023年1月号発売

2023年になりました。通算311号になる自然山通信1月号の発売です。『ありがとう、藤波貴久。ありがとう、ファンのみんな!』3年ぶりのホンダ…

トライアル・デ・ナシオン

TDN募金会計報告#20

自然山通信がおこなっているデ・ナシオン支援活動の会計報告です。 みなさまからのご厚意は、年に一度、トライアル選手会に送らせていただいていま…

2023 Vertigo新参戦チーム体制

チーム「VERTIGO with MITANI」より、2023年全日本トライアル選手権シリーズに参戦するVertigoのチーム体制の発表…

イベント(大会)

202212/27

2023わびさびトライアル大会

2023年わびさびトライアル大会の日程です。 トライアルチーム嵐山不老天狗 玉田さんより届いた情報です。  (さらに&hellip…

ページ上部へ戻る