2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  1. トライアル・デ・ナシオン
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. リザルト中国
  6. TRJ / MFJ
  7. イベント(大会)
  8. MFJトライアル
  9. リザルト関東
  10. イベント(大会)
  11. MFJ
  12. リザルト中国
  13. リザルト関東
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. リザルト中部
  20. 2017TDN
  21. トライアル・デ・ナシオン
  22. リザルト関東
  23. リザルト中国
  24. 2017お勉強会
  25. リザルト中国
  26. イベント(大会)
  27. イベントリザルト
  28. リザルト中国
  29. リザルト中国
  30. TRJ / MFJ
  31. イベント(その他)
  32. リザルト中国
  33. イベント(大会)
  34. リザルト九州
  35. TRJ / MFJ
  36. リザルト中国
  37. イベント(大会)
  38. リザルト中国
  39. リザルト関東
  40. イベント(大会)
  41. イベント(スクール)
  42. イベント(スクール)
  43. リザルト関東
  44. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

エマ・ブリスト女王街道ばく進中

 トライアル女子部門の世界チャンピオン、エマ・ブリスト(イギリス・シェルコ)が、エンデューロのインドア版であるスーパーエンデューロに出場、全4戦中3戦で勝利して、2年連続のチャンピオンに輝いた。
 ライア・サンツの牙城は揺るぎないと思われていたが、この勢いでブリストが1年にふたつずつ(2015年のトライアルはまだこれからだが)タイトルを獲得していったら、タイトル数ではサンツに並ぶ日も来るのかもしれない。もちろんブリストの野望への挑戦はまだ始まったばかりだ。

1502スーパーエンデューロ表彰台2連覇を達成したエマ・ブリスト(イギリス・シェルコ)を中心に、向こう側2位サンドラ・ゴメス(スペイン・ハスクバーナ)、こちら側3位ジェーン・ダニエーレ(イギリス・ハスクバーナ)

 2015年の女子スーパーエンデューロ世界選手権は全4戦。1月3日のドイツで2戦、2月1日のフィンランドで2戦というスケジュールだ。ドイツで2勝して2連覇に向けて幸先のよかったブリストは、敵なしの状況でフィンランドに乗り込んだのたが、やはりチャンピオン2連覇へのプレッシャーは大きかった。
 まず第1レースでゴメスの力走に苦戦しながら勝利したエマは、開幕3連勝を飾り、まずタイトルを手中にしたかに見えた。ここまで2位は3戦ともにサンドラ・ゴメス(スペイン・ハスクバーナ)で、3位はドイツで2連続3位、フィンランドのレース1で4位となったジェーン・ダニエーレ(イギリス・ハスクバーナ)。エマ60点に対してゴメス51点、ダニエーレ43点と、安定リードは築いていた。しかし最後のレースでエマがポイントを失いでもしたら、まだゴメスにもチャンスがあるという状況だった。

1502スーパーエンデューロのゴメス初勝利を果たしたサンドラ・ゴメス

 最後のレース、ゴメスは好調だった。実はゴメスはドイツ大会のあと踵を負傷していて、ライディングトレーニングができていない状況だった。それなのにトップを快走していく。実はブリストがスタート直後の第1コーナーでゴメスと接触、転倒していたからなのだが、追い上げるブリストから必死で逃げるゴメスには、トップライダーとしての貫録も漂っていた。
 それでも、スピードはブリストが勝っている。その差がぐんぐん縮まり、あと1周あれば逆転かと思われたところで、またもブリストがミス。これでその差が決定的となり、ゴメスの初優勝が決まった。

1502スーパーエンデューロのエマ4戦中3勝。2年連続スーパーエンデューロチャンピオン、エマ・ブリスト

 1位と2位、ブリストとゴメスは、ともにトライアルライダーである。ふたりはそれぞれの得意パターンを活かしてライバルに挑んでいたが、中には走るもままならないというライダーもいる。スーパーエンデューロのコースはちょっとしたトライアルセクションの連続だから、トライアル経験のないライダーが勝負に参加するのは至難に近いようだ。
 2連覇を飾ったブリストは「連覇へ向けてのプレッシャーはあった。レースではそれが出てしまったようだ。でも今シーズンは昨シーズンよりはるかにトレーニングを積んできたし、それがうまくいくように望んでいた。でも今日のレース2みたいに、レースはなにがあるかわからない。追い上げているときには、時間はあっという間に過ぎてしまう。でもタイトルを獲得できて、今はとっても幸せ」と喜びを語った。
 ランキング2位を獲得したゴメスは、兄のアルフレッド・ゴメスもジュニアクラスチャンピオンを獲得したトライアルライダーで、スーパーエンデューロライダーだ。ゴメスはまだまだこれから花開くライダーだから、これからが楽しみだ。
 さて、彼女たちの次なるターゲットは、トライアルの世界タイトルになる。

Rank Rider Country Total 02 DEU 02 DEU 03 FIN 03 FIN
1 Emma BRISTOW GBR 77 20 20 20 17
2 Sandra GOMEZ ESP 71 17 17 17 20
3 Jane DANIELS GBR 56 15 15 13 13
4 Sanna KÄRKKÄINEN FIN 50 10 10 15 15
5 Maria FRANKE GER 26 13 13
6 Lexi PECHOUT CAN 22 11 11

関連記事

歴代世界GPランキング

世界選手権の、歴代のランキング一覧です。 全クラス、ランキング15位までを抽出させていただきました。15位までに空欄がある場合…

2023年の久岡孝二はホンダに乗る

久岡孝二が2023年にホンダに乗ることが発表になった。新年早々、ヤマハ発動機とチームVICTORYから離れることを公表した久岡だったが、次な…

飛翔、廣畑伸哉。世界選手権トライアル2へ

全日本IASの中で最も若手の廣畑伸哉が、2023年は世界選手権に全戦挑戦することになった。チームは、藤波貴久監督が力を入れると語っていたモン…

自然山通信2023年1月号電子版

遅くなりました。2023年お正月の1月号、電子版をご用意いたしました。 2023年も、どうぞよろしくお願いします。 (さらに&he…

自然山通信2023年1月号発売

2023年になりました。通算311号になる自然山通信1月号の発売です。『ありがとう、藤波貴久。ありがとう、ファンのみんな!』3年ぶりのホンダ…

トライアル・デ・ナシオン

TDN募金会計報告#20

自然山通信がおこなっているデ・ナシオン支援活動の会計報告です。 みなさまからのご厚意は、年に一度、トライアル選手会に送らせていただいていま…

2023 Vertigo新参戦チーム体制

チーム「VERTIGO with MITANI」より、2023年全日本トライアル選手権シリーズに参戦するVertigoのチーム体制の発表…

イベント(大会)

202212/27

2023わびさびトライアル大会

2023年わびさびトライアル大会の日程です。 トライアルチーム嵐山不老天狗 玉田さんより届いた情報です。  (さらに&hellip…

イベント(大会)

202212/22

1/22植木新春大会

植木トライアル乗で、新春大会を開催します。 (さらに…)…

イベント(大会)

202212/22

1/22新春糸島トライアル大会

2023年1月22日(日) 新春糸島トライアル大会 開催します。 (さらに…)…

ページ上部へ戻る