2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  1. 140ccボアアップセット
  2. ワンタッチゼッケンプレートブラック
  3. 2017お勉強会
  4. MFJトライアル
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. リザルト中国
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. リザルト中国
  17. MFJトライアル
  18. リザルト関東
  19. イベント(スクール)
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. リザルト中国
  24. リザルト中部
  25. リザルト関東
  26. 自然山通信2019年3月号

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

スペイン選手権でもボウが勝利

 3月4日、インドア世界選手権のインターバルを縫って開催されたスペイン選手権開幕戦で、初のインドア世界チャンピオンとなったトニー・ボウが勝利した。
 以下、モンテッサチームから送られてきたプレスリリースより。



 今回の大会は、2007年型のモンテッサワークスマシンのデビュー戦でもあった。例年、インドア世界選手権は前年のマシンで戦い、その間に新型ワークスマシンを熟成させ、アウトドアの世界選手権開幕戦に合わせて調整する。今年は新型の完成が、思ったよりも順調だったらしい。
 会場はPenarroya-Pueblonuevo。大西洋を挟んでアフリカに近いスペインの南の端に位置する。
 1週間前にインドアの新チャンピオンになったばかりのトニー・ボウは、アウトドアにでても抜群のライディングセンスを発揮して、今シーズンの台風の目としての存在を通り越して、すっかり本命ライダーとなってきている。ボウは2006年のスペイン選手権チャンピオンでもあるが、モンテッサに乗り換えての1年は、目指すは次なる世界選手権のタイトルに定まった。
 ぼうの本領が発揮されたのは2ラップ目の最終セクション。ここはそれまで誰一人として走破できたものがなく、全員が5点だったのだが、2ラップ目のボウだけは、ここを1点で通過した。
 2位はアダム・ラガ、ドギー・ランプキンが3位。藤波は4位だったが、藤波は昨年のスペイン選手権の多くを欠席していて、ランキング13位となっていた。スタート順も、ずいぶん早く設定されていて、トップ争いをするには苦しいものがあったようだ。
ライア・サンツはセニアBクラスで7位だった。
<トニー・ボウ>
「新たなシリーズの緒戦で、とても素晴らしい結果が出た。ぼくにも、チームにもね。インドアとアウトドアはセクションがまったくちがう。アウトドアはいろんな意味で長い競技だから、ひとつひとつ、こつこつと勝利に向かって積み上げていかなきゃいけない。これからも、楽しく走りながらも、抑えるところは確実に抑えて、試合を進めていきたいと思う」

<ドギー・ランプキン>
「スペイン選手権は、世界選手権の前哨戦。今日の3位は、まず悪くない結果といえる。新しいマシンもいい仕上がりなのを確認できた。今日は1ラップ目にいくつかミスを犯してしまい勝利を逃すことになったが、2ラップ目に持ち直せて、自分が予想したものと誓い走りをすることができた」

<藤波貴久>
「今日のリザルトは、語るべきものはない。スペイン選手権は欠席が多かったから、今日はスタート順にすごくハンディがあった。それは言い訳にはならないんだけど。ぼくの最大の目標、世界選手権の開幕まで後1ヶ月になった。それまでには、今よりはずっとよくなっているはずだから、期待してください」

スペイン選手権第2戦は、3月25日、バルセロナに比較的近いタラゴナで開催される。

Spanish Championship Round 1 PointStandings
Pos. Rider Machine Penalty 1Lap+2Lap Pos. Rider Machine Points
1 Toni Bou Montesa 14 5+9 1 Toni Bou Montesa 20 points
2 Adam Raga Gas Gas 21 11+10 2 Adam Raga Gas Gas 17
3 Dougie Lampkin Montesa 25 15+10 3 Dougie Lampkin Montesa 15
4 Takahisa Fujinami Montesa 38 21+17 4 Takahisa Fujinami Montesa 13
5 Albert Cabestany Sherco 39 21+18 5 Albert Cabestany Sherco 11
9 Daniel Gibert Montesa 114 61+53 9 Daniel Gibert Montesa 7

関連記事

140ccボアアップセット

TYS/TY-125F・GASGASランドネ用140ccボアアップSET

黒山レーシングより、TYS/TY-125F、GASGASランドネ等用140ccボアアップセットが発売されました。今回は限定3セットのみです。…

アベ精工のBETA EVOトップブリッジ

アベ精工よりBETA EVO(2014〜スレッドナット無しタイプ用)新発売。ファットバーハンドルが手首に優しく日本人に合うハンドルポジション…

トニー・ボウ、2019世界タイトル獲得のフランスGP

7月21日、フランスはオーロンで開催されたトライアルGP第6戦、トニー・ボウが今シーズン無敵の7勝目をあげ、最終戦を待たずして2019年の世…

HEBO ZONE4 ボウ・ダイナマイト新登場

トニー・ボウ、アダム・ラガを始め、多くのトップライダーが愛用するZONE4に、ワールドチャンピオン、トニ・ボウ選手のニューグラフィック「HE…

ワンタッチゼッケンプレートブラック

Newカラー!TOM’Sワンタッチゼッケンプレート・ブラック

トムスのロングセラー商品「ワンタッチゼッケンプレート」に新色ブラック登場。 (さらに…)…

2017お勉強会

7/20川内村お勉強会

2010年から続けていて、まずまず好評をいただいたお勉強会・体験会のお知らせです。限定10名様。 福島県双葉郡川内村で…

2019北海道、小川友幸が大逆転勝利

2019年7月14日、毎年恒例の日程で、北海道大会が開催された。北海道大会の日程は毎年ほぼ同じだけど、去年も今年も電動バイク、トライアルEの…

2019全日本ランキング(〜第4戦北海道)

2019年全日本選手権第4戦終了時点のポイントランキングです。ただし自然山独自集計。上位についての正確なランキングは、MFJが発表するランキ…

2019全日本選手権R4北海道大会リザルト

2019年7月14日 北海道上川郡わっさむサーキット 天候:曇りときどき晴れ一時小雨 観客数:700人 IAS:10セクションx…

MFJトライアル

7月14日は全日本北海道大会

2019年全日本選手権も4戦目を迎える。 昨年の北海道大会は世界選手権に参戦した黒山健一が欠場だったが、今年は参戦し、小川友幸と野崎史高の…

ページ上部へ戻る