2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  1. イベント(大会)
  2. イベント(大会)
  3. 2016高田島ツートラ
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. 2017お勉強会
  9. イベント(大会)
  10. MFJトライアル
  11. イベント(大会)
  12. イベント(スクール)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. リザルト中国
  18. 2020.04.05

    福島市へ行く
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. リザルト四国
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)
  27. イベント(大会)
  28. リザルト沖縄
  29. イベント告知
  30. 2020XTDN延期
  31. イベント(大会)
  32. SSDT中止
  33. イベント(大会)
  34. SHOEI MITANI MODEL MATブラック
  35. リザルト関東
  36. イベント(大会)
  37. イベント(スクール)
  38. イベント(スクール)
  39. イベント(スクール)
  40. イベント(大会)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. イベント(大会)
  44. イベント(大会)
  45. イベント(大会)
  46. リザルト近畿
  47. リザルト沖縄

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

FUTURE125に乗った

FUTURE125と小川毅士
小川毅士ライディングで自由自在の125

 素晴らしいマシンに試乗ができた。FUTURE125という名称のこのマシン、見た目はモンテッサCota4RTをベースに125ccマシンとしたもの。改造車じゃないぞ、まったく別のマシンなんだという気概が、FUTUREというマシン名を名乗らせている。
 125ccクラスは、いまや世界的に注目のクラス。このクラスで切磋琢磨してこないと、上のカテゴリーに上がっても使い物にならない。しかして、モンテッサ系チームには125ccがないから、参加したくても出られない。だったら作ってしまえという発想だ。

 基本的にはCota4RTのエンジンをそのまま使って、ボアをダウンさせて排気量を小さくしているものと思われる。Cota4RTは極端なショートストロークエンジンだから、ボアを小さくしてもエンジンとしてのバランスが大きく崩れることはないという判断だったようだ。

毅士とティオーニ社長
小川毅士とティオーニさん

 開発者でありTRM社長のクィリノ・ティローニさんによれば、単なるボアダウンのキットではなくて、クラッチにもクランクにも手を入れてあり、だからモンテッサでもホンダでもなく、FUTUREなのだと自慢げだった。
 走らせてみる。パドックをくるくる回っただけだったが、125ccのパワーフィーリングは感じとることができた。
 試合で走っているのを見ると、排気音も250ccと変わらないし、もちろんエンジンの外観もちがわない。これはほんとに125ccなのだろうか、ステッカーだけ125と貼ってあるだけじゃないか(さいしょにこのマシンが発表された06年のTDN会場に展示されていたのは、ステッカーだけ貼られた250ccマシンだった)と疑いを持って見ていたが、乗れば明らかに125ccだった。

ニシマキとFUTURE125
乗ってみました

 動き出す瞬間の、どかんというパワーがない。回転をあげていくに従ってパワーも出ててくるが、低速域では排気量が小さいことを感じさせる。
 といっても、50ccマシンのような線の細さはまったくなかった。Cota4RT/RTL250Fも、初期型の05年モデルはパワーにみなぎっていて走り出しに強烈なトルクが発揮されるようになっていた。このパワーフィーリングを持て余してしまっていたライダーには、125ccのほうが快適に走れること、まちがいない。なにしろスムーズ。パワーも上品。全体的な扱いやすさもたいへんにすぐれていた。これはほしい。スコルパ125Fより当然完成度は高いし、Cota4RTより扱いやすいってな印象だ。
 125cc用に仕様変更したというクラッチは、250ccのものより軽い気がするし、取り回しにも軽快感が備わっている(マシンの重量はCota315Rと大差はないということだが)。

毅士とチームのみんな
チームのみんなと毅士は仲良し

 パワーがないという点では他の125ccマシンと同じだが、21世紀の設計のマシンには21世紀の利点もある。ホンダが125ccマシンを作る予定は今のところないようだが、ホンダ製の高い完成度のマシンを待ち続けるより、FUTURE125で4ストローク125の扉を開いてしまうのも悪くない。ちなみに開幕戦のユース125クラスでは、無名のライダーがふたりこれに乗って、ひとりはポイント獲得にあと一歩の17位に入っている。

関連記事

イベント(大会)

9/22第35回まどろみトライアル

第35回まどろみトライアルの開催について (さらに…)…

イベント(大会)

8/23里山トライアル

第57回里山トライアル大会 (さらに…)…

タデウスとライア、ガスガスに

タデウス・ブラズシアクがガスガスに戻り、すでにガスガスに乗っているライア・サンツとともに、再びガスガスに乗ることになった。これはエンデューロ…

2016高田島ツートラ

9/20高田島ツーリングトライアル

9月20日、ナンバー付トライアルバイクで、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区を徘徊、もとい散策しようというツーリングイベントを開催しま…

9/21高田島庭先コンペティション

9月21日(月曜日・敬老の日)、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区でのクローズドコンペ(ナンバーなしで走れます)を開催します。 …

2020年7月号電子版

自然山通信7月号電子版をご用意しました。 自然山通信をそのまんまPDFにしましたので、おもちの電子端末でお楽しみください。大きな画面で…

自然山通信7月号発売!

自然山通信7月号発売発売開始!今月の特集は『私の初めての、私だけの藤波貴久』と【特集12ページ・回想1985 WEST GERMANY】…

2020年型ガスガスはこのディーラーから販売

ガスガスの、国内販売の枠組みが見えてきた。2020年初頭に輸入元が変わってから準備を進め、ここへきてガスガスモーターサイクルジャパンからディ…

2020世界選手権と全日本選手権

7月になった。予定では開幕戦は4月だったはずだから、かれこれ3ヶ月ほどぼーっと生きていることになるが、6月の末になって、全日本選手権と世界選…

イベント(大会)

7/19里山トライアル

第56回里山トライアル大会 (さらに…)…

ページ上部へ戻る