2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  1. トライアル・デ・ナシオン
  2. イベント(その他)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(その他)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. TRJ / MFJ
  8. TRJ / MFJ
  9. TRJ / MFJ
  10. イベント(スクール)
  11. MFJトライアル
  12. MFJ
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. リザルト中国
  16. イベント告知
  17. 2017お勉強会
  18. イベント(大会)
  19. リザルト関東
  20. リザルト中国
  21. リザルト関東
  22. リザルト関東
  23. リザルト中国
  24. リザルト関東
  25. リザルト関東
  26. リザルト沖縄
  27. リザルト九州
  28. リザルト中国
  29. イベント(大会)
  30. リザルト沖縄
  31. イベント告知
  32. イベント(大会)
  33. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2007年のFIMトライアル

クルミエールさん

 開幕戦に先がけて、FIMトライアル委員長、ジャン・マーク・クルミエール氏のルール変更についてのミーティングがあった。内容を一言で言えば、ルールをより厳格に適用し、公平感を高めるとともに、より多くのライダーの参加を推進するというものだ。


 ルールの厳格な適用は、日本人からみると、日本ではもう何年も前からやってきたことで、いまさらという感じがなきにしもあらずだが、これで日本“だけ”が厳格だったのが(ある程度)世界共通でルールに厳格になることになる。
 具体的には、これまでメイン(赤字にライダーと同じゼッケン)とサブ(黒字にライダーと同じゼッケン)の二人のマインダーによって支えられていたセクショントライが、ひとりだけに限定される。マインダー自体は二人まで認められるが、セクションに立ち入りができるのはひとりに限るということだ。これに、各メーカーに与えられているメーカーゼッケンをつけたスタッフがいるが、彼らはセクション内に立ち入ることができない。彼らが仕事をした時には注意勧告がされ、二度繰り返されたときにはゼッケンがはく奪されてメーカータイトルポイントも5点はく奪されるということだ。

ミーティング後の質疑応答

 マインダーがひとりになると、マインダーの負担は多くなるし、場合によっては危険リスクが増すことになる。それでもFIMは、二人のマインダーを用意する資金面での不公平を解消することをねらいたいようだ。
 マインダーをひとりに限定するかわりに、セクションのレベルはより危険度を減らして設定するという発表もあった。ただし第1戦を見る限り、これは机上の空論だった。第1戦はかつてないほどに難度の高い設定でライダーとマインダーのリスクは高かった。なかなかうまくいかないということだろう。

SPEA社長と
SPEA社長ルチアーノ・バナリアと
FIM委員長クルミエール

 もう一点、アウトドア世界選手権に冠スポンサーがついた。今後、アウトドアトライアル世界選手権はSPEAトライアル世界選手権と呼ばれることになる。
 SPEAはイタリアのパーツメーカーで、2006年から世界選手権をサポートしていたが、2007年からはSPEAをタイトルとする世界選手権となった。それ以前から、イタリアの国内選手権やイタリアのチームのサポートはしていたから、その名は世界選手権通には知られているところではある。この契約は、2007年からの3年契約だという。
 SPEAのほかには、ブレーキ製造などで知られるAJPもサブスポンサーとして名を連ねている。これまでスポンサーだったトライアルウェアメーカーのエキサイティングとAJPは、世界選手権のテクニカルスポンサーという位置づけとなるようだ。
 ユースやジュニア選手権を充実させ若手ライダーを増やして、世界選手権クラスの危険度を落としてステップアップの道を広げること、そしてスポンサーを獲得して安定した選手権を運営していくこと。
 クルミエールさんのトライアル構想は、はじまったばっかりだ。

関連記事

トライアル・デ・ナシオン

トライアル・デ・ナシオン全記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)は1984年から毎年開催されています。 その間、まず男子チームだけで開催されていた期間、男子のクラス…

2021年10月号電子版お待たせしました

藤波貴久引退を目撃して帰ってきて、あわててつくった2021年10月号ですが、お待たせしてしまってごめんなさい。スペインGP、そして引…

自然山通信10月号発売!

何が起こるかわからないコロナ禍で、決死のスペインとポルトガル現地取材を決行。帰国後の隔離もあって発売が遅くなってしまいました。引退表明し…

全日本選手権最終戦はダブルヘッダーで

全日本トライアル選手権最終戦となる中部大会が、11月13-14日、土曜日・日曜日の2日間にわたって愛知県のキョウセイドライバーランドで開催さ…

イベント(その他)

10/3ガッチと楽しもう、愛媛県松山

10月3日(日)ガッチと楽しもうミーティング(マツヤマ トライアルファーム)開催です。 (さらに…)…

藤波貴久、今シーズンで引退を発表

藤波貴久の引退が発表された。 最終戦ポルトガルを前にしたスペインGPが終わっての水曜日、その衝撃の発表は発信された。この週末、トライアル・…

最終決戦前夜、スペインにて

2021年世界選手権はいよいよ大詰め。最終戦を前にしたツーデイズの1戦は、スペインだった。 (さらに…)…

今年の高田島のトライアル大会について

毎年、春と秋に開催の高田島でのトライアル大会。2021年はついに開催を断念するに至りました。 2020年は、春の大会を見送り、秋に2大…

YAMAHAセロー225チェーンテンショナー

『工房きたむら』より、YAMAHAセロー225用のチェーンテンショナーが発売されました。 (さらに…)…

RTL-F、COTA 4RT対応SPLミッション(4速ギア)

ぱわあくらふとより、SPLミッション(4速ギア)が発売されました。HRC RTL-Fシリーズ / montesa COTA 4RT、301シ…

ページ上部へ戻る