2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  1. イベント(大会)
  2. イベント(大会)
  3. 2016高田島ツートラ
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. 2017お勉強会
  9. リザルト関東
  10. イベント(大会)
  11. MFJトライアル
  12. イベント(大会)
  13. イベント(スクール)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. イベント(大会)
  18. リザルト中国
  19. 2020.04.05

    福島市へ行く
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. リザルト四国
  26. イベント(大会)
  27. イベント(大会)
  28. イベント(大会)
  29. リザルト沖縄
  30. イベント告知
  31. 2020XTDN延期
  32. イベント(大会)
  33. SSDT中止
  34. イベント(大会)
  35. SHOEI MITANI MODEL MATブラック
  36. リザルト関東
  37. イベント(大会)
  38. イベント(スクール)
  39. イベント(スクール)
  40. イベント(スクール)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. イベント(大会)
  44. イベント(大会)
  45. イベント(大会)
  46. イベント(大会)
  47. リザルト近畿

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

1503バルセロナのブスト

ブスト、ツインプラグとともにXトライアルに登場

 3月8日、バルセロナで開催されたXトライアル第4戦に、レプソル・ホンダ・チーム入りをしたルーキー、ハイメ・ブストがワイルドカード扱いで参戦した。
 結果はクォリファイの6セクションを走ってオール5点。最下位となったが、ワールドカップチャンピオンとして世界一のチームに入った若手は、いま伸び盛りだ。

1503バルセロナのブストとボウ

 ところで、Xトライアルに参戦したブストのマシンには、どうもふたつのイグニッションコイルが見える。過去、ホンダのファクトリーマシンに乗ったライダーはごくごく数えるほどしかいない。2005年から走り始めたファクトリーマシンに乗ったのは、藤波貴久、ドギー・ランプキン、マルク・フレイシャ、トニー・ボウ、そして日本で開発を担当する小川友幸。これですべてだ。特に2013年から走り始めたスパークプラグを2本持つ進化形のファクトリーマシンに乗っているのは、トニー・ボウ、藤波貴久、小川友幸の3人だけだった。

1503バルセロナのモンテッサ

 たとえばライア・サンツは、13回の女子トライアル世界チャンピオンに輝いているが、レプソル・モンテッサ・チームに籍を置いていたときは、一度もファクトリーマシンに乗ることがなかった。ホンダ本社サイドから送られるファクトリーマシンはワールド・プロクラスのライダーだけに渡り、そのパーツも(設計がまったくちがうから、パーツの一つふたつを流用できるものではないものの)ライア号が使うことは許されなかった。

1503バルセロナのツインプラグ

 しかし今回、ブストはレプソル・ホンダ・チームに入った。レプソル・ホンダ・チームはそれまでのモンテッサチームではなく、ホンダ本社に直系のチームとなる。トライアル現場では変わった印象は感じられないものの、運営もホンダが直接携わっているチームである。
 ボウ、藤波が世界チャンピオン経験者であるのに対し、ブストはワールドカップチャンピオンだから、ファクトリーマシンが与えられるようになるまでには少し修業を積まなければいけないのではと思われていたが、どうやら、型落ちのファクトリーマシンに乗っての実戦参加の権利が与えられたようだ。

1503バルセロナの3人

 聞けば、ブストの標的は、日本GPでの小川友幸選手であるという。同じマシンで開発を担当するベテランライダー。若さでうんと勝るブストにとって、自己の実力をアピールするにはかっこうの対象だ。しかし小川は、日本GPではあわや表彰台にも届くかという実力者である。簡単にホンダナンバー3の座を明け渡すことにはならないだろうが、実力あるベテランを標的にハングリーに攻めあげてくる若者の存在は、小川友幸や黒山健一を勝ち落とさなければいけない日本の若手にとっても、いいお手本になるのではないだろうか。
 でもとりあえず、デビュー戦がオール5点なんで、少し安心したというのが本音です。次の大会、がんばってくださいね。

1503バルセロナのブスト登場

関連記事

自然山通2020年8月号電子版

いきなり夏らしい夏になって、みなさま、体調を崩さず、お元気でお過ごしでしょうか。いつものように、自然山通信最新号の電子版をご用意しました。P…

自然山通信8月号発売中!

暑中お見舞申し上げます!そして自然山通信8月号発売のお知らせです。今月の表紙は、若さと元気いっぱい武田呼人選手でお届けします。 (さらに…

COTA 300RR/RTL300Rサイレンサー加工

スーパーウイングまるやまでは、2020〜COTA 300RR/RTL300Rの純正サイレンサー・エンド加工を開始しました。 (さらに&h…

【新作DVD発売】精度アップ!4ヶ月からのトライアル

新作トライアルDVD「小川毅士・精度アップ!4ヶ月からのトライアル」を7月27日より発売開始! (さらに…)…

TOM’Sリンクガード・TY125Classic用

京都のトライアルショップ「トムス」より、TY125Classic用のリンクガードが発売されました。 (さらに…)…

イベント(大会)

9/22第35回まどろみトライアル

第35回まどろみトライアルの開催について (さらに…)…

イベント(大会)

8/23里山トライアル

第57回里山トライアル大会 (さらに…)…

タデウスとライア、ガスガスに

タデウス・ブラズシアクがガスガスに戻り、すでにガスガスに乗っているライア・サンツとともに、再びガスガスに乗ることになった。これはエンデューロ…

2016高田島ツートラ

9/20高田島ツーリングトライアル

9月20日、ナンバー付トライアルバイクで、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区を徘徊、もとい散策しようというツーリングイベントを開催しま…

9/21高田島庭先コンペティション

9月21日(月曜日・敬老の日)、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区でのクローズドコンペ(ナンバーなしで走れます)を開催します。 …

ページ上部へ戻る