2021年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
  1. イベント(大会)
  2. TRJ / MFJ
  3. TRJ / MFJ
  4. TRJ / MFJ
  5. MFJトライアル
  6. TRJ / MFJ
  7. トライアル・デ・ナシオン
  8. イベント(その他)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(その他)
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. TRJ / MFJ
  14. TRJ / MFJ
  15. TRJ / MFJ
  16. イベント(スクール)
  17. MFJトライアル
  18. MFJ
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. リザルト中国
  22. イベント告知
  23. 2017お勉強会
  24. イベント(大会)
  25. リザルト関東
  26. リザルト中国
  27. リザルト関東
  28. リザルト関東
  29. リザルト中国
  30. リザルト関東
  31. リザルト関東
  32. リザルト沖縄
  33. リザルト九州
  34. リザルト中国
  35. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ラガ2連勝

08スウェーデンラガ

 久しぶりに開催される北欧での世界選手権。スウェーデンGPは8月31日にウデバラ(Uddevalla)で開催された。優勝はアダム・ラガ。2位のトニー・ボウと3位の藤波貴久は僅差だった。
 ラガはこれで2連勝、4勝目をあげて、ランキングトップのボウに9点差まで迫った。しかし世界選手権の残りはわずか2戦だ。
 ジュニアカップはフランスのロリス・グビアンがタイトルに逆転王手。ユースカップは序盤の勢いは衰えたものの、ジャック・チャロナーがタイトルを決定的にした。

08スウェーデン表彰台

 約1ヶ月のインターバルをはさんで、世界選手権終盤戦が始まった。終盤戦3ラウンドの緒戦は、北欧のスウェーデン。会場はウデバラのモトクロスコースが選ばれた。ウデバラはスウェーデンの小さな街で、ヨーテボリの北に位置する。
 雨模様の天気予報を主催者が必要以上におそれたせいで、セクションの難易度はいたってやさしく設定されていた。おかげでこの大会は1点を争う神経戦となり、集中力の勝負となった。セクションは自然の地形を多く利用していて、モトクロスコースの周囲の丘に設定されていた。観客の観戦には便利だった模様。

08スウェーデン藤波
序盤に大活躍の藤波

 好調なスタートを切ったのは藤波貴久だった。8セクションまで一つも減点なし。しかしこの勢いも、11セクションの5点で振り出しに戻り、さらにここをクリーンしていったラガにリードを許してしまうことになった。神経戦を戦う上でのむずかしさだ。
 ボウはいつもの調子とはほど遠い。そこここのポイントで減点を重ねていく。こんな中、ラガのしぶとさが光った。ボウ12点、藤波10点に対して、ラガはたったの7点だった。しかもボウと藤波には、タイムオーバーの1点がこれに加算されることになった。
 驚くべきはドギー・ランプキンだった。泥にまみれた岩は、ドギーのお得意のシチュエーション。トップ3には届かないものの、その他のライダーからは頭一つリードをとって2ラップめに突入した。
 主催者が心配した雨は降らずに、太陽も顔を出した。いよいよ神経戦は輪をかけている。滑りやすかったポイントもグリップを増して、どのライダーも減点を減らしてきた。

08スウェーデンボウ
2ラップめがすごかったボウ

 ボウは2ラップめの10セクションで2回の足付き。これが、2ラップめのボウの減点のすべてだった。2ラップめのクリーン数14、しかしこれでも、勝利には届かなかった。ラガは自分をよくコントロールしていて、2ラップめの減点を3に押さえていた。これでラガの勝利は今シーズン4つ目。チェコ大会に続く2連覇を達成した。
 優勝には届かなかったが、2ラップめの驚異的追い上げで、ボウは藤波をかわして2位表彰台を獲得した。勝てはしなかったが、ランキング争い上はまだトップの位置を堅持している。残るはポルトガルとスペイン。ラガがさらに2連勝して、ボウがどちらも3位に落ちれば、タイトルは再びラガのものとなる。しかしこのシーズン、3位も4位もあるラガに対して、ボウは2位以下に落ちたことがない。

08スウェーデンドギー
08スウェーデンジェロニ
08スウェーデンフレイシャ
左から、4位ランプキン、5位ファハルド、6位フレイシャ

 4位には、藤波に9点差、ジェロニ・ファハルドに5点差でランプキンがはいった。6位にはマルク・フレイシャがはいり、本来ならトップ3に切り込んでいくはずのアルベルト・カベスタニーは7位に沈んでいる。これでランキングでは、カベスタニーとランプキン、ファハルドが1点差の中にひしめき合う混戦となった。
 今回、世界選手権クラスに参加のライダーは14名。北欧という地の利の悪さ(ヨーロッパ諸国から見て、だけど)などが参加者の少なさに現れている。
 ジュニアクラスでは、フランスのロリス・グビアンがイギリスのアレックス・ウイグを打ち破り今シーズン5勝目。勝てないときに4位にまでドロップしたことが2度あるのが気になるが、残り2戦にして14ポイント差は、よほどのことがない限りタイトル獲得ほぼ確定といったところだ。グビアンが21点、ウイグが25点に対し、3位のアルフレッド・ゴメスは43点だから、その力量の差がうかがえる。当日の結果では、当初マテオ・グラッタローラが3位と発表されたが、その後ゴメスが3位に訂正された。
 ユースクラスは、ゲームが終わった。イギリスのジャック・チャロナーは計算上この大会でユースクラスチャンピオンを決定した。ジュニアクラスとユースクラスは有効ポイント制でタイトルを決するから、この大会で2連勝を達成したアレクサンドレ・フェラーが残り2戦を連覇しても、トータルポイントは21点しか加算できず、チャロナーとの28点差はくつがれらないのだった。
RESULTS

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 計+TP 合計 C
1 Adam Raga
GasGas SPA
0 0 0 0 0 0 1 0 3 2 0 0 1 0 0 7+0 10 23
0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 3+0
2 Toni Bou
Montesa SPA
0 0 0 0 0 0 2 1 2 1 3 0 1 0 2 12+1 15 22
0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0 2+0
3 藤波 貴久
Montesa JPN
0 0 0 0 0 0 0 0 3 1 5 0 1 0 0 10+1 16 22
0 0 0 0 0 0 0 1 1 1 0 0 2 0 0 5+0
L1+L2+T/O C
4 Dougie Lampkin Be GBR 17+8+0 25 18
5 Jeroni Fajardo Be SPA 21+9+0 30 15
6 Marc Freixa Ga SPA 35+16+0 51 13
7 Albert Cabestany Sh SPA 37+29+0 66 10
8 Michael Brown Be GBR 38+30+0 68 7
9 James Dabill Mo GBR 39+30+16 85 10
10 Daniel Oliveras Sh SPA 40+53+0 93 4
11 Henri Himmanen Be FIN 60+53+0 113 4
12 Martin Kroustek Be CZE 62+54+0 116 2

FIMジュニアチャンピオンシップ

L1+L2+T/O C
1 Loris Gubian Sh FRA 13+9+0 21 20
2 Alex Wigg Mo GBR 19+6+0 25 18
3 Alfredo Gomez Mo SPA 18+25+0 43 11
4 Matteo Grattarola Sh ITA 21+24+0 45 11
5 Ross Danby Ga GBR 27+25+0 52 10
6 Emil Gyllenhammar Ga SWE 33+25+0 58 7
7 David Millan Sh SPA 29+31+0 60 5
8 Fredrik Johansson Be SWE 37+24+0 61 6
9 Mardon Moi Be NOR 26+37+0 63 8
10 Adam Thiger Ga SWE 36+32+0 68 5
11 Laia Sanz Mo SPA 48+30+0 78 3
12 Jan Peters Be GER 50+56+0 106 0
13 Henrik Christiansen Mo SWE 62+53+0 115 2
14 Ewoud Lalkens Ga NED 63+56+0 119 1
Sam Haslam Sh GBR
Mika Kivela Ga FIN
Martin Hemmer Be NOR

FIMユースカップ125cc

L1+L2+T/O C
1 Alexandre Ferrer Sh FRA 4+4+0 8 23
2 Adrian Pastoriza Ga SPA 8+4+0 12 20
3 Jack Challoner Be GBR 8+11+0 19 24
4 Francesc Moret Ga SPA 15+7+0 22 21
5 Benoit Dagnicourt Be FRA 12+11+0 23 18
6 Pere Borrellas Ga SPA 10+16+0 26 18
7 Pau Botella Ga SPA 14+13+0 27 14
8 Janathan Richardson Sh GBR 10+18+0 28 19
9 Simone Staltari Ga ITA 13+17+0 30 14
10 Jake Whitaker HM NZE 16+15+0 31 18
11 Hakon Pedersen Sh NOR 18+18+0 36 12
12 Maxime Warenghien Sh BEL 23+14+0 37 14
13 Luca Cotone Sh ITA 26+13+0 39 18
14 Marc Horrach Ga SPA 18+22+0 40 13
15 Francesc Ciurana Be SPA 18+23+0 41 15
16 Jesper Johansson Be SWE 25+16+0 41 10
17 Jonathan Walker Sh GBR 24+26+0 50 9

関連記事

イベント(大会)

202111/20

12.12植木トライアル草大会

12月12日、植木トライアル草大会のお知らせです。 (さらに…)…

柴田暁がTRRSに乗る

全日本選手権でトップ争いを展開する柴田暁が、2022年はTRRSに乗って参戦することが発表された。 (さらに…)…

自然山通信2011年11月号電子版

たいへん遅くなりました。11月号電子版をご用意しました。 (さらに…)…

2021年全日本選手権ランキング(独自集計)

2021年全日本選手権ポイントランキングです。 MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。各ラウンドの数字はポイントではなく順位です…

TRJ / MFJ

2021全日本選手権第8戦中部大会

2021年11月14日 愛知県キョウセイドライバーランド 天候:快晴 観客数:1,500人 IAS:8セクションx2ラップ+SS…

全日本最終戦前夜ランキング速報(自然山集計)

11月13日土曜日、全日本選手権第3戦中部大会終了時点でのランキング(独自集計)です。 (さらに…)…

TRJ / MFJ

2021全日本選手権第3戦中部大会

2021年11月13日 愛知県キョウセイドライバーランド 天候:快晴 観客数:900人 10セクションx2ラップ クリーン…

自然山通信11月号発売!

引退表明した藤波貴久選手のロングインタビュー掲載開始しました。これまでに聞くことのなかった、たくさんのお話があります。そして、日本チーム不在…

TRJ / MFJ

この週末は全日本最終戦中部大会

長い長いインターバルの後、再開したと思ったらあっという間に迎えた最終戦、全日本選手権は、今週末に終幕する。 (さらに……

MFJトライアル

全日本歴代ランキング

全日本選手権の、歴代のランキング一覧です。 全クラス、ランキング15位までを抽出させていただきました(15位までに空欄があるクラス…

ページ上部へ戻る