2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  1. イベント(大会)
  2. 2017お勉強会
  3. TRJ / MFJ
  4. TRJ / MFJ
  5. イベント(その他)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. TRJ / MFJ
  10. イベント(大会)
  11. リザルト関東
  12. イベント(大会)
  13. イベント(スクール)
  14. イベント(スクール)
  15. リザルト関東
  16. イベント(大会)
  17. TRJ / MFJ
  18. TRJ / MFJ
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. リザルト関東
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. リザルト中国
  26. MFJトライアル
  27. リザルト東北
  28. リザルト関東
  29. リザルト関東
  30. リザルト中国
  31. イベント(大会)
  32. TRJ / MFJ
  33. TRJ / MFJ
  34. TRJ / MFJ
  35. MFJトライアル
  36. リザルト関東
  37. TRJ / MFJ
  38. リザルト中国
  39. リザルト関東
  40. トライアル・デ・ナシオン
  41. 2017TDN
  42. リザルト関東
  43. イベント(その他)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

1504土曜日の表彰台

世界戦選手権もてぎ1日目は……

motegi_bou

 4月25日、ツインリンクもてぎ。FIMトライアル世界選手権開幕戦、ストライダー日本GPが開催。去年はケガで苦しんだトニーボウだったが、今年は日本大会土曜日のレースをほぼ圧勝で終えた。

 圧巻だったのは第3セクション、難度が高く、5点連発だったが、ここをただひとりクリーン。試合の勢いは、これでボウのものとなった印象があった。
 ボウはこの後、第6セクションで5点になったりはしたものの、終始リードを保って勝利まで突き進んだ。

motegi_fajardo

 2位を得たのはジェロニ・ファハルド。1ラップ目はボウに2点差の2位につけて、絶好調。「ボウが強すぎること以外、今日はなんの問題もなく、ライディングもマシンもチームも、ほぼパーフェクトだった」と語った。
 トータルのファハルドの減点は26点。ボウには9点の差をつけられたものの、ラガに4点のリードをとって、開幕戦2位。ファハルドにとっても、なかなか幸先のいい開幕戦となった。

motegi_raga

 3位表彰台は悪くないと語ってはいたものの、ファハルドとの4点差はちょっと悔しかったのがアダム・ラガ。各ラップにひとつずつの5点があって「今日は5点のミスがいっぱいあってうまくなかった」とのことだが、トップ3人の共通した意見は、もうちょっとむずかしいほうが走りやすい、というものだった。トップライダーの考えていることは、理解できないことが多い。

motegi_fujinami01

 膝の手術から復帰第1戦となった藤波貴久は4位。終盤までアルベルト・カベスタニーに次いで5位につけていたのだが、カベスタニーが11セクションで5点となった時点で4位に浮上して、最終セクションをクリーンして4位を勝ち取った。
 3位との点差が離れていることで(藤波のスコアは3位の倍以上になる)、不本意なところが多かったと反省しきりの藤波だが、半年もライディングから遠ざかっていて、開幕戦までアウトドアの大会を一度も走っていないというかつて例のない状況での戦いでの4位は、悪くない結果ともいえる。

 5位はカベスタニー、6位にレプソル・ホンダ・チームのルーキー、ハイメ・ブストが入り、全日本組最上位は黒山健一の8位、1点差で9位が小川友幸。野崎史高と小川毅士がポイント獲得を果たしている。

No. ライダー 国・マシン 減点 クリーン
1 トニー・ボウ スペイン・モンテッサ 17 28
2 ジェロニ・ファハルド スペイン・ベータ 26 24
3 アダム・ラガ スペイン・ガスガス 30 24
4 藤波貴久 日本・モンテッサ 61 16
5 アルベルト・カベスタニー スペイン・シェルコ 67 21
6 ハイメ・ブスト スペイン・モンテッサ 92 14
7 ホルヘ・カサレス スペイン・ベータ 95 13
8 黒山健一 日本・ヤマハ 96 9
9 小川友幸 日本・ホンダ 97 12
10 アレッシャンドレ・フェレール フランス・シェルコ 98 12
11 マイケル・ブラウン イギリス・ガスガス 106 9
12 野崎史高 日本・ヤマハ 107 5
13 ジェイムス・ダビル イギリス・ベルティゴ 113 9
14 小川毅士 日本・ベータ 116 11
15 フランツ・カドレック ドイツ・ベータ 136 8

関連記事

イベント(大会)

10/9 2022年メッツカップ第2戦

2022年メッツカップ第2戦のお知らせ トライアルメッツクラブより 初心者の方が安心して楽しめ元気が出る親睦草大会です。 感染予防…

2022年の原発見学

2年分ぶりに、福島第一原発を見学してきた。今回は、初めて経験させてもらえることもあって、興味深かった。だらだら長くなってしまったけど、原発廃…

8/19-20 2022シティトライアルジャパン開催

全日本選手権第5戦はシティトライアルジャパン(CTJ)。いろいろと、これが初めての試みとなる。MFJ公式プロモーションサイトに詳細が公開され…

2017お勉強会

7/9高田島お勉強会

2010年から続けていて、まずまず好評をいただいたお勉強会・体験会のお知らせです。限定10名様。 福島県双葉郡川内村で…

TRJ / MFJ

2022年全日本選手権ランキング(独自集計)

2022年全日本選手権ポイントランキング(第4戦北海道大会終了現在)です。 MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。各ラウンドの数…

TRJ / MFJ

2022全日本選手権第4戦北海道大会リザルト

2022全日本選手権第3戦関東大会リザルト ●2022年7月17日 ●北海道上川郡和寒町わっさむサーキット 天候:晴れのち曇り…

イベント(その他)

10/16第4回中部クラシックトライアルミーティング

中部クラシックトライアルミーティングを鷲ヶ岳スキー場にて開催します。普段あまり動かす機会のないヴィンテージなトライアル車を走らせましょう。 …

自然山通信2022年7月号

印刷して製本された自然山通信はすでに皆様のお手元に発送させていただきましたが、PDFで配信する電子版もご用意しました。 お手元の電子機…

自然山通信7月号発売!

自然山通信7月号発売中!2022世界選手権開幕。R1スペインとR2アンドラのレポートをお伝えします。Trial2に参戦している武田呼人と小川…

7月17日は全日本北海道

全日本選手権は、第4戦が7月17日に開催される。第4戦は北海道大会だ。 (さらに…)…

ページ上部へ戻る