2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  1. TRIAL動画チャンネル
  2. イベント(大会)
  3. 2017お勉強会
  4. イベント(スクール)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. リザルト中国
  10. 2020.04.05

    福島市へ行く
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. リザルト四国
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. リザルト沖縄
  21. イベント告知
  22. 2020XTDN延期
  23. イベント(大会)
  24. SSDT中止
  25. イベント(大会)
  26. SHOEI MITANI MODEL MATブラック
  27. リザルト関東
  28. イベント(大会)
  29. イベント(スクール)
  30. イベント(スクール)
  31. イベント(スクール)
  32. イベント(大会)
  33. イベント(大会)
  34. イベント(大会)
  35. イベント(大会)
  36. イベント(大会)
  37. イベント(大会)
  38. リザルト近畿
  39. リザルト沖縄
  40. イベント(大会)
  41. イベント(大会)
  42. リザルト関東
  43. イベント(その他)
  44. イベント(大会)
  45. イベント(大会)
  46. リザルト沖縄
  47. イベント(大会)
  48. イベント(その他)
  49. リザルト関東
  50. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

1504かかえられる藤波

世界戦選手権もてぎ2日目、藤波万歳

 ストライダー日本GP、2日目。日曜日の戦いは、最後の最後にドラマが待っていた。トニー・ボウ優勝、2位に入ったのが、膝の手術から復帰したばかりの藤波貴久だった。レプソル・ホンダ・チームにとっては、ワンツーフィニッシュという最高の結果で幕を下ろした日本GPとなった。

1504もてぎ2日目の藤波

 藤波の滑り出しは、けっしてよくなかった。ボウ以外のみんなが5点になった第3セクションをはさんで、第2から第4まで3連続5点。いきなり15点を失って、たいへん苦しい戦いとなってしまった。
 2ラップ目も、減点数はいくらか減ったものの、まだ肝心なところで5点になってしまったりして、なかなか追い上げができない。ようやくいい走りができるようになったのは、3ラップ目になってのことだった。3ラップ目、藤波は難攻不落の3セクション以外では5点なし、トータル10点で試合をまとめた。
 この時点では4位ということで、後続のライダーのゴールを待つことになった藤波だが、まずアダム・ラガが11セクションで5点となったという情報で、藤波の3位表彰台が濃厚となった。続いてジェロニ・ファハルドも11セクションで5点。これでファハルドとは同点ではないかという情報で、ともあれ藤波は表彰台獲得でまずまずという結果に終わるところだった。
 ところが情報を精査してみると、ファハルドと藤波では藤波が2点リードしているということがわかり、藤波の2位が確定。藤波のゴール後に4位から2位に浮上するという、なにかが舞い降りてきたかのような藤波の2位、そしてレプソル・ホンダのワンツーフィニッシュ獲得劇となった。

1504もてぎ2日目のボウ

 勝ったのはもちろんトニー・ボウ。誰もがいけない第3セクションを1ラップ目にただ一人クリーン。スコア的にも精神的にも、大きなアドバンテージを得たボウだった。
 土曜日に2位となったファハルドが日曜日に3位になったことで、開幕2戦を終えてボウのランキングポイントは早くも8点リード。9連覇に向けて、なんとも幸先のいいスタートを切った。

1504もてぎ2日目のファハルド

 最後の最後で、藤波に2位の座を奪われたファハルドだが、2位と3位で、ランキング2位のスタートは悪くない。終盤まで2位を守っていただけに結果はちょっと残念だが、悪くない日本大会になったと週末の感想を語ったファハルドだった。
 2位争いから一気に4位に滑り落ちたアダム・ラガは、ゴール後パドックから出てこず。日本大会を終えて、ランキング4位で今シーズンをスタートさせることになった。
 全日本組の最上位は小川友幸の7位、黒山健一が10位、小川毅士11位、野崎史高12位と続き、野本佳章が14位、IASルーキーの佐藤優樹が15位で世界選手権ポイントをゲットした。
 土曜日に負傷した斎藤晶夫と柴田暁は大事をとって欠場。日曜日にはマイケル・ブラウンとホルヘ・カサレスがケガのためリタイヤとなっている。

関連記事

ガエルネ・バランスクラシック新色発売!

マシンとの一体感を極限まで高めた、究極のマン=マシンバランスを実現。進化を遂げたガエルネ最高峰トライアルブーツ「BALANCE CLAS…

日本GPは結局中止、TDNも中止に

COVID-19による大会中止、その新たなお知らせ。犬が人を噛んでもニュースにならないように、ニュースにするなら大会が開催される! というお…

野崎史高のファイナル・セロー

ヤマハのロングセラーのセローの開発終了となり、セローファイナルエディションが発表されて現在発売中なのはご存知の通りだけど、このたび、野崎史高…

イベント(大会)

メッツカップ第2戦も中止に

メッツカップ第2戦(7月5日・会場オフロードパークSHIRAI)は、残念ですが中止いたします。 (さらに…)…

7月12日の全日本北海道大会は中止

全日本選手権シリーズは、COVID-19の影響で開幕が遅れているが、ここまで事実上の開幕戦となることになっていた北海道大会の中止が発表された…

TrialGP、イタリアとイギリスも延期

世界的にCOVID-19の騒ぎがなかなかおさまらない。2020年トライアルGPは、すでに6月の大会まで延期が決まっているが、5月2日にはさら…

自然山通信5月号発売!

自然山通信5月号発売開始!世界中のトライアルイベント延期・中止が続いてます。自然山通信5月号ではIASライダー全員に出場していただき「202…

自然山通信2020年5月号電子版

自然山通信電子版は自粛せず、みなさまのメモリー空間にお届けします。PDFで配信いたしますので、ダウンロードして、お手元の電子端末(パソコン、…

2017お勉強会

6/13高田島お勉強会

2010年から続けていて、まずまず好評をいただいたお勉強会・体験会のお知らせです。限定10名様。 福島県双葉郡川内村で…

JITSIEボディープロテクター

トライアルライディング中のアクシデントから体を守る。JITSIEが開発するトライアル専用ボディープロテクター、三谷モータースポーツより発…

ページ上部へ戻る