2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. MFJトライアル
  3. トライアル・デ・ナシオン
  4. 2017TDN
  5. イベント(その他)
  6. MFJトライアル
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント告知
  10. イベント(大会)
  11. イベント(スクール)
  12. イベント(大会)
  13. イベント(その他)
  14. イベント(その他)
  15. リザルト中国
  16. リザルト近畿
  17. イベント(大会)
  18. 2016高田島ツートラ
  19. リザルト関東
  20. MINI VANDAL
  21. リザルト中国
  22. イベント(大会)
  23. リザルト中部

    2018.08.26

    第17回梅ヶ島
  24. リザルト北海道

    2018.08.26

    2018遊ing第4戦
  25. リザルト東北
  26. MFJトライアル
  27. イベント(大会)
  28. MFJトライアル
  29. リザルト関東
  30. リザルト中国
  31. イベント(大会)
  32. イベント(スクール)
  33. イベント(大会)
  34. イベント(大会)
  35. イベント(大会)
  36. イベント(大会)
  37. 2017お勉強会
  38. リザルト四国
  39. リザルト中国
  40. リザルト中部
  41. 2019モンテッサ
  42. TLR200用キックアーム
  43. Vertigo 2019モデル
  44. 生駒テックオープン
  45. リザルト中国
  46. リザルト四国
  47. リザルト関東
  48. 2017TDN
  49. リザルト東北
  50. MFJトライアル
  51. リザルト中国
  52. リザルト関東
  53. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

1504かかえられる藤波

世界戦選手権もてぎ2日目、藤波万歳

 ストライダー日本GP、2日目。日曜日の戦いは、最後の最後にドラマが待っていた。トニー・ボウ優勝、2位に入ったのが、膝の手術から復帰したばかりの藤波貴久だった。レプソル・ホンダ・チームにとっては、ワンツーフィニッシュという最高の結果で幕を下ろした日本GPとなった。

1504もてぎ2日目の藤波

 藤波の滑り出しは、けっしてよくなかった。ボウ以外のみんなが5点になった第3セクションをはさんで、第2から第4まで3連続5点。いきなり15点を失って、たいへん苦しい戦いとなってしまった。
 2ラップ目も、減点数はいくらか減ったものの、まだ肝心なところで5点になってしまったりして、なかなか追い上げができない。ようやくいい走りができるようになったのは、3ラップ目になってのことだった。3ラップ目、藤波は難攻不落の3セクション以外では5点なし、トータル10点で試合をまとめた。
 この時点では4位ということで、後続のライダーのゴールを待つことになった藤波だが、まずアダム・ラガが11セクションで5点となったという情報で、藤波の3位表彰台が濃厚となった。続いてジェロニ・ファハルドも11セクションで5点。これでファハルドとは同点ではないかという情報で、ともあれ藤波は表彰台獲得でまずまずという結果に終わるところだった。
 ところが情報を精査してみると、ファハルドと藤波では藤波が2点リードしているということがわかり、藤波の2位が確定。藤波のゴール後に4位から2位に浮上するという、なにかが舞い降りてきたかのような藤波の2位、そしてレプソル・ホンダのワンツーフィニッシュ獲得劇となった。

1504もてぎ2日目のボウ

 勝ったのはもちろんトニー・ボウ。誰もがいけない第3セクションを1ラップ目にただ一人クリーン。スコア的にも精神的にも、大きなアドバンテージを得たボウだった。
 土曜日に2位となったファハルドが日曜日に3位になったことで、開幕2戦を終えてボウのランキングポイントは早くも8点リード。9連覇に向けて、なんとも幸先のいいスタートを切った。

1504もてぎ2日目のファハルド

 最後の最後で、藤波に2位の座を奪われたファハルドだが、2位と3位で、ランキング2位のスタートは悪くない。終盤まで2位を守っていただけに結果はちょっと残念だが、悪くない日本大会になったと週末の感想を語ったファハルドだった。
 2位争いから一気に4位に滑り落ちたアダム・ラガは、ゴール後パドックから出てこず。日本大会を終えて、ランキング4位で今シーズンをスタートさせることになった。
 全日本組の最上位は小川友幸の7位、黒山健一が10位、小川毅士11位、野崎史高12位と続き、野本佳章が14位、IASルーキーの佐藤優樹が15位で世界選手権ポイントをゲットした。
 土曜日に負傷した斎藤晶夫と柴田暁は大事をとって欠場。日曜日にはマイケル・ブラウンとホルヘ・カサレスがケガのためリタイヤとなっている。

関連記事

2018全日本最終戦東北SUGO全結果

全日本選手権第7戦(最終戦)東北大会 2018年10月20・21日 宮城県柴田郡村田町スポーツランドSUGO 観客数:1,100人 …

新型「SWまるやま」オリジナルトライアル用グローブ発売!

定評あるスーパーウイングまるやまオリジナル「トライアル用グローブ」が操作性向上と耐久性アップ。新型発売を記念して¥500割引で販売中!※お一…

三谷モータースポーツより、YAMAHAセロー・トリッカー用トライアルフェンダー発売

セローとトリッカーをトライル仕様に! 三谷モータースポーツより、YAMAHAセロー用トライアルフロントフェンダーKIT、トリッカー用カーボン…

ソニーαはニコンZとキヤノンRを迎え撃てるのか

このところ、ニコンとキヤノンが相次いでミラーレスの本気カメラを発表して、ぼくのご愛用のソニーαもあやうしになってきた。10年後、カメラはどん…

MFJトライアル

全日本最終戦は10月21日、スポーツランドSUGOにて

2018全日本選手権第7戦東北大会は、10月21日、宮城県スポーツランドSUGOで開催される。 自然山通信謹製、ランキング順(スタート…

トムス新製品【限定発売】64チタンステップ

超軽量な WELD ONE・チタン製ステップが京都のトライアルショップ「トムス」より発売されます。5セットのみ限定製作です。 (さら…

小川と野崎、最終決戦はまず小川が勝利

最終戦を2週間後に控えて、全日本選手権中部大会は10月7日、いつものように愛知県岡崎市キョウセイドライバーランドで開催された。 IAS…

自然山通信2018年10月号電子版

自然山通信10月号電子版をご用意しました。ダウンロードして、お手持ちの電子端末でお楽しみください。 今月はデ・ナシオン取材で10月号の…

三谷モータースポーツよりS3新製品

三谷モータースポーツより「S3」ブランドの新製品、アルミスネルカムアジャスターSET、EBSマテリアルグリップが発売されました。 (さら…

201810/9

自然山通信10月号発売中!

少々発行が遅れてしまいましたが【速報 トライアル・デ・ナシオン/日本チームからのメッセージ】掲載特集号・自然山通信10月号を発売しました!B…

ページ上部へ戻る