2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  1. イベント(大会)
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. リザルト中国
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. リザルト中国
  9. イベント(大会)
  10. MFJトライアル
  11. リザルト関東
  12. イベント(スクール)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. リザルト中国
  17. リザルト中部
  18. リザルト関東
  19. 自然山通信2019年3月号
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. イベント(スクール)
  25. イベント(その他)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

1504かかえられる藤波

世界戦選手権もてぎ2日目、藤波万歳

 ストライダー日本GP、2日目。日曜日の戦いは、最後の最後にドラマが待っていた。トニー・ボウ優勝、2位に入ったのが、膝の手術から復帰したばかりの藤波貴久だった。レプソル・ホンダ・チームにとっては、ワンツーフィニッシュという最高の結果で幕を下ろした日本GPとなった。

1504もてぎ2日目の藤波

 藤波の滑り出しは、けっしてよくなかった。ボウ以外のみんなが5点になった第3セクションをはさんで、第2から第4まで3連続5点。いきなり15点を失って、たいへん苦しい戦いとなってしまった。
 2ラップ目も、減点数はいくらか減ったものの、まだ肝心なところで5点になってしまったりして、なかなか追い上げができない。ようやくいい走りができるようになったのは、3ラップ目になってのことだった。3ラップ目、藤波は難攻不落の3セクション以外では5点なし、トータル10点で試合をまとめた。
 この時点では4位ということで、後続のライダーのゴールを待つことになった藤波だが、まずアダム・ラガが11セクションで5点となったという情報で、藤波の3位表彰台が濃厚となった。続いてジェロニ・ファハルドも11セクションで5点。これでファハルドとは同点ではないかという情報で、ともあれ藤波は表彰台獲得でまずまずという結果に終わるところだった。
 ところが情報を精査してみると、ファハルドと藤波では藤波が2点リードしているということがわかり、藤波の2位が確定。藤波のゴール後に4位から2位に浮上するという、なにかが舞い降りてきたかのような藤波の2位、そしてレプソル・ホンダのワンツーフィニッシュ獲得劇となった。

1504もてぎ2日目のボウ

 勝ったのはもちろんトニー・ボウ。誰もがいけない第3セクションを1ラップ目にただ一人クリーン。スコア的にも精神的にも、大きなアドバンテージを得たボウだった。
 土曜日に2位となったファハルドが日曜日に3位になったことで、開幕2戦を終えてボウのランキングポイントは早くも8点リード。9連覇に向けて、なんとも幸先のいいスタートを切った。

1504もてぎ2日目のファハルド

 最後の最後で、藤波に2位の座を奪われたファハルドだが、2位と3位で、ランキング2位のスタートは悪くない。終盤まで2位を守っていただけに結果はちょっと残念だが、悪くない日本大会になったと週末の感想を語ったファハルドだった。
 2位争いから一気に4位に滑り落ちたアダム・ラガは、ゴール後パドックから出てこず。日本大会を終えて、ランキング4位で今シーズンをスタートさせることになった。
 全日本組の最上位は小川友幸の7位、黒山健一が10位、小川毅士11位、野崎史高12位と続き、野本佳章が14位、IASルーキーの佐藤優樹が15位で世界選手権ポイントをゲットした。
 土曜日に負傷した斎藤晶夫と柴田暁は大事をとって欠場。日曜日にはマイケル・ブラウンとホルヘ・カサレスがケガのためリタイヤとなっている。

関連記事

黒山健一、再び世界チャンピオンに向けて

黒山健一が、昨2018年に続き、世界選手権電動クラスに参戦する。黒山健一は昨年のフランスGPとベルギーGPに組まれた電動クラスに参戦、ランキ…

熾烈なトップ争いが期待される電動トライアル

ヤマハと黒山健一の参戦で盛り上がっているトライアルE(電動)世界選手権。今年は6月23日オランダGPと30日ベルギーGPの2戦にわたって開催…

ストライダー日本グランプリDay2も藤波3位表彰台!

6月9日、ツインリンクもてぎでの世界選手権、その2日目。トニー・ボウが見事な勝利を飾り、藤波貴久は再び表彰台に上った。2位はアダム・ラガ、黒…

ストライダー日本グランプリDAY1の結果

6月8日土曜日、ツインリンクもてぎで世界選手権第2戦、その1日目が開催された。 (さらに…)…

ストライダー日本グランプリ予選結果

世界選手権日本大会(正しくは「2019 FIMトライアル世界選手権第2戦ストライダー日本グランプリ」という)が始まった。 木曜日に受付・車検…

イベント(大会)

10/27第24回水源の森

第24回 水源の森ツーリング・トレッキング・トライアル&やまびこ祭り (さらに…)…

イベント(大会)

8/24第7回OASIS CUP

第7回 OASIS CUP トレッキング・トライアルIN比和 (さらに…)…

自然山通信2019年6月号電子版

自然山通信電子版をご用意しました。印刷した紙版と同じ消費税込み308円でのご提供です。 PDFでお届けしますので、お手もとのスマートフ…

自然山通信6月号発売!

「自然山通信6月号」発売のお知らせです。全日本選手権R2九州10ページ、CityTrial in OSAKA 6ページ、鷲ヶ岳のクラシックミ…

2019トライアル・デ・ナシオン(TDN)日本代表選手決定

2019年トライアル・デ・ナシオン(TDN)に参加する日本代表選手が決定して、発表された。代表選手は藤波貴久、黒山健一、小川友幸の3名だ。 …

ページ上部へ戻る