2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  1. トライアル・デ・ナシオン
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. リザルト中国
  6. TRJ / MFJ
  7. イベント(大会)
  8. MFJトライアル
  9. リザルト関東
  10. イベント(大会)
  11. MFJ
  12. リザルト中国
  13. リザルト関東
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. リザルト中部
  20. 2017TDN
  21. トライアル・デ・ナシオン
  22. リザルト関東
  23. リザルト中国
  24. 2017お勉強会
  25. リザルト中国
  26. イベント(大会)
  27. イベントリザルト
  28. リザルト中国
  29. リザルト中国
  30. TRJ / MFJ
  31. イベント(その他)
  32. リザルト中国
  33. イベント(大会)
  34. リザルト九州
  35. TRJ / MFJ
  36. リザルト中国
  37. イベント(大会)
  38. リザルト中国
  39. リザルト関東
  40. イベント(大会)
  41. イベント(スクール)
  42. イベント(スクール)
  43. リザルト関東
  44. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ボウ、7回目のタイトル。藤波は5位に

1309フランス最終戦のトニー・ボウ

 世界選手権最終戦。前日、8月31日の試合で3位となって、ランキングポイント差を5点にまで詰め寄られたトニー・ボウだったが、月も変わった9月1日の最終戦では2位に5点差、アダム・ラガに6点差をつけて勝利。自身7回目のアウトドア世界タイトルを獲得した。
 これはジョルディ・タレス(3連勝と4連勝)、ドギー・ランプキン(7連勝)に並ぶ大記録となる。

1309フランス最終戦のトニー・ボウ

 しかしこの日も、ボウのトライアルは平穏ではなかった。計算上は2位でもタイトルは獲得できるのだが、ラガが勝ってボウが3位となれば、タイトルは逆転でラガのものとなる。2位を狙うなどと計算高いトライアルをすることなく、勝利を目指して突き進む必要があった。
 ところがこの日は前日同様、降ると思われていた雨が降らず、少ない点数で勝負が決する清心戦となりそうな気配だった。ひとつのミス、ひとつの5点が結果を大きく左右することもある。

1309フランス最終戦のアルベルト・カベスタニー

日曜日は好調だったカベスタニー

 多くのライダーが5点となる第4セクションを1点で抜けたボウは、これでこの日の流れをつかんだかに思えたのだが、次の第5で5点。どうもペースがつかめないまま、1ラップ目の減点は17。これはアルベルト・カベスタニーと同点だったが、彼らより言いスコアで1ラップを終えたライダーは3人もいた。アダム・ラガとジェロニ・ファハルド。このふたりもまた同点で、そのスコアは15。そして11点で1ラップ目のトップに立ったのが、イギリス人のジェイムス・ダビルだった。藤波貴久はボウとカベスタニーよりわずか1点だけ減点が多い18点で6位につけている。1ラップ目の結果は、上位6人がまず横並びといっていい。
 2ラップ目、うまくペースを上げられたライダーは3人。ボウとラガ、そしてカベスタニーだった。ファハルド、ダビル、藤波は二桁減点を献上して、トップ争いからは後退を始めていた。2ラップ目が終わって、トップはラガの17点、2位がボウの19点、3位はカベスタニーの23点。まだまだ勝負は混とんとしていた。
 3ラップ目、ラガがペースを早めてきた。雲行きがあやしい。雨が降ると読んだのだ。この作戦がラガにどんな影響を与えたか、3ラップ目のラガは11点の減点をとってゴール、ボウの減点に期待を持つことになった。
 ボウは逆に、しっかりと1セクション1セクションを走り続けていた。雨は、結局降らなかった。ボウの3ラップ目の減点は3点。カベスタニーが4点で3ラップ目を終えてきて、これでボウの勝利が決まった。そして7回目の世界タイトルも決定だ。
 3ラップ目を4点と、ボウに次ぐ好スコアでまとめてきたのがカベスタニー。カベスタニーは最後の最後で2位入賞して、ランキングをひとつあげて2013年シーズンを終えた。

1309フランス最終戦のアダム・ラガ

最終戦は3位、2013年ランキング2位のラガ

 ラガは3ラップ目の減点がきいて3位。結局、ボウにはランキングポイントで10点の差をつけられてチャンピオンの奪還はならなかった。しかし2007年以来、7年連続のランキング2位は、なかなか立派な成績といえる。なにより、今シーズン、ボウにまったくひけを取らない戦いを続けた走りっぷりは見事だった。

1309フランス最終戦のジェロニ・ファハルド

ランキング3位獲得のファハルド

 前日の2位からこの日はちょっと順位を落としてしまって4位となったのがファハルド。しかしファハルドは、この1戦で、ランキング3位を奪取した。思えば開幕の日本大会での2日目、あと一歩で勝利をつかむまでにきていながら自らのミスで2位に甘んじ、藤波に勝利されたところから始まったシーズンだった。最後の最後に、自らの踏ん張りで藤波からランキング3位をもぎ取ることに成功した。

1309フランス最終戦の藤波貴久
ランキング5位。しかし今シーズン、ボウとラガ以外で勝利したのは、藤波だけだ

 そして藤波。なんとしてもランキング3位に返り咲きたい藤波だったが、土曜日日曜日ともに6位。最終戦だけでファハルドに10点、カベスタニーに8点その差を縮められるという結果で、なんと最後の最後に来てランキング3位からランキング5位に転落することになった。2013年の藤波は開幕戦で勝利するなど、よいところも見せていただけに、最後が残念な結果になった。
 世界選手権トライアルは、この1週間後にトライアル・デ・ナシオンが開催されてシーズンを終える。ただし藤波は、日本の男子チームが不参加を決めているため、TDNには参加せず。藤波の2013年アウトドアのシーズンは、このIsola2000で終了となった。

1309最終戦結果

クリックすると、セクションごとのリザルト(PDF)が開くか、またはダウンロードされます

関連記事

歴代世界GPランキング

世界選手権の、歴代のランキング一覧です。 全クラス、ランキング15位までを抽出させていただきました。15位までに空欄がある場合…

2023年の久岡孝二はホンダに乗る

久岡孝二が2023年にホンダに乗ることが発表になった。新年早々、ヤマハ発動機とチームVICTORYから離れることを公表した久岡だったが、次な…

飛翔、廣畑伸哉。世界選手権トライアル2へ

全日本IASの中で最も若手の廣畑伸哉が、2023年は世界選手権に全戦挑戦することになった。チームは、藤波貴久監督が力を入れると語っていたモン…

自然山通信2023年1月号電子版

遅くなりました。2023年お正月の1月号、電子版をご用意いたしました。 2023年も、どうぞよろしくお願いします。 (さらに&he…

自然山通信2023年1月号発売

2023年になりました。通算311号になる自然山通信1月号の発売です。『ありがとう、藤波貴久。ありがとう、ファンのみんな!』3年ぶりのホンダ…

トライアル・デ・ナシオン

TDN募金会計報告#20

自然山通信がおこなっているデ・ナシオン支援活動の会計報告です。 みなさまからのご厚意は、年に一度、トライアル選手会に送らせていただいていま…

2023 Vertigo新参戦チーム体制

チーム「VERTIGO with MITANI」より、2023年全日本トライアル選手権シリーズに参戦するVertigoのチーム体制の発表…

イベント(大会)

202212/27

2023わびさびトライアル大会

2023年わびさびトライアル大会の日程です。 トライアルチーム嵐山不老天狗 玉田さんより届いた情報です。  (さらに&hellip…

イベント(大会)

202212/22

1/22植木新春大会

植木トライアル乗で、新春大会を開催します。 (さらに…)…

イベント(大会)

202212/22

1/22新春糸島トライアル大会

2023年1月22日(日) 新春糸島トライアル大会 開催します。 (さらに…)…

ページ上部へ戻る