2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  1. 2017お勉強会
  2. イベント(大会)
  3. TRJ / MFJ
  4. TRJ / MFJ
  5. イベント(その他)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. TRJ / MFJ
  10. イベント(大会)
  11. リザルト関東
  12. イベント(大会)
  13. イベント(スクール)
  14. イベント(スクール)
  15. リザルト関東
  16. イベント(大会)
  17. TRJ / MFJ
  18. TRJ / MFJ
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. リザルト関東
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. リザルト中国
  26. MFJトライアル
  27. リザルト東北
  28. リザルト関東
  29. リザルト関東
  30. リザルト中国
  31. イベント(大会)
  32. TRJ / MFJ
  33. TRJ / MFJ
  34. TRJ / MFJ
  35. MFJトライアル
  36. リザルト関東
  37. TRJ / MFJ
  38. リザルト中国
  39. リザルト関東
  40. トライアル・デ・ナシオン
  41. 2017TDN
  42. リザルト関東

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

1606スウェーデンのカベスタニー

ボウ、6連勝目のスウェーデン

 6月6日、7日、世界選手権はスウェーデンにやってきた。今年は全戦が土曜日日曜日の2日制。今回もまた、トニー・ボウが2日間ともに勝利。今シーズン3回目のパーフェクト勝利を果たした。2位はジェロニ・ファハルドとアダム・ラガ、3位は藤波貴久とアルベルト・カベスタニー。2位以降がばらけていることで、ボウの独走はますます際立っている。

1606スウェーデンのボウ

 すぐ前の週がチェコ大会。会場はドイツ国境の近くで、ヨーロッパ北部からスカンジナビア半島の南の国への移動だから、絶望的な移動ではないものの、開幕戦が日本で、このあとがイギリスと続くから、今シーズンはちょっと遠征が続いている。
 プライベーターの多くは自分の車を引いてパドックからパドックへ渡り歩くクラシックなスタイルをとっているが、近ごろのトップライダーは飛行機移動でホテル住まいが一般的になっている。トップライダーのほとんどは本拠地がバルセロナだから、バルセロナからチェコ、チェコからバルセロナ、数日後にバルセロナからスウェーデン、数日をスウェーデンで過ごしてバルセロナへ、そして数日後イギリスへと、忙しい週末が続くことになる。

1606スウェーデンのファハルド

 雨は降ったり止んだりで、湿地のようなもともと水を含んだスウェーデンの大地は、ますます走りにくくなっていた。地元エディ・カールソンはそんなコンディションが走り慣れているのか、今回は調子がよさそうだ。
 1ラップ目のトップはファハルドがとった。ファハルドのラップ減点は15点。続く2位がボウで19点、そして3位につけたのが藤波貴久で21点だった。
 しかしやはりボウが本領を発揮し始めると、ライバルには徐々に差がつきはじめてきた。2ラップ目に追い上げたのはラガで、1ラップ目のファハルドと同点の15点をマークしている。しかしボウは2ラップ目には10点で帰ってきた。
 3ラップ目、ラップ減点でトップだったのは、藤波だった。実は藤波は、2ラップ目の9セクションで岩に足をぶつけ、以後は痛みと戦いながらトライを続けることになった。しかしケガをしたことで集中力が増しでもしたか、減点はぐんと減って12点となった。
 結果、藤波はファハルドに2点差で3位表彰台。チェコでは表彰台を逃していた藤波だったが、再び表彰台に帰ってきた。ラガは2ラップ目3ラップ目に追い上げるも、藤波には6点差で4位となった。

1606スウェーデンの藤波

 日曜日は、結果はボウの連勝となったが、ラガの粘りが光った。1ラップ目はボウ10点に対して13点、2ラップ目はボウ10点に対しラガ7点、3ラップ目がボウ5点に対しラガ8点と、3ラップを通じて抜きつ抜かれつの僅差の戦いとなった。結果は3点差でボウの勝利となったが、この勝負はどちらが勝ってもおかしくなかった、ボウの連勝に土がつくとすれば、ここまでで一番可能性のあった一番となった。
 日曜日の3位はカベスタニー。
 ランキングでは、4戦8試合を終えて、ボウのリードは28点にまで広がっている(1試合お休みをしても、まだボウがランキングトップを維持するという点差だ)。今回ラガが4位に落ちたことでランキング2位以降は少し接戦。ラガ92点、ファハルド86点、藤波79点、カベスタニー73点。これに続くが、レプソル・ホンダ・チームのルーキー、ハイメ・ブストの60点となっている。

1606スウェーデンのラガ

https://www.shizenyama.com/wp-content/uploads/2015/06/D1_Pro_Results.pdf

https://www.shizenyama.com/wp-content/uploads/2015/06/D2_Pro_Results.pdf

https://www.shizenyama.com/wp-content/uploads/2015/06/World-Pro-Standings.pdf

https://www.shizenyama.com/wp-content/uploads/2015/06/D1_SWE_cup.pdf

https://www.shizenyama.com/wp-content/uploads/2015/06/D2_SWE_cup.pdf

https://www.shizenyama.com/wp-content/uploads/2015/06/D1_SWE_125.pdf

https://www.shizenyama.com/wp-content/uploads/2015/06/D2_SWE_125.pdf

関連記事

自然山通信2022年8月号電子版

8月15日になってしまってお盆になってしまいましたが、8月号電子版も、ひっそりとできあがっております。 (さらに…)…

2017お勉強会

8/27高田島お勉強会

2010年から続けていて、まずまず好評をいただいたお勉強会・体験会のお知らせです。限定10名様。 福島県双葉郡川内村で…

自然山通信8月号発売中

自然山通信8月号発売中!世界選手権参戦から一時帰国した小川毅士とマインダーのガミーこと大神智樹のインタビュー「ツヨシとGAMMyの持ちつ持た…

イベント(大会)

10/9 2022年メッツカップ第2戦

2022年メッツカップ第2戦のお知らせ トライアルメッツクラブより 初心者の方が安心して楽しめ元気が出る親睦草大会です。 感染予防…

2022年の原発見学

2年分ぶりに、福島第一原発を見学してきた。今回は、初めて経験させてもらえることもあって、興味深かった。だらだら長くなってしまったけど、原発廃…

8/19-20 2022シティトライアルジャパン開催

全日本選手権第5戦はシティトライアルジャパン(CTJ)。いろいろと、これが初めての試みとなる。MFJ公式プロモーションサイトに詳細が公開され…

TRJ / MFJ

2022年全日本選手権ランキング(独自集計)

2022年全日本選手権ポイントランキング(第4戦北海道大会終了現在)です。 MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。各ラウンドの数…

TRJ / MFJ

2022全日本選手権第4戦北海道大会リザルト

2022全日本選手権第3戦関東大会リザルト ●2022年7月17日 ●北海道上川郡和寒町わっさむサーキット 天候:晴れのち曇り…

イベント(その他)

10/16第4回中部クラシックトライアルミーティング

中部クラシックトライアルミーティングを鷲ヶ岳スキー場にて開催します。普段あまり動かす機会のないヴィンテージなトライアル車を走らせましょう。 …

自然山通信2022年7月号

印刷して製本された自然山通信はすでに皆様のお手元に発送させていただきましたが、PDFで配信する電子版もご用意しました。 お手元の電子機…

ページ上部へ戻る