2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
  1. トライアル・デ・ナシオン
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. リザルト中国
  6. TRJ / MFJ
  7. イベント(大会)
  8. MFJトライアル
  9. リザルト関東
  10. イベント(大会)
  11. MFJ
  12. リザルト中国
  13. リザルト関東
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. リザルト中部
  20. 2017TDN
  21. トライアル・デ・ナシオン
  22. リザルト関東
  23. リザルト中国
  24. 2017お勉強会
  25. リザルト中国
  26. イベント(大会)
  27. イベントリザルト
  28. リザルト中国
  29. リザルト中国
  30. TRJ / MFJ
  31. イベント(その他)
  32. リザルト中国
  33. イベント(大会)
  34. リザルト九州
  35. TRJ / MFJ
  36. リザルト中国
  37. イベント(大会)
  38. リザルト中国
  39. リザルト関東
  40. イベント(大会)
  41. イベント(スクール)
  42. イベント(スクール)
  43. リザルト関東
  44. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

1606スウェーデンのカベスタニー

ボウ、6連勝目のスウェーデン

 6月6日、7日、世界選手権はスウェーデンにやってきた。今年は全戦が土曜日日曜日の2日制。今回もまた、トニー・ボウが2日間ともに勝利。今シーズン3回目のパーフェクト勝利を果たした。2位はジェロニ・ファハルドとアダム・ラガ、3位は藤波貴久とアルベルト・カベスタニー。2位以降がばらけていることで、ボウの独走はますます際立っている。

1606スウェーデンのボウ

 すぐ前の週がチェコ大会。会場はドイツ国境の近くで、ヨーロッパ北部からスカンジナビア半島の南の国への移動だから、絶望的な移動ではないものの、開幕戦が日本で、このあとがイギリスと続くから、今シーズンはちょっと遠征が続いている。
 プライベーターの多くは自分の車を引いてパドックからパドックへ渡り歩くクラシックなスタイルをとっているが、近ごろのトップライダーは飛行機移動でホテル住まいが一般的になっている。トップライダーのほとんどは本拠地がバルセロナだから、バルセロナからチェコ、チェコからバルセロナ、数日後にバルセロナからスウェーデン、数日をスウェーデンで過ごしてバルセロナへ、そして数日後イギリスへと、忙しい週末が続くことになる。

1606スウェーデンのファハルド

 雨は降ったり止んだりで、湿地のようなもともと水を含んだスウェーデンの大地は、ますます走りにくくなっていた。地元エディ・カールソンはそんなコンディションが走り慣れているのか、今回は調子がよさそうだ。
 1ラップ目のトップはファハルドがとった。ファハルドのラップ減点は15点。続く2位がボウで19点、そして3位につけたのが藤波貴久で21点だった。
 しかしやはりボウが本領を発揮し始めると、ライバルには徐々に差がつきはじめてきた。2ラップ目に追い上げたのはラガで、1ラップ目のファハルドと同点の15点をマークしている。しかしボウは2ラップ目には10点で帰ってきた。
 3ラップ目、ラップ減点でトップだったのは、藤波だった。実は藤波は、2ラップ目の9セクションで岩に足をぶつけ、以後は痛みと戦いながらトライを続けることになった。しかしケガをしたことで集中力が増しでもしたか、減点はぐんと減って12点となった。
 結果、藤波はファハルドに2点差で3位表彰台。チェコでは表彰台を逃していた藤波だったが、再び表彰台に帰ってきた。ラガは2ラップ目3ラップ目に追い上げるも、藤波には6点差で4位となった。

1606スウェーデンの藤波

 日曜日は、結果はボウの連勝となったが、ラガの粘りが光った。1ラップ目はボウ10点に対して13点、2ラップ目はボウ10点に対しラガ7点、3ラップ目がボウ5点に対しラガ8点と、3ラップを通じて抜きつ抜かれつの僅差の戦いとなった。結果は3点差でボウの勝利となったが、この勝負はどちらが勝ってもおかしくなかった、ボウの連勝に土がつくとすれば、ここまでで一番可能性のあった一番となった。
 日曜日の3位はカベスタニー。
 ランキングでは、4戦8試合を終えて、ボウのリードは28点にまで広がっている(1試合お休みをしても、まだボウがランキングトップを維持するという点差だ)。今回ラガが4位に落ちたことでランキング2位以降は少し接戦。ラガ92点、ファハルド86点、藤波79点、カベスタニー73点。これに続くが、レプソル・ホンダ・チームのルーキー、ハイメ・ブストの60点となっている。

1606スウェーデンのラガ

https://www.shizenyama.com/wp-content/uploads/2015/06/D1_Pro_Results.pdf

https://www.shizenyama.com/wp-content/uploads/2015/06/D2_Pro_Results.pdf

https://www.shizenyama.com/wp-content/uploads/2015/06/World-Pro-Standings.pdf

https://www.shizenyama.com/wp-content/uploads/2015/06/D1_SWE_cup.pdf

https://www.shizenyama.com/wp-content/uploads/2015/06/D2_SWE_cup.pdf

https://www.shizenyama.com/wp-content/uploads/2015/06/D1_SWE_125.pdf

https://www.shizenyama.com/wp-content/uploads/2015/06/D2_SWE_125.pdf

関連記事

歴代世界GPランキング

世界選手権の、歴代のランキング一覧です。 全クラス、ランキング15位までを抽出させていただきました。15位までに空欄がある場合…

2023年の久岡孝二はホンダに乗る

久岡孝二が2023年にホンダに乗ることが発表になった。新年早々、ヤマハ発動機とチームVICTORYから離れることを公表した久岡だったが、次な…

飛翔、廣畑伸哉。世界選手権トライアル2へ

全日本IASの中で最も若手の廣畑伸哉が、2023年は世界選手権に全戦挑戦することになった。チームは、藤波貴久監督が力を入れると語っていたモン…

自然山通信2023年1月号電子版

遅くなりました。2023年お正月の1月号、電子版をご用意いたしました。 2023年も、どうぞよろしくお願いします。 (さらに&he…

自然山通信2023年1月号発売

2023年になりました。通算311号になる自然山通信1月号の発売です。『ありがとう、藤波貴久。ありがとう、ファンのみんな!』3年ぶりのホンダ…

トライアル・デ・ナシオン

TDN募金会計報告#20

自然山通信がおこなっているデ・ナシオン支援活動の会計報告です。 みなさまからのご厚意は、年に一度、トライアル選手会に送らせていただいていま…

2023 Vertigo新参戦チーム体制

チーム「VERTIGO with MITANI」より、2023年全日本トライアル選手権シリーズに参戦するVertigoのチーム体制の発表…

イベント(大会)

202212/27

2023わびさびトライアル大会

2023年わびさびトライアル大会の日程です。 トライアルチーム嵐山不老天狗 玉田さんより届いた情報です。  (さらに&hellip…

イベント(大会)

202212/22

1/22植木新春大会

植木トライアル乗で、新春大会を開催します。 (さらに…)…

イベント(大会)

202212/22

1/22新春糸島トライアル大会

2023年1月22日(日) 新春糸島トライアル大会 開催します。 (さらに…)…

ページ上部へ戻る