2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  1. イベント(大会)
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. リザルト中国
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. リザルト中国
  9. イベント(大会)
  10. MFJトライアル
  11. リザルト関東
  12. イベント(スクール)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. リザルト中国
  17. リザルト中部
  18. リザルト関東
  19. 自然山通信2019年3月号
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. イベント(スクール)
  25. イベント(その他)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2009ベータはEVO

09ベータフレームのアップ

 ベータが、2009年モデルを発表した。スペイン大会の土曜日の午後5時からニューモデルのお披露目セレモニーがあった。そこで登場したマシンはこんなフォルムを持っている。全面的な一新モデルだ。マシン名もこれまでのREV-3からEVO-2Tとなっている。Evolutionの意味合いだ。
 見ての通り、徹底的な軽量化を実現したのが大きな特徴。車重は69kgという。
 販売時期、価格は未定。
*写真追加しました。
*さらに写真追加しました。
*諸元表、追加しました。


 2009年モデルは変更点だらけだが、2ストローク水冷エンジンも新設計。125、250、そして新しいラインアップの290の3機種がそろっている。
 CDIのダブルマッピングシステムを搭載して、モード切替が可能になった。また新設計フレームと各部の徹底な見直しによって、乾燥重量は290で69Kgを実現。いよいよベータも軽量マシンの仲間入りだ。

09ベータ

 事前に流れた写真では、なにやらやたらとスリムそうな車体構成はうかがえたが、実際、どこまで軽量化が進んだモデルなのかは、実物を見るまでははっきりしなかった。
 実物を目にした関係者は一様にびっくり仰天。応力が集中すると思われるステアリングヘッド周りが、5cmほどの幅の各パイプ一本で構成されている。そのとおり、フレームには「シングル・ボックス・フレーム」というステッカーが貼られている。
 そしてこれが一大変化。リヤサスペンションにリンク機構を採用した。REV-3以降リンクレスを採用してきたベータが、再びリンクサスでより操作性向上を狙ってきた。

09EVO左
09EVO右

 発表会は土曜日の午後5時から始まるというんで5時には始まらないだろうと5時5分にベータのテントの前にいったら、やまほどの人垣ができていた。ドギー・ランプキンやジェロニ・ファハルドを含めて、このマシンを初めて見る人ばっかりだから、人垣は切れない。

右からの横位置
右下から

 配布された資料にはなかった右方向からのビュー。実物を見ても、タンクがのってないとしか思えないスリムさ。
 一応、リンクがついているという証拠写真も撮ってみました。全体に、フレームはとてもコンパクトです。というか、薄い。
 トライアルマシンからは最初にシートがなくなり、次にタンクがなくなり、今度はいよいよ、フレームというか、どうやらマシン自体が質量を消そうとしているようだ。アルミフレームで、ガスガスと肩を並べる69kgを実現したというのは、これはすごいことだ。

リンク
上から
サイレンサー

 マシンが発表されたあと、軽食とお飲物が振る舞われて(奥から、ちゃんとワインも出てきた)その席で社長のラポ・ビアンキさんを見つけたので、ちょっと聞いてみました。
 ラボさんは、ドギー・ランプキンが初タイトルを獲得した頃は、トライアルウェアに身を包んで、自らサポートに出ていました。当時はお父さんが社長をやっていて、ラポさんは副社長だったので、時間的にも余裕があったのかもしれない。最近はすっかり忙しいらしくて、飛行機ですっ飛んできてパドックでロビー活動などして、また飛行機ですっ飛んで帰るというスケジュール。トライアルの現場でラポさんを見ることも、めっきり減ってしまった。でもイタリア人らしい熱い血統は、今でもまったく変わっていないように見受けられる。

ラポさんとランプキン

ラポさんとランプキン

●フレームをフルモデルチェンジしてから2年しかたってないけど、今回のモデルチェンジは予定通りですか?
「マシンの開発は常にやっていて、いつ市場に投入するかは、流動的なマーケットの動向をみきわめておこなうことになる。フルモデルチェンジしたREV-3の2年後にEVOが登場したのは、その結果だ」
●エンジンは、基本的にはこれまでのものを踏襲したものと考えていいですか?
「今回の大きな特徴は、最大排気量を290ccに設定したことだ。それに伴って、耐久性など、全面的な見直しをおこなった。クランクシャフトも新設計、コンロッドもピストンもシリンダも、EVOのための新しいものだ。ほとんどのパーツが、これまでのものとはちがっている」
●今回は4ストロークの発表がありませんが、4ストロークはいかがですか?
「2ストロークを市場に投入するのは10月頃になると思う。その後、4ストロークが登場することになる。4ストロークは、若干のモディファイを受けて、EVOフレームに搭載される」
●市場の状況はいかがですか?
「ちょっとむずかしい状況だ。イタリア、イギリス、フランスはよかった。スペインがよろしくない。ドイツも、あんまりよくない。日本は、インポーターが変わったなどの背景を考慮すると、よい感触を持っている。2ストロークと4ストロークについては、今はまだ2ストロークのほうが元気がいい。4ストロークの注目度は高いが、マーケットが追従してくるのは、しばらく先のことだと思われる」
 とのことでした。
諸元(ベータモーター発表)

シャーシ EVO 250cc EVO 290cc EVO 125cc EVO 4T 250cc EVO 4T 300cc
フレーム アルミ・モノチューブ アルミ・モノチューブ アルミ・モノチューブ アルミ・モノチューブ アルミ・モノチューブ
ホイールベース 1305 1305 1305 1305 1305
全長 1990 1990 1990 1990 1990
全幅 850 850 850 850 850
全高 1115 1115 1115 1115 1115
シート高 660 660 660 660 660
最低地上高 310 310 310 310 310
フットレスト高 345 345 345 350 350
車重 69 69 68 72 72
燃料タンク容量 2.6 2.6 2.6 2.6 2.6
内リザーブ容量 0.5 0.5 0.5
冷却水容量 600 600 600 600 600
フロントフォーク 38φ 38φ 38φ 38φ 38φ
リヤサスペンション リンク式モノショック リンク式モノショック リンク式モノショック リンク式モノショック リンク式モノショック
リヤサスストローク 60 60 60 60 60
フロントホイールトラベル 165 165 165 165 165
リヤホイールトラベル 180 180 180 180 180
フロントブレーキ 185mm 4ピストン 185mm 4ピストン 185mm 4ピストン 185mm 4ピストン 185mm 4ピストン
リヤブレーキ 160mm 2ピストン 160mm 2ピストン 160mm 2ピストン 160mm 2ピストン 160mm 2ピストン
フロントホイール 21-1.6-32 21-1.6-32 21-1.6-32 21-1.6-32 21-1.6-32
リヤホイール 18-2.15-32 18-2.15-32 18-2.15-32 18-2.15-32 18-2.15-32
フロントタイヤ 2.75-21 2.75-21 2.75-21 2.75-21 2.75-21
リヤタイヤ 4.00R 18 4.00R 18 4.00R 18 4.00R 18 4.00R 18
エンジン
形式 水冷2ストローク単気筒 水冷2ストローク単気筒 水冷2ストローク単気筒 水冷4ストローク4バルブ 水冷4ストローク4バルブ
ボア 72.5mm 78.0mm 54.0mm 77.0mm 84mm
ストローク 60.5mm 60.5mm 54.0mm 53.6mm 53.6mm
排気量 249.7cc 289.1cc 124cc 249.6cc 297.3cc
圧縮比 8.9:1 9.5:1 14:1 11.5:1 11.0:1
イグニッション AET 12V-85W AET 12V-85W AET 12V-85W
点火プラグ NGK BR7ES NGK BR7ES NGK BR7ES NGK CR7EB NGK CR7EB
混合オイル比 1.5% 1.5% 1.5%
吸気 キャブレター キャブレター キャブレター キャブレター キャブレター
気化器 ケイヒンPWK 28 ケイヒンPWK 28 ケイヒンPWK 28 ミクニ ミクニ
クラッチ 湿式多板 湿式多板 湿式多板 湿式多板 湿式多板
一次減速 Z. 20/71 Z. 20/71 Z. 20/71 Z.18/63 Z.18/63
ミッション段数 6 6 6 5 5
最終減速 Z.13/41 Z.13/41 Z.13/41 Z.11/42 Z.11/42
オイル SAE 20/30(550) SAE 20/30(550) SAE 20/30(550)

関連記事

黒山健一、再び世界チャンピオンに向けて

黒山健一が、昨2018年に続き、世界選手権電動クラスに参戦する。黒山健一は昨年のフランスGPとベルギーGPに組まれた電動クラスに参戦、ランキ…

熾烈なトップ争いが期待される電動トライアル

ヤマハと黒山健一の参戦で盛り上がっているトライアルE(電動)世界選手権。今年は6月23日オランダGPと30日ベルギーGPの2戦にわたって開催…

ストライダー日本グランプリDay2も藤波3位表彰台!

6月9日、ツインリンクもてぎでの世界選手権、その2日目。トニー・ボウが見事な勝利を飾り、藤波貴久は再び表彰台に上った。2位はアダム・ラガ、黒…

ストライダー日本グランプリDAY1の結果

6月8日土曜日、ツインリンクもてぎで世界選手権第2戦、その1日目が開催された。 (さらに…)…

ストライダー日本グランプリ予選結果

世界選手権日本大会(正しくは「2019 FIMトライアル世界選手権第2戦ストライダー日本グランプリ」という)が始まった。 木曜日に受付・車検…

イベント(大会)

10/27第24回水源の森

第24回 水源の森ツーリング・トレッキング・トライアル&やまびこ祭り (さらに…)…

イベント(大会)

8/24第7回OASIS CUP

第7回 OASIS CUP トレッキング・トライアルIN比和 (さらに…)…

自然山通信2019年6月号電子版

自然山通信電子版をご用意しました。印刷した紙版と同じ消費税込み308円でのご提供です。 PDFでお届けしますので、お手もとのスマートフ…

自然山通信6月号発売!

「自然山通信6月号」発売のお知らせです。全日本選手権R2九州10ページ、CityTrial in OSAKA 6ページ、鷲ヶ岳のクラシックミ…

2019トライアル・デ・ナシオン(TDN)日本代表選手決定

2019年トライアル・デ・ナシオン(TDN)に参加する日本代表選手が決定して、発表された。代表選手は藤波貴久、黒山健一、小川友幸の3名だ。 …

ページ上部へ戻る