2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  1. 2016高田島ツートラ
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. 2017お勉強会
  7. イベント(大会)
  8. MFJトライアル
  9. イベント(大会)
  10. イベント(スクール)
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. リザルト中国
  16. 2020.04.05

    福島市へ行く
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. リザルト四国
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. イベント(大会)
  26. リザルト沖縄
  27. イベント告知
  28. 2020XTDN延期
  29. イベント(大会)
  30. SSDT中止
  31. イベント(大会)
  32. SHOEI MITANI MODEL MATブラック
  33. リザルト関東
  34. イベント(大会)
  35. イベント(スクール)
  36. イベント(スクール)
  37. イベント(スクール)
  38. イベント(大会)
  39. イベント(大会)
  40. イベント(大会)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. イベント(大会)
  44. リザルト近畿
  45. リザルト沖縄
  46. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ライア、8回目のタイトル

08スペインライア

 ライア・サンツが女子世界チャンピオンとなった。ライアのタイトルはこれで8つ目。8回の世界チャンピオンはジョルディ・タレス、ドギー・ランプキンを抜いて世界唯一の記録となった。
 ライアは昨年、たった2戦の世界選手権のうち、最終戦でイリス・クラマーに敗退して、連続チャンピオンの記録を阻まれていた。


 カステローリのパルクモーター・サーキットに設けられたセクションは、今回は難度が高かった。こうなると、ライアの敵はほぼ皆無といっていい。昨年、イリスに負けを喫したのは、たった1個の5点だった。運も実力のうちとはいうが、エンストやちょっとさわったテープが切れてしまうのは、あまり実力とはいいがたい。しかしそれでも、結果は結果だった。
 今シーズン、女子世界選手権は全3戦(昨年も3戦の予定だったが、第2戦=男子世界選手権最終戦のベルギー大会が中止となり、全2戦となった)。開幕戦は男子世界選手権開幕戦のルクセンブルクで、ライアは快勝し、2位がレベッカ・クック、3位にイリス・クラマーが入った。
 第2戦の今回は、ライアはやはり快勝し、2位にイリス、3位にレベッカとなった。
 女子世界選手権はジュニアやユースカップと同じく有効得点制となっているため、3戦中2戦で勝利したら問答無用でチャンピオンが決定。最終戦アンドラ大会(デ・ナシオンの週末の金曜日)を待たずにして、ライアのタイトルが決まったのだった。
結果

Pla Rider Nat. Machine 1L 2L Time Total Clean
1 Laia Sanz SPA Montesa 7 3 0 10 23
2 Iris KraMer GER GasGas 24 17 0 41 10
3 Rebekah Cook GBR GasGas 27 18 2 47 10
4 Donna Fox GBR Sherco 32 28 0 60 8
5 Louise Forsley USA GasGas 35 33 0 68 6
6 Maria Conway GBR Beta 38 32 0 70 7
7 Rosita Leotta GER GasGas 38 28 5 71 9
8 Sandrine Juffet FRA GasGas 38 31 2 71 7
9 Maryline Journet FRA GasGas 36 33 4 73 6
10 Emma Bristow GBR GasGas 35 33 5 73 6
11 Maddalen Aizpurua SPA GasGas 41 31 3 75 6
12 Sasha Turkington IRL GasGas 35 32 12 79 9
13 Sandra Gomez SPA GasGas 42 28 10 80 5
14 Mireia Conde SPA GasGas 37 30 16 83 7
15 Connie Ludvigsen NOR Sherco 46 35 3 84 6
16 Ina Wilde GER Sherco 38 41 6 85 7
17 Katy Sunter GBR GasGas 49 44 0 93 6
18 Blandine Guillaud FRA GasGas 47 43 3 93 5
19 Valery Rooke NED GasGas 50 49 2 101 5
20 Corie Comba FRA GasGas 57 44 0 101 3
21 Hannah Style AUS Sherco 51 44 9 104 7
22 Kristie Mckinnon AUS Scorpa 68 42 0 110 6
23 Michele Owen AUS Sherco 64 47 0 111 6
24 Rita Viera POR GasGas 63 57 0 120 2
25 Fatima Silva POR Sherco 61 60 0 121 2
26 Lonie Brooke AUS Sherco 65 56 29 150 3
R Joanne Coles GBR Sherco

関連記事

タデウスとライア、ガスガスに

タデウス・ブラズシアクがガスガスに戻り、すでにガスガスに乗っているライア・サンツとともに、再びガスガスに乗ることになった。これはエンデューロ…

2016高田島ツートラ

9/20高田島ツーリングトライアル

9月20日、ナンバー付トライアルバイクで、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区を徘徊、もとい散策しようというツーリングイベントを開催しま…

9/21高田島庭先コンペティション

9月21日(月曜日・敬老の日)、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区でのクローズドコンペ(ナンバーなしで走れます)を開催します。 …

2020年7月号電子版

自然山通信7月号電子版をご用意しました。 自然山通信をそのまんまPDFにしましたので、おもちの電子端末でお楽しみください。大きな画面で…

自然山通信7月号発売!

自然山通信7月号発売発売開始!今月の特集は『私の初めての、私だけの藤波貴久』と【特集12ページ・回想1985 WEST GERMANY】…

2020年型ガスガスはこのディーラーから販売

ガスガスの、国内販売の枠組みが見えてきた。2020年初頭に輸入元が変わってから準備を進め、ここへきてガスガスモーターサイクルジャパンからディ…

2020世界選手権と全日本選手権

7月になった。予定では開幕戦は4月だったはずだから、かれこれ3ヶ月ほどぼーっと生きていることになるが、6月の末になって、全日本選手権と世界選…

イベント(大会)

7/19里山トライアル

第56回里山トライアル大会 (さらに…)…

イベント(大会)

8/2ケニーズクラブ30周年記念大会

皆様のおかげで30年続けることが出来ました。感謝感謝。つきましては節目となるささやかな大会と記念品を用意し、お待ち申し上げます。 時節…

イベント(大会)

7/26 Gattiスクール杯

7年ぶりに開催決定!!からコロナの影響受けキャンセルに……。しかし再び開催決定です。 ゆるーいクラス~実戦クラスまで対応したセクション…

ページ上部へ戻る