2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  1. TRIAL動画チャンネル
  2. MFJトライアル
  3. KLX230skidplate
  4. 2019.11.21

    地球温暖化?
  5. MFJトライアル
  6. イベント(その他)
  7. リザルト中国
  8. リザルト中国
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. MFJトライアル
  15. リザルト近畿
  16. リザルト中国
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. 2019.10.13

    台風一過
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. リザルト関東
  24. イベント(大会)
  25. イベント(その他)
  26. MFJトライアル
  27. 2017TDN
  28. トライアル・デ・ナシオン
  29. リザルト関東
  30. リザルト東北
  31. リザルト中国
  32. リザルト関東
  33. リザルト九州
  34. リザルト中国
  35. リザルト沖縄
  36. MFJトライアル
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. イベント(大会)
  40. イベント(大会)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. リザルト中国
  44. リザルト東北
  45. イベント(大会)
  46. イベント(大会)
  47. リザルト中部
  48. リザルト四国
  49. 2019.08.02

    最近の星空
  50. イベント(大会)
  51. イベント(大会)
  52. リザルト九州
  53. リザルト沖縄
  54. 140ccボアアップセット
  55. リザルト関東
  56. ワンタッチゼッケンプレートブラック
  57. MFJトライアル
  58. リザルト中国
  59. リザルト関東
  60. リザルト九州

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2015アンドラのラガ

ラガ2連勝のアンドラ

2015アンドラのラガ

 第2戦チェコ大会からアンドラまで、6週間に5大会というハードなスケジュールの今シーズン、その中盤戦の最後を飾るアンドラ大会が、7月4日、7月5日、スペインとフランスの国境、ピレネー山脈山中にあるアンドラ公国で開催された。
 ここまで、10戦中9連勝をあげたトニー・ボウだったが、なんとこのアンドラ、勝ったのは両日ともにアダム・ラガだった。フランス大会から3連勝。ラガの逆襲がはじまっているのか。

■土曜日

 ラガの乗るマシンはガスガスTXTだが、本社の整理を受けて、ラガのマシンやウェアからはガスガスのロゴが消え去っている。参戦費用を出してもらえなくなったガスガスは、ラガのスポンサーではないということなのだろう。マシンも青くカラーリングされて、ガスガスカラーは払拭されている。
 今回のアンドラ大会は、やさしめのセクション設定だった。さっそくライダーからはもっとむずかしくしろとの声が出て、一部は修正されたものの、かなりの神経戦勝負となることが想定された。そうはいいつつ、ステアは高く、簡単に5点となれる設定でもある。
 1ラップ目、12セクションを一桁減点で回ってきたのは4人。カベスタニー1点、ボウ2点、ラガ6点、そしてファハルド8点。これに続いたのが、日本GPで負傷し、前回フランス大会から復帰してきたカサレスの17点、藤波18点、ブスト21点、フェレール24点と続いていた。トップ4が混戦、そして5位争いがまた混戦という図式だ。
 2ラップ目、カベスタニーがいきなり21点の減点でトップ争いから脱落した。ちょっとしたことで上れずに5点となると、こんな結果になってしまう。2ラップ目に一桁を維持できたのはラガ4点、ボウ8点、それにフェレール8点の3人だけだった。この調子なら、フランスで連勝記録がストップしたボウが、再び新たな連勝をスタートさせそうな感じだったのだが、逆転劇は3ラップ目に待っていた。
 ボウが5点二つをとって万事休す。このボウを尻目にラガは、3ラップ目に自身のベストスコアの3点をマークして、フランスに続く2連勝を果たしたのだった。
 5位はカサレス、6位にブスト、7位にフェレールで、藤波が8位。藤波の8位は2005年以来。近年ではありえないワースト記録となった。

■日曜日

2015アンドラのボウ

 セクションは、難度を増したという主催者の発表はそれとして、ほとんどむずかしくなってはいなかった。ゲートマーカーの位置を動かしただけで、難度を決定的に変えるのはむずかしいことにちがいない。
 日曜日には、ラガが最初から好調だった。ファハルド10点、ボウ9点、カベスタニー6点と最小減点で1ラップ目を終えたライバルに対し、ラガの減点はたったの2点だった。
 実はモンテッサの面々は、標高の高いアンドラの高地にてこずっていた。ボウとブストのマシンは300ccで、藤波だけが320ccの2015年モデルに乗っているのだが、そのいずれも、標高の高さによるパワーダウンの対策が満足いくものではなかったようだ。標高が高く空気が薄くてパワーダウンするのはどのライダーのどのマシンにも共通だが、高度にチューニングされたファクトリーマシンでは、よりその影響が大きく出るものなのかもしれない。
 それでもボウは、2ラップ目は5点。ラガが10点を取ったので、その差2点にまで詰め寄った。ボウの2ラップ目は5点が1個だけという好スコアだが、もしもこれが5点でなければ、2ラップ目にして逆転トップに出ていたところだった。
 カベスタニーの2ラップ目は14点、ファハルドは16点と、それぞれいくつかの5点を取ってしまって後退している。いいスコアも出る反面、簡単に5点も取れる、むずかしいトライアルだ。
 3ラップ目、ここで再びラガが突き放しにかかる。ラガという男、勝利への執念は半端ではないし、プレッシャーに打ち勝つ精神力も半端ではない。3ラップ目のラガのスコアは、たったの3点だった。
 ボウは第2セクションで5点を取ってしまい、これで追い上げはほぼ絶望的。今回のボウは高地セッティングの不調と神経戦のセクションに勝利を阻まれた。ボウがタイトルを獲得するようになってから、FIMはスタート順を逆順にしたりノーストップルールを採用したりと、強い者が勝ち続けないようにする策を次々に打ち出してきたが、ほんとうの特効薬はセクション難度を下げること、のような気がしてくる。

2015アンドラのラガ

 ラガはボウに7点差で3連勝達成。ボウは22点で2位となったが、今回はカベスタニーに2点差に迫られていたから、あと1ミスがあれば2位も危うかった。
 藤波は日曜日は5位。とはいえ、4位ファハルドに18点差をつけられているから、トップ争いの末の5位とは言いがたい。本人も「土曜日はセカンドグループの最下位、日曜日はセカンドグループのトップ」と自分のポジションを認めている。次のアメリカは藤波にとっては日本と並んでゲンのいい大会。ふたたびトップ争いに食い込んでくれることだろう。

2015アンドラのファハルド

2015アンドラのカベスタニー

https://www.shizenyama.com/wp-content/uploads/2015/07/150601and_pro_sec.pdf

2015アンドラ表彰台(土)

https://www.shizenyama.com/wp-content/uploads/2015/07/150602and_pro_sec.pdf

2015アンドラ表彰台(日)

https://www.shizenyama.com/wp-content/uploads/2015/07/150602and_pro_sta.pdf

https://www.shizenyama.com/wp-content/uploads/2015/07/150601and_cup_res.pdf

https://www.shizenyama.com/wp-content/uploads/2015/07/150602and_cup_res.pdf

https://www.shizenyama.com/wp-content/uploads/2015/07/150602and_125_res.pdf

https://www.shizenyama.com/wp-content/uploads/2015/07/150601and_125_res.pdf

関連記事

2019年12月号電子版できましたー

Honda Thanks Day、全日本最終戦、グラチャンにX-TRIALといえばシーズンの終わりと新しいスタートの季節です。今回は2019…

自然山通信12月号発売中!

Honda Thanks Day、全日本最終戦、グラチャンにX-TRIALといえばシーズンの終わりと新しいスタートの季節です。今回は2019…

MFJトライアル

2020MFJスケジュール

2020年全日本カレンダーが決定した。2019年同様、全日本選手権は7戦が組まれていて、世界選手権はツインリンクもてぎで第2戦として日本GP…

自然山通信オリジナル「壁掛け・2020トライアルカレンダー」プレゼント中!

2020年自然山通信謹製壁掛けオリジナルトライアルカレンダー完成しました。恒例のプレゼント開始しました! (さらに…)…

KLX230skidplate

KLX230用スキッドプレートとトレッキングシートで「トレッキング戦闘力」アップ!

ぱわあくらふとより、KAWASAKI KLX230の戦闘力を上げる「Rikizoh スキッドプレート」と、足つき性を良くする「Rikizoh…

宇宙船の落ちた町

先日、福島第一と福島第二原発の視察というか見学にでかけた。そのとき、いっしょに原発に入った仲間に、根本聡一郎さんがいた。この本の著者だ。 …

Xトライアル2020開幕!

2019年11月にして、早くも2020年のX-TRIALシーズンが始まった。11月16日、インド洋のレユニオン(フランス)での開幕戦は、やっ…

201911/21

地球温暖化?

やっぱり地球は温暖化しているのか、それともただおかしくなっているのか、ここ最近、うちの近所で見られた自然現象はこんなでした。 (さら…

2020年のXトライアル

今年も、アウトドアのシーズンが終わって、Xトライアル(インドア)のシーズンが始まる。いつもなら年が明けてからだけど、今年は11月に2戦が組ま…

自然山通信2019年11月号電子版出来

自然山通信11月号の電子版をご用意しました。オールカラー60ページを、お手持ちのパソコンやタブレット端末やスマートフォンなどの電子端末でお楽…

ページ上部へ戻る