2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
  1. トライアル・デ・ナシオン
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. リザルト中国
  6. TRJ / MFJ
  7. イベント(大会)
  8. MFJトライアル
  9. リザルト関東
  10. イベント(大会)
  11. MFJ
  12. リザルト中国
  13. リザルト関東
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. リザルト中部
  20. 2017TDN
  21. トライアル・デ・ナシオン
  22. リザルト関東
  23. リザルト中国
  24. 2017お勉強会
  25. リザルト中国
  26. イベント(大会)
  27. イベントリザルト
  28. リザルト中国
  29. リザルト中国
  30. TRJ / MFJ
  31. イベント(その他)
  32. リザルト中国
  33. イベント(大会)
  34. リザルト九州
  35. TRJ / MFJ
  36. リザルト中国
  37. イベント(大会)
  38. リザルト中国
  39. リザルト関東
  40. イベント(大会)
  41. イベント(スクール)
  42. イベント(スクール)
  43. リザルト関東
  44. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

1507アメリカ表彰台

王者ボウ復活のアメリカ大会

 7月25日〜26日、アメリカ合衆国北東部のロードアイランド州ステッピング・ストーンズで、世界選手権第7戦が開催された。
 アンドラ大会から約1ヶ月のインターバルを置き、終盤戦に突入する貴重な1戦だ。フランスの日曜日、アンドラと、アダム・ラガ3連勝で迎えたアメリカ大会だった。

1507アメリカのボウ

 アメリカでは、トニー・ボウが実力を遺憾なく発揮してパーフェクト勝利を飾った。土曜日、日曜日ともに、2位アダム・ラガにダブルスコア近い大差をつけての勝利だった(あと数点で、ダブルスコアには至らず)。
 今回、ボウのマシンは藤波と同じ、2015年モデルとなっている模様。ドライブスプロケット前方のクランクケースカバー形状が、藤波マシンと同様になっているのがわかる。アンドラまで、ボウは乗り慣れた2014年マシンをチョイスしていた。排気量アップした2015年マシンは、2014年モデルとは多少なりともキャラクターがちがい、連戦の続く中では乗り換えができなかったものと思われる。今回、アンドラからアメリカまでの1ヶ月弱のインターバルは、乗り換えのいいチャンスだったのだと思われる。
 勝てなかったとはいえ、ラガの両日2位はがんばった。ガスガス本社が事実上消滅して、サポートがないままの参戦となってからのほうが、ラガの成績は安定して上位に入っている。

1507アメリカのカサレス

 そしてアメリカ大会のビッグニュースは、ホルヘ・カサレスが土曜日に3位に入ったことだ。カサレスは若手の中では勢いのいいスペイン人で、2013年ジュニアカップチャンピオン。ワールドプロクラス初挑戦の2014年3戦目のヨーロッパ大会で4位に入ったのだが、今回はその記録を上回る好リザルトを残した。
 2014年はガスガスのライダーだったが、2015年はベータに移籍。その緒戦のもてぎで足を骨折するアクシデントに遭遇、3大会6戦を欠場することになった。しかしブランクもなんのその、復帰したフランス大会で8位と9位、続くアンドラ大会で5位となりついに今回初めての表彰台を獲得したものだ。
 今年はレプソル・ホンダのルーキー、ハイメ・ブストの活躍の影になった印象で、リザルトもブストの負けることが多かったカサレスだったが、一足先に表彰台獲得。先輩としての意地を見せた。

1507アメリカの藤波

 表彰台に上がったり下位に低迷したり、今年は浮き沈みの激しい藤波は、自身にとってゲンのいいアメリカ大会を楽しみにしていた。しかし6位と5位。結果はいまひとつかんばしくない。
 今シーズンはひざの手術からの復帰がまず大きな課題。この手術からの復帰には少なくとも半年以上はかかるというのがアスリート界の痛切だから、9月に手術をして4月の開幕に間に合わせたのはぎりぎりのタイミングだった。そのうえ、細かいけがが多い今年の藤波は、まさに至難のシーズン。
 ランキングでスペイン勢のトップ4に届かないのは、ある意味しかたないことかもしれない。しかしまだ、ランキング4位のカベスタニーは射程距離にいる。

1507アメリカのマルコ

 今回、125ccカップで2015年最初のチャンピオンが誕生した。マルコ・フロレッティ。なんせ負けたのが1回だけという無敵ぶり。125ccとワールドカップは全戦のポイントを加算するのではなく、全18戦中のよかった16戦のポイントを集計する。シリーズはあと2大会4戦残っているが、この4戦でライバルのマキシム・バリンが全勝しても、今のフロレッティのポイントに届かないことになる。
 125ccでは初めてのイタリア人チャンピオン、というよりも、世界選手権史上、イタリア人チャンピオンの誕生はこれが初めてだ。

■世界選手権ワールドプロクラス結果

https://www.shizenyama.com/wp-content/uploads/2015/07/150725_usa_pro.sec_.pdf

https://www.shizenyama.com/wp-content/uploads/2015/07/150726_usa_pro.sec_.pdf

■世界選手権ワールドカップクラス結果

https://www.shizenyama.com/wp-content/uploads/2015/07/150725_usa_cup.res_.pdf

https://www.shizenyama.com/wp-content/uploads/2015/07/150726_usa_cup.res_.pdf

■世界選手権125ccカップ結果

https://www.shizenyama.com/wp-content/uploads/2015/07/150725_usa_125.res_.pdf

https://www.shizenyama.com/wp-content/uploads/2015/07/150726_usa_125.res_.pdf

■世界選手権125ccカップランキング

https://www.shizenyama.com/wp-content/uploads/2015/07/150726_usa_125_sta.pdf

関連記事

歴代世界GPランキング

世界選手権の、歴代のランキング一覧です。 全クラス、ランキング15位までを抽出させていただきました。15位までに空欄がある場合…

2023年の久岡孝二はホンダに乗る

久岡孝二が2023年にホンダに乗ることが発表になった。新年早々、ヤマハ発動機とチームVICTORYから離れることを公表した久岡だったが、次な…

飛翔、廣畑伸哉。世界選手権トライアル2へ

全日本IASの中で最も若手の廣畑伸哉が、2023年は世界選手権に全戦挑戦することになった。チームは、藤波貴久監督が力を入れると語っていたモン…

自然山通信2023年1月号電子版

遅くなりました。2023年お正月の1月号、電子版をご用意いたしました。 2023年も、どうぞよろしくお願いします。 (さらに&he…

自然山通信2023年1月号発売

2023年になりました。通算311号になる自然山通信1月号の発売です。『ありがとう、藤波貴久。ありがとう、ファンのみんな!』3年ぶりのホンダ…

トライアル・デ・ナシオン

TDN募金会計報告#20

自然山通信がおこなっているデ・ナシオン支援活動の会計報告です。 みなさまからのご厚意は、年に一度、トライアル選手会に送らせていただいていま…

2023 Vertigo新参戦チーム体制

チーム「VERTIGO with MITANI」より、2023年全日本トライアル選手権シリーズに参戦するVertigoのチーム体制の発表…

イベント(大会)

202212/27

2023わびさびトライアル大会

2023年わびさびトライアル大会の日程です。 トライアルチーム嵐山不老天狗 玉田さんより届いた情報です。  (さらに&hellip…

イベント(大会)

202212/22

1/22植木新春大会

植木トライアル乗で、新春大会を開催します。 (さらに…)…

イベント(大会)

202212/22

1/22新春糸島トライアル大会

2023年1月22日(日) 新春糸島トライアル大会 開催します。 (さらに…)…

ページ上部へ戻る