2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  1. 2017TDN
  2. トライアル・デ・ナシオン
  3. TRJ / MFJ
  4. 2017お勉強会
  5. イベント(大会)
  6. TRJ / MFJ
  7. イベント(その他)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. TRJ / MFJ
  12. イベント(大会)
  13. リザルト関東
  14. イベント(大会)
  15. イベント(スクール)
  16. イベント(スクール)
  17. リザルト関東
  18. イベント(大会)
  19. TRJ / MFJ
  20. TRJ / MFJ
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. リザルト関東
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)
  27. リザルト中国
  28. MFJトライアル
  29. リザルト東北
  30. リザルト関東
  31. リザルト関東
  32. リザルト中国
  33. イベント(大会)
  34. TRJ / MFJ
  35. TRJ / MFJ
  36. TRJ / MFJ
  37. MFJトライアル

トライアル・デ・ナシオン

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

女子デナシオン

08WTDN優勝スペイン

 女子デ・ナシオンは、スペインが勝利。ライア・サンツ以下、2名のスペイン選手はけっして実力派とは言えなかったが、ライアがよくフォローして勝利に導いた。セクションの難度が高く、ライアのクリーンが光ったのもスペインの勝利に貢献した。
 2位はドイツ。僅差でイギリス。4位にフランスが入った。
 日本はポルトガル、カナダ、イタリアに勝って、8位の模様。


 セクションは、きのうより少しマーカー規制が緩やかになっていたが、簡単になったというより、あぶないところを削ったという感じで、難易度はあいかわらず高かった。
 日本はたったふたりの参加だから、当然3人ライダーのいるチームよりハンディは大きい。3人いれば、ひとりの失敗をカバーできるが、ふたりだと失敗はそのまま減点として記録される。技術的に同じようなレベルのチームとしては、アメリカやオーストラリア、イタリア、ポルトガルがいるが、その3チームとも、ライダーは3人そろえている。たった二人の参戦はカナダと日本だけだ。
 日本チームの1ラップめの減点は68点で8位。3人のライダーをそろえたポルトガルやイタリアは敵ではなかった。しかしアメリカには11点差、オーストラリアには6点差を付けられた。

ゴールした日本チーム08

 なんとか追い上げようと、ライダー二人、マインダー二人、加えてトライアル委員長西秀樹を含めたたった5人のチームはがんばる。
 2ラップめの減点は62点。このラップは7位だったが、トータルではアメリカに9点差で8位のまま。しかしカナダを下しての8位だから、過去のカナダの成績を思えば、これは悪くない結果ではある。
 8位という結果は、2002年のポルトガルに日本が初参加したときと同じ成績だが、そのときはブービー賞だった。今は日本より下位に、3つの国を従えるようになった。これが日本の女子チームの、新たなスタートとして記憶に残したい。

08TDNライア
08TDNスペイン

ライア・サンツと、ミレイア・コンデをサポートするライア

 ライア・サンツは、デ・ナシオンに初出場した2000年に、自分ひとりでさっさと走って試合を終えてしまう自分勝手な小娘だった。しかしその後モンテッサ入りして大人になって、いまやスペインチームを引っ張る牽引力となった。まず自分でクリーンし、ときにはチームメイトにラインどりの見本を見せ(そのために失点をしたのではないかというシーンもあった)、さらにセクションに戻って指示を飛ばす。チームメイトが3点で抜ければ、自分のことのように大喜びだ。

08TDN摩耶
08TDN長谷山

高橋摩耶(左)と長谷山ちえみ

 一方日本チームの二人は、実力的にはほぼ同格なのだが、しかしヨーロッパとデ・ナシオンの先輩である高橋は、ともすれば世界選手権の雰囲気にのまれそうになる長谷山を上手にリードする。成績はともかく、こういったチームらしい戦いができたのは、今回の大きな収穫だったといえる。

08TDNWリザルト

 とりいそぎ、日本チームのセクション成績を画像にして貼付けておきます。
 自然山通信謹製トライアル・デ・ナシオン全記録もごらんください。

関連記事

高田島庭先コンペティション

満員御礼となりました。 ================================= 参加受理書は、大会1週間前ま…

2017TDN

TDN日本チームの記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)の記録を、日本チームに焦点を絞ってご紹介します。 TDNが始まったのは1984年。日本の初参加は1987…

トライアル・デ・ナシオン

トライアル・デ・ナシオン全記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)は1984年から毎年開催されています。 その間、まず男子チームだけで開催されていた期間、男子のクラス…

10/9全日本選手権第7戦近畿大会

10月9日、全日本選手権は第7戦を和歌山県湯浅トライアルパークで迎える。 (さらに…)…

自然山通信2022年9月号電子版

9月号電子版をご用意しました。 2022年、世界選手権T2クラスに新しい風を吹き込んでいるEMについて、日本インポーターである成田匠さ…

自然山通信2022年9月号発売中!

自然山通信9月号発売中!今シーズン、世界選手権T2とSSDT参戦で好成績をあげているElectric Motion E PUREを取材しまし…

全日本中国大会、野崎史高、今季初優勝

国際Aスーパーだけのシティトライアル大会をはさんで、北海道大会から1ヶ月半後、全日本選手権は広島県に戻ってきた。優勝したのは野﨑史高。小川友…

TRJ / MFJ

2022年全日本選手権ランキング(独自集計)

2022年全日本選手権ポイントランキング(第6戦中国大会終了現在)です。 MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。各ラウンドの数字…

2022全日本R6中国大会全リザルト

2022全日本選手権第3戦関東大会リザルト ●2022年9月4日 ●広島県三次市灰塚ダムトライアルパーク 天候:晴れときどき曇…

9/4 全日本中国大会は灰塚ダムで

全日本選手権第6戦は、9月4日の中国大会です。IASのみの第5戦シティトライアルをはさんでの全クラス開催の全日本で、広島県灰塚ダムにての開催…

ページ上部へ戻る