2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
  1. リザルト関東
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. 2017お勉強会
  5. イベント告知
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. リザルト中国
  9. MFJ
  10. リザルト中国
  11. イベント(大会)
  12. MFJトライアル
  13. リザルト九州
  14. リザルト中国
  15. 自然山通信2021年1月号表紙
  16. リザルト中国
  17. リザルト関東
  18. イベント(大会)
  19. リザルト関東
  20. リザルト九州
  21. リザルト関東
  22. リザルト関東
  23. イベント(スクール)
  24. リザルト九州
  25. イベント(大会)
  26. リザルト関東
  27. 2020.11.10

  28. MFJトライアル
  29. リザルト中国
  30. リザルト関東
  31. リザルト中国
  32. リザルト近畿
  33. リザルト中国
  34. リザルト東北
  35. イベント(大会)
  36. イベント(大会)
  37. MFJトライアル
  38. リザルト関東
  39. イベント(大会)
  40. イベント(大会)
  41. MFJトライアル
  42. リザルト九州
  43. リザルト九州
  44. イベント(その他)
  45. リザルト東北
  46. MFJトライアル
  47. イベント(大会)
  48. イベント(大会)
  49. イベント(大会)
  50. リザルト中国
  51. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

1401マルセイユボウ

マルセイユのイン美な夜

1401マルセイユねーちゃん

 Xトライアル(イン・ドア世界選手権)第2戦は、1月25日土曜日、フランスの港町、マルセイユで開催となった。優勝はいつものとおりのトニー・ボウ。今回はアダム・ラガがボウを相手にがんばった。3位はアルベルト・カベスタニー。ファイナルを走った最後の一人はイギリスのジェイムス・ダビルで、膝の負傷から必死で立ち直ろうとしている藤波貴久は、今回はセミファイナルまでで6位となった。

1401マルセイユボウ
ラガにちょっと詰め寄られたが、勝利は確実。トニー・ボウ

 今シーズンは、マルセイユのほか、ニースにもXトライアルの日程が組まれている。フランスのインドアは、スペインのインドアとはちょっと趣向がちがって、形状がなかなか複雑でむずかしい。イギリスはより自然のマテリアルが多く使われているなど、インドアでもお国柄は出るものだ。
 今回の参加ライダーは、いつものノミネートライダー5名に加えて、2013ジュニアチャンピオンのホルヘ・カサレス、前回6位に入ったダビル、オッサのロリス・グビアン、2012ジュニアチャンピオンのアレッシャンドレ・フェレール、2013ユースチャンピオンのスティーブン・コクラン、全部で10名の参加となる。グビアン、フェレール、コクランの3名が地元フランスのライダーだ。ここからセミファイナル6名、ファイナル4名、そして勝者1名が勝ち抜いてくることになる。

1401マルセイユ会場

 クォリファイでがんばったのはダビルだった。ダビルはファハルドを上回るスコアをマークして、この時点でセミファイナル進出の権利を得た。ファハルドに続くクォリファイ敗退の中でのNo.1、7位となったのは、ルーキーのカサレスだった。先輩を脅かす日も近いかもしれないルーキーである。

1401マルセイユクォリファイ

続くセミファイナルでは、やはりダビルががんばった。ダビルはなんとカベスタニーと同点でクォリファイを走り終えてしまった。この場合、最終セクションでのスコア、あるいはタイムによって成績が決まる。最終セクションでのカベスタニーはクリーンだった。ダビルは5点だから、このセクションの成否でファイナルの進出権はカベスタニーに渡ることになった。

1401マルセイユダビル
地元での戦いはセミファイナル敗退だったダビル。今回は見事ファイナルに進出した。

ということは、残る4チーム8名のライダーにとって、ファイナル進出は対戦に勝利するか、11点より少ない点数でセミファイナルを走りきらなければいけない、ということになる。なかなか厳しい戦況だ。
次の対戦はクォリファイ2位のラガと5位の藤波。藤波はダブルレーンでラガに勝利してあとからトライする権利を得たものの、3つのセクションで5点を取って16点。対するラガは5点でセミファイナルを終えたので、残るボウとファハルドの対戦を待つまでもなく、ここで藤波のマルセイユ大会は終了となった。
最後の対戦では、ボウは最終セクションでの1点だけの1点。対してファハルドは第1セクションをクリーンしたのみの15点。藤波とファハルド、開幕戦シェフィールドでファイナルを走った二人のノミネートライダーが、セミファイナルで姿を消すことになった。

1401マルセイユ藤波
今回は6位となった藤波。負傷した膝は、万全にはほど遠いが、その不屈の闘志には敬服

これでファイナルは、ボウ、ラガ、カベスタニー、そしてダビルの4名で争われることになった。ファイナルを2戦続けて走るのはボウとカベスタニーだけで、ランキング争い的に、このふたりが抜きんでてしまうことになるが、カベスタニーは前回シェフィールドでボウにも迫る勢いだったから、今年はカベスタニーの年なのか、と思わせるここまでのリザルトだ。しかしセミファイナルを2位で通過したのは、今回はラガだった。

1401マルセイユセミファイナル

そしてファイナル。トライ順は、ダビル、カベスタニー、ラガ、そしてボウ。ダビルの5点から始まった第1セクションだったが、意外にもカベスタニー、ラガと続けて5点となってしまった。ボウは2点だがタイムオーバーの1点が加算された。まだまだ大きな差ではない。

1401マルセイユカベスタニー
シェフィールドほどの精彩はなかったが、3位獲得のカベスタニー

第2セクションでは、ダビルだけが5点、カベスタニーが1点。これで上位3名とダビルの差が開くかと思いきや、第3セクションでカベスタニーが失敗。ただひとりの5点となった。ダビルはクリーンをしたものの、タイムオーバーの2点があり、カベスタニーとダビルは1点差となった。トップ2名はどちらもクリーンとタイム減点1点だった。この勝負、ボウとラガ、カベスタニーとダビルという一騎打ち同士の対決になってきた。
そして最終セクションは4人全員がクリーンした。勝負は終わった。ボウのスコアは4点。ラガに4点差は、ダブルスコアというべきか、僅差というべきか。3位はカベスタニーで1点差でダビルだった。
開幕戦ではカベスタニーの好調が光ったが、今度はラガが好調だった。ボウの強さは変わりはないが、ほかのメンバーはこんなふうに、好調を発揮したりミスをしたりしながら、今シーズンを戦い続けていくのかもしない。

1401マルセイユラガ
2戦目にして2位を得たラガ

ラガにしてみれば、開幕戦で5位だった雪辱をはらし、ランキングでも2位カベスタニーに近づくことができた。いまどきのインドアトライアルでボウに勝利するのはたいへんな至難だから、今回の2位はラガにすれば上出来の結果だった。
次はトライアル関係者のほとんどにとってなんらかの地元であるバルセロナ大会となる。

1401マルセイユファイナル
1401マルセイユ結果
1401マルセイユランキング

関連記事

リザルト関東

第64回里山トライアル大会

●2021年3月28日 ●埼玉県里山トライアルエリア (さらに…)…

イベント(大会)

5/16里山トライアル

第66・67回里山トライアル大会 (さらに…)…

自然山通信2021年4月号電子版ダウンロードよろ

すっかり春になりました。紙の自然山通信と中身はおんなじの電子版をご用意しましたので、大画面に表示しておっきな文字で読みたい人、ポケットに入れ…

自然山通信4月号発売

自然山通信2021年4月号を発売しました。 (さらに…)…

チカラさんの聖火

川内村を聖火リレーが走ってたので、見に行ってきた。川内村の聖火リレーは、やってよかったと思う。 (さらに…)…

4月25日開幕!全日本トライアル九州大会

全日本選手権が、いよいよようやく、開幕する。第1戦は、九州大会となる。 (さらに…)…

ヤマハの2021年国内レース参戦体制

2021年のシーズンインを前に、日本国内のヤマハ・レース体制が発表された。トライアルは、黒山健一と野崎史高の二人が紹介されている。 …

MFJサイトがリニューアルしていた

MFJの公式WEBページ、mfj.or.jpがリニューアルした。2021年は、MFJが競技会を中心にいろいろ改革しているが、サイトのリニ…

野崎史高がゴールドウインを着る

野崎史高がゴールドウインとウェア契約、来たるシーズン開幕には、ゴールドウインをまとって登場することになった。 (さらに…)…

高田島のトライアル大会について

高田島のトライアル大会について 川内村高田島では、春と秋にトライアル大会を開催しています、開催することにしていました。しかし2021年…

ページ上部へ戻る