2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  1. 自然山通信2019年3月号
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(スクール)
  7. イベント(その他)
  8. イベント(その他)
  9. イベント(大会)
  10. 2016高田島ツートラ
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(スクール)
  16. イベント(その他)
  17. イベント(大会)
  18. リザルト近畿
  19. リザルト中国
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(その他)
  24. イベント(大会)
  25. リザルト中国
  26. リザルト関東
  27. リザルト九州
  28. イベント(スクール)
  29. イベント(大会)
  30. イベント(スクール)
  31. リザルト中部
  32. リザルト関東
  33. トライアル・デ・ナシオン
  34. イベント(大会)

    2018.12.31

    2019植木TR大会
  35. 自然山通信2019年1月号表紙
  36. 自然山通信2019年1月号表紙
  37. MFJトライアル
  38. リザルト関東
  39. リザルト関東
  40. リザルト関東
  41. リザルト東北
  42. リザルト近畿
  43. リザルト関東

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

ガスガス2016がTDN会場に現る?

GASGAS MOTOS SAから、休眠中のガスガスについて、各国インポーター向けに久々のアナウンスがあった。

以下は、ガスガス・トライアル・ジャパンによるアナウンスの「和訳」。

GASGAS従業員の一部の人達(Jim Pijjoan, David MartinezとAlbert Casanovas)の個人的発起人と労働組合及び運営委員からの例外的な支援と援助によって、来週末のTDN(Trial Des Nations)において
GASGAS TXT RACING 2016をプロトモデルとして出展する事を理事から正式に承認されました。

私達はTDNのようなグローバルイベントの席でGASGASが存在しており、新しいオーナーが主導権を握られたらすぐにでも仕事を始められる事を知らしめられる事と、この車両展示(慎ましく、でもおごそかに人前に出せる事)を誇らしく感じております。

前へ前へと進めてまいります。私達は決してあきらめたりしません。

David Martínez Fíguls
Export Manager

現状では、ガスガスの行く末はまだ明らかになっていない。というか、行く末についての公式発表はいっさいない。具体的な話が進んでいるのなら漏れ伝わってきそうな気もするが、話が会社丸ごとをいくらで買うか、というきわどいところだから、特に競争相手がいたりするなら、ぎりぎりのところでさっと落札したいという思いがあったりするのかもしれない。いや、わかんないですけども。

ということで、音沙汰がないのがいい便りなのかよくない兆候なのかがわからないまま待たされているので不安は大きくなってしまう。

海外のガスガス・インポーターはどんなふうに考えているのかというと、がまんができなくて早く手離れをしたいところもあれば、とても楽観的に考えているところ、そして近い将来、再びガスガスが復調したときのことをもふまえ、がまんができないインポーターからパーツやマシンを買い集めているところもあるという。

日本のインポーターさんは、近い将来のいいニュースに備えて、力を蓄えている、というようなお返事だった。

今回のアナウンスは、2016年モデルをTDNの会場で披露するというもので、そのアクションを起こすにあたって、債権者や裁判所などのお許しをもらったということが書いてある。今のガスガスは、在庫のパーツの管理などをするための少人数のスタッフが働いていて、彼らは独自の判断では動けない状態なのだ。

そんな中で、ガスガスの城を守る留守番組は、2016年モデルを仕立てて(仕様変更などが行われるのかどうかはわからない)TDN会場のどこかに展示をさせてもらうことにした。

新しいオーナーが決まった時に、すぐにガスガスのトライアル活動を軌道に戻すための布石であり、既存のガスガス・ユーザーにも希望を与えるものだ。

2016年モデルが発表されたからといって、次なるオーナーが決まるまで、マシンの生産をするのも容易ではないと思われるが、暗いトンネルに入ってしまったガスガスから、久々に聞こえてきた咆哮といえる。

gasgas01

関連記事

原発事故の思い出[吹雪]

2011年3月11日。あの日、地球最後の日かなと思ったのが、この吹雪だった。その数日後に降った雪は、大気に吹き上げられた放射性物質を含んでい…

今週末は東京ビックサイトでお会いしましょう

今週末・3月22(金)23(土)24(日)に開催される、東京ビックサイトの「東京モーターサイクルショー」では、小川友幸、黒山健一、西村亜弥選…

BRAKTEC NewモノブロックインナーピストンKIT

BRAKTEK製モノブロックのリペアーキット、フロントブレーキマスター・クラッチマスターシリンダーインナーKITを三谷モータースポーツで発売…

原発事故の思い出[電話]

川内村では、停電の被害はほとんどなかった。ただし電話通信網はどーんととだえたまま、だいたい1ヶ月くらいは電話が通じないままだった。 …

小型チェーンアジャスターABESEIKOU製

アベ精工の新製品「小型チェーンアジャスター」。シェルコ、スコルパ、ベータ等に対応。RTL-F、4RTの場合はロングタイプチェーンアジャスター…

原発事故の思い出[歯ブラシ]

富岡町の人を中心に、浜に住む人が続々と川内村に避難してきたのは、震災の翌日、3月12日の昼過ぎからだった。富岡に近い村の中心の避難所は早々に…

JITSIEフロントフォーク&スイングアームステッカー

Fフォークとスイングアームをカッコ良く保護するステッカー!JITSIEフロントフォークステッカーと、スイングアームステッカーSET。ミタニモ…

JITSIEニューウエア

どんなも寒くても雨が降っても、家でジッとしてられなくなる全天候型・JITSIEの新型ジャケット発売。ドギー・ランプキンがSSDTで使用してる…

原発事故の思い出[震度6]

地震があった時は、その週末に全日本選手権の開幕戦があるので、その取材の準備をしていた。午前中には、確か中学校の卒業式が執り行われていた。 …

原発事故の思い出[3月18日]

3月16日、川内村を出て途中、わけあって西郷村の大きな釣り堀に寄り道をして、白河市役所に出向き、放射線値のスクリーニングを受け、各方面から届…

ページ上部へ戻る