2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. MFJトライアル
  3. トライアル・デ・ナシオン
  4. 2017TDN
  5. イベント(その他)
  6. MFJトライアル
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント告知
  10. イベント(大会)
  11. イベント(スクール)
  12. イベント(大会)
  13. イベント(その他)
  14. イベント(その他)
  15. リザルト中国
  16. リザルト近畿
  17. イベント(大会)
  18. 2016高田島ツートラ
  19. リザルト関東
  20. MINI VANDAL
  21. リザルト中国
  22. イベント(大会)
  23. リザルト中部

    2018.08.26

    第17回梅ヶ島
  24. リザルト北海道

    2018.08.26

    2018遊ing第4戦
  25. リザルト東北
  26. MFJトライアル
  27. イベント(大会)
  28. MFJトライアル
  29. リザルト関東
  30. リザルト中国
  31. イベント(大会)
  32. イベント(スクール)
  33. イベント(大会)
  34. イベント(大会)
  35. イベント(大会)
  36. イベント(大会)
  37. 2017お勉強会
  38. リザルト四国
  39. リザルト中国
  40. リザルト中部
  41. 2019モンテッサ
  42. TLR200用キックアーム
  43. Vertigo 2019モデル
  44. 生駒テックオープン
  45. リザルト中国
  46. リザルト四国
  47. リザルト関東
  48. 2017TDN
  49. リザルト東北
  50. MFJトライアル
  51. リザルト中国
  52. リザルト関東
  53. イベント(大会)
  54. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

1402モンテッサのボウ

レプソル・ホンダ誕生

1402レプソルホンダ

 ホンダの2014年レース体制が発表になった。トライアルに関しては、基本的に2013年までの体制と変わらず、海外はトニー・ボウと藤波貴久の2名体制によるワークス参戦、国内は小川友幸と柴田暁を擁するHRCクラブミタニのサポート体制としての参戦となるが、今回目立たないところでの大変化が、海外でのモンテッサからホンダへのチーム名変更だ。

1402モンテッサのボウ
Xトライアル第2戦マルセイユのサイン会でのトニー・ボウ。HONDAのロゴが、気のせいか大きくなっている?

 ホンダとモンテッサの関係は、簡単に言ってまったく同じ。モンテッサはスペインの老舗のオートバイメーカーだが、ホンダの援助を受けて再建して、現在はスペイン・ホンダとなっている。
 しかしスペインのトライアルファンにとって、モンテッサというブランドは心の魂のような存在。これがホンダブランドとなるのはしのびなく、モンテッサの名前を残してトライアルマシンを販売し、トライアル活動をしていたという背景がある。
 ベルギーを本拠地としたエディ・ルジャーンの時代はモンテッサとは関係がなかったが、1997年にマルク・コロメが世界チャンピオンとなったマシンは、モンテッサCOTA315Rで、同じく参戦を開始した藤波のホンダRTL250Rとは同一のマシンながら、名前を異にしていた。1999年にドギー・ランプキンがチャンピオンとなったのも、モンテッサCOTA315Rだった。
 藤波は当初はホンダRTL250Rという名前のマシンで世界選手権を戦っていたが、間もなくモンテッサチームの正式ライダーとなってCOTA315Rのハンドルを握ることになった。といっても、全日本で走ることがあれば、まったく同じマシンがホンダRTLとなるわけなので、それはほんの命名の問題だけなのだが、世界選手権にはメーカータイトルがある。まったく同じマシンであっても、ホンダとモンテッサはメーカータイトルを争うライバルだった(実際には、ホンダは参加者が少なくランキング上位には出てこなかった)。
 ホンダがメーカーとしてレース活動を縮小した際も、ロードレースとトライアルは活動が継続された。ロードレースはレプソル・ホンダ、トライアルはレプソル・モンテッサ・ホンダというチーム名になっていて、それを自然に受け入れるトライアル関係者とか自然山通信読者の皆さんとかはともかく、ホンダ関係者的には不思議な印象もあったのかもしれない。
 今回、その不思議な感じがなくなって、トライアルもロードレースと同じく、レプソル・ホンダ・チームとしての参戦となることが発表された。
 マシンが変わるわけでもなく、ライダーの移籍話でもなく、話題としては地味だけれど、名前が変わるのだから、それなり大きな話題にはちがいない。

関連記事

新型「SWまるやま」オリジナルトライアル用グローブ発売!

定評あるスーパーウイングまるやまオリジナル「トライアル用グローブ」が操作性向上と耐久性アップ。新型発売を記念して¥500割引で販売中!※お一…

三谷モータースポーツより、YAMAHAセロー・トリッカー用トライアルフェンダー発売

セローとトリッカーをトライル仕様に! 三谷モータースポーツより、YAMAHAセロー用トライアルフロントフェンダーKIT、トリッカー用カーボン…

ソニーαはニコンZとキヤノンRを迎え撃てるのか

このところ、ニコンとキヤノンが相次いでミラーレスの本気カメラを発表して、ぼくのご愛用のソニーαもあやうしになってきた。10年後、カメラはどん…

MFJトライアル

全日本最終戦は10月21日、スポーツランドSUGOにて

2018全日本選手権第7戦東北大会は、10月21日、宮城県スポーツランドSUGOで開催される。 自然山通信謹製、ランキング順(スタート…

トムス新製品【限定発売】64チタンステップ

超軽量な WELD ONE・チタン製ステップが京都のトライアルショップ「トムス」より発売されます。5セットのみ限定製作です。 (さら…

小川と野崎、最終決戦はまず小川が勝利

最終戦を2週間後に控えて、全日本選手権中部大会は10月7日、いつものように愛知県岡崎市キョウセイドライバーランドで開催された。 IAS…

自然山通信2018年10月号電子版

自然山通信10月号電子版をご用意しました。ダウンロードして、お手持ちの電子端末でお楽しみください。 今月はデ・ナシオン取材で10月号の…

三谷モータースポーツよりS3新製品

三谷モータースポーツより「S3」ブランドの新製品、アルミスネルカムアジャスターSET、EBSマテリアルグリップが発売されました。 (さら…

201810/9

自然山通信10月号発売中!

少々発行が遅れてしまいましたが【速報 トライアル・デ・ナシオン/日本チームからのメッセージ】掲載特集号・自然山通信10月号を発売しました!B…

2018全日本ランキング(〜第6戦)

2018年全日本選手権ポイントランキングです。ただし自然山独自集計。上位についての正確なランキングは、MFJサイトで発表されるものをご参照く…

ページ上部へ戻る