2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
  1. トライアル・デ・ナシオン
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(大会)
  5. リザルト中国
  6. TRJ / MFJ
  7. イベント(大会)
  8. MFJトライアル
  9. リザルト関東
  10. イベント(大会)
  11. MFJ
  12. リザルト中国
  13. リザルト関東
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. リザルト中部
  20. 2017TDN
  21. トライアル・デ・ナシオン
  22. リザルト関東
  23. リザルト中国
  24. 2017お勉強会
  25. リザルト中国
  26. イベント(大会)
  27. イベントリザルト
  28. リザルト中国
  29. リザルト中国
  30. TRJ / MFJ
  31. イベント(その他)
  32. リザルト中国
  33. イベント(大会)
  34. リザルト九州
  35. TRJ / MFJ
  36. リザルト中国
  37. イベント(大会)
  38. リザルト中国
  39. リザルト関東
  40. イベント(大会)
  41. イベント(スクール)
  42. イベント(スクール)
  43. リザルト関東
  44. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2015スコットトライアル

今年のスコットトライアル、結果は?

10月17日、伝統のスコットトライアルが開催された。

スコットトライアルはヨークシャーのリッチモンドモータークラブ開催の、現代のトライアルから見ると一風変わったトライアル競技だ。

1510スコットトライアルのランプキン
dougielampkin12@lnstagramより

スコットトライアルと聞くと、その語感からスコティッシュ6日間トライアル(SSDT)を思い浮かべる人は多いと思う。どちらもイギリスの伝統的トライアルイベントという点では共通しているが、中身はまったくちがう。まず、SSDTの名前はスコットランドからきているのだが、これに対してスコットトライアルのスコットはスコットランドとは関係がない。イギリスの老舗バイクメーカー「スコット」ゆかりの命名ということで、おそらく「スコット」の信頼性を証明するためのイベントだったか、当時の二輪メーカーをリードしていた「スコット」が二輪車の信頼性向上のために企画したイベントだったのだと想像される(ちなみにスコットトライアルのロゴマークのScottは、スコット・モーターサイクルのロゴと同じ書体で綴られている)。

SSDTを世界一過酷と評する人は多く、そこにまちがいはないと思われるも、一方でスコットトライアルこそ世界一過酷なトライアル大会という人もいる。そしてそれも充分に納得できる世界が、スコットトライアルにはある。

セクションの中でも追い抜きが可能で、スピードと減点との両方を競う。じっくりと下見をして集中を高めてクリーンを狙うという競技スタイルはここにはない。

リザルトには、タイムと減点が表記されていて、これを足したトータル減点で順位が決まっているのがわかる。4位のジョナサン・リチャードソンにはタイム減点がない。彼が一番時計で、そこから遅れることの時間を減点としたのがタイム減点だ。ドギー・ランプキンは24分遅れ。しかし足つき減点(オブスタクル減点=障害物減点と記されている)は25点と圧倒的。しかしトータルでは7点差で勝利はならず、という結果だった。

勝利したのはイアン・アスターミール。もちろんイギリス人で1980年生まれの34歳。記録を開くと、2000年のジュニアカップ(現在のインターナショナルクラス)のイギリス大会に出場して9位と10位獲得、年間ランキングは31位で、30位北山将司と32位小森文彦にはさまれている。

世界選手権での格付けとしてはランプキンとは別格以上の別格だが、イギリスで長くトライアルを楽しんでいる選手の中には、SSDTやスコットトライアルで真価を発揮して、ときにビッグネームを破ってしまうこともある。

2位のトライアル・デ・ナシオンのイギリス代表でもあったアレックス・ウイグをはじめ、上位陣は世界選手権、インターナショナルカップ、SSDTなど、世界的にも名前が知れたイギリス人ばかりだ。

1位はアルフレッド・スコット・メモリアル・トロフィーと金のスプーンが贈呈。アルフレッド・スコットはスコット・モーターサイクルのコンセプトメーカーだ。

以下、7位までには各種トロフィーと、6位までは金のスプーン、7位からは銀のスプーンが与えらている。このスプーンは、ライダーにとってはたいへんなお宝だ。

日本人に名前が通っているライダーとしては、ジェイムス・ダビルが13位。42点のオブスタクル減点は悪くはなかったが、55分のタイム減点が大きかった。

最近はエンデューロで有名になっているベン・ヘミングウェイ(TDNのイギリス代表になったこともあるし、ドギー・ランプキンのマインダーを務めていたこともある。お父さんも往年のトップライダー。現在も、マインダー役としてもてぎには来日している)はドギーと同じタイム減点で18位。

ヘミングウェイ家とランプキン家は親戚関係だが、ドギーの甥であるジェイムス・ランプキンは21位。8位から26位までには銀のスプーンが授与された。

惜しいところで銀のスプーンを逃したのがエマ・ブリスト。ご存知、シェルコに乗る女子世界チャンピオンだ。タイム57点、オブスタクル115点は立派。

完走は101名。タイムオーバーの最も大きいのは2時間半で、最多減点は293点だった。

40824316なお自然山通信では、スコットトライアルを現地取材、DVDにまとめたものをお届けしています。ぜひご覧ください。
スコットトライアルのショッピング・サイトはこちら

https://www.shizenyama.com/wp-content/uploads/2015/10/2015-Spoons-and-Final-Results1.pdf

関連記事

歴代世界GPランキング

世界選手権の、歴代のランキング一覧です。 全クラス、ランキング15位までを抽出させていただきました。15位までに空欄がある場合…

2023年の久岡孝二はホンダに乗る

久岡孝二が2023年にホンダに乗ることが発表になった。新年早々、ヤマハ発動機とチームVICTORYから離れることを公表した久岡だったが、次な…

飛翔、廣畑伸哉。世界選手権トライアル2へ

全日本IASの中で最も若手の廣畑伸哉が、2023年は世界選手権に全戦挑戦することになった。チームは、藤波貴久監督が力を入れると語っていたモン…

自然山通信2023年1月号電子版

遅くなりました。2023年お正月の1月号、電子版をご用意いたしました。 2023年も、どうぞよろしくお願いします。 (さらに&he…

自然山通信2023年1月号発売

2023年になりました。通算311号になる自然山通信1月号の発売です。『ありがとう、藤波貴久。ありがとう、ファンのみんな!』3年ぶりのホンダ…

トライアル・デ・ナシオン

TDN募金会計報告#20

自然山通信がおこなっているデ・ナシオン支援活動の会計報告です。 みなさまからのご厚意は、年に一度、トライアル選手会に送らせていただいていま…

2023 Vertigo新参戦チーム体制

チーム「VERTIGO with MITANI」より、2023年全日本トライアル選手権シリーズに参戦するVertigoのチーム体制の発表…

イベント(大会)

202212/27

2023わびさびトライアル大会

2023年わびさびトライアル大会の日程です。 トライアルチーム嵐山不老天狗 玉田さんより届いた情報です。  (さらに&hellip…

イベント(大会)

202212/22

1/22植木新春大会

植木トライアル乗で、新春大会を開催します。 (さらに…)…

イベント(大会)

202212/22

1/22新春糸島トライアル大会

2023年1月22日(日) 新春糸島トライアル大会 開催します。 (さらに…)…

ページ上部へ戻る