2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. イベント(大会)
  3. 2016高田島ツートラ
  4. MINI VANDAL
  5. イベント(大会)
  6. MFJトライアル
  7. イベント(大会)
  8. MFJトライアル
  9. リザルト中国
  10. イベント(大会)
  11. イベント(スクール)
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. 2017お勉強会
  17. リザルト四国
  18. リザルト中国
  19. リザルト中部
  20. 2019モンテッサ
  21. TLR200用キックアーム
  22. Vertigo 2019モデル
  23. 生駒テックオープン
  24. イベント(大会)
  25. リザルト中国
  26. リザルト四国
  27. リザルト関東
  28. 2017TDN
  29. リザルト東北
  30. MFJトライアル
  31. リザルト中国
  32. リザルト関東
  33. イベント(大会)
  34. イベント(大会)
  35. リザルト関東
  36. リザルト九州
  37. リザルト北海道
  38. 1日目優勝のファハルド
  39. イベント(大会)
  40. 左から野崎、黒山、藤浪、小川
  41. リザルト東北
  42. イベント(大会)
  43. イベント(大会)
  44. リザルト四国
  45. リザルト中国
  46. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  47. 全日本R3九州までのランキング
  48. 全日本R3九州リザルト
  49. 2018EMと成田匠.fr
  50. MFJトライアル

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2014年SSDT(ランプキン)

2014SSDT

2014年SSDT(スタート)

 2014年SSDTが始まっています。というか、もう3日目が終わって4日目に突入しているのですが、いつものとおり、ハードな戦いが続いているようです。
 日本からは岡山の河野完次さんがただひとり参加している。河野さんは全日本でも最高齢参加者として称賛されたことが何度もあるレジェンドだけど、今回また新たな伝説が生まれそうだ。

Photo : Trials Media.

 例年、毎日届くSSDT情報を解読して、見てきたようなレポートを書くのが恒例だったのですが、今年は世界選手権日本GPがあって、なんとなく日本GPぼけみたいになっていてすいませんでした。
 しかし日本GPに出場していたライダーの中にも、SSDTに参加しているライダーが何人もいます。マイケル・ブラウンは日本GPを欠席しましたが、アレックス・ウイグはマインダーなしで日本GPを走ったあと、SSDTも元気に走ってます。
 日本GPではセクション査察員としてやってきたジョルディ・パスケットも、SSDTではライダーです。日本GPではマインダーをやっていたベン・ヘミングウェイももちろんライダー。ベンはトライアル・デ・ナシオンのイギリス代表となったこともあるし、ドギー・ランプキンのマインダーを1シーズン務めたこともある。最近ではエンデューロに参加していて、トライアルはマインダー業とSSDTとスコットトライアルに出場するだけ、ということでしたが、忙しいのは変わりません。
 冒頭の1枚は、5月5日の1日目にゼッケン1番がスタートするシーンですが、スタートライダーの右側に、携帯電話をかまえて写真を撮っているおっさんがいます。これ、ジル・ブルガさん(フランス)。1981年世界チャンピオンです。ミシュランのトライアルタイヤの栄光の歴史は、このひとのタイトル獲得から始まったのです。
 1日目、30セクションを一度も足をつかずに走り抜けたのはジェイムス・ダビル、サム・コナー、そしてドギー・ランプキン。ランプキン以外はベータに乗っていて、ランプキンのおじさんであるジョン・ランプキンのサポートを受けているという不思議な構図です。これにマイケル・ブラウンとアレックス・ウイグが減点1点で続きます。
 河野さんは101点で239位。初出場で1日を100点そこそこというのは、なかなか大健闘だと思います。タイムオーバーなしというのも素晴らしいです。
 2日目、30セクションすべてをオールクリーンしたライダーは2名。しかし2日連続のオールクリーンは、ランプキンただ一人でした。2日間を走って、4点以内の減点が7人。なかなか熾烈な戦いです。
 河野さんはこの日、残念ながら91分のタイムオーバーがありました。タイムオーバーは60分までしか許されないのです。91点のタイムオーバーがありながら総減点は222点でしたから、セクションのスコアそのものは悪くなかったので、残念です。
 水曜日、トップは変わらずランプキンですが、この日は3点が二つで6点。3日目にして、一桁減点はランプキンとサム・ハスラムのふたりとなりました。サム・ハスラムは、かつてジュニアクラスで世界選手権に参戦していた選手です。イギリスは、SSDTになるといきなり層が厚いです。
 河野さんは失格扱いですが、3日目もスタートをし、201点(セクション見落としの50点があった)。完走扱いにはならないけど、最後まで走りきってほしいと思います。
 女子クラスでは、エマ・ブリストとベッキー・クックがやはりトップ争い。これにケティ・サンターが続くという、いつもの勢力図となっています。
 SSDTは木曜日、金曜日、土曜日と続きます。

2014年SSDT(ランプキン)

関連記事

HONDA TLM50最強アンダーガード登場

三谷モータスポーツより、TLM50用・最強アンダーガードが発売されました。17Sジュラルミン製です。 (さらに…)…

イベント(大会)

10/14・11/18わびさびトライアル大会

「嵐山不老天狗わびさびトライアル大会」 山梨県のトライアルチーム嵐山不老天狗より、10月、11月開催の大会のお知らせです。 (…

2016高田島ツートラ

11/4高田島「廃道」ツーリングTR

11月4日、ナンバー付トライアルバイクで、自然山通信ニシマキの住む川内村高田島地区を徘徊、もとい散策しようというツーリングイベントを開催しま…

『力造』HONDA TLM50用スキッドプレート発売!

「ぱわあくらふと」の力造ブランドから、HONDA TLM50 用スキッドプレートが発売されました。ステアケース、ガレ場など今以上に戦闘力アッ…

MINI VANDAL

MINI VANDALが加わる2019 Vertigo

Vertigoシリーズに子供用トライアルマシン、MINI VANDALが登場することになった。50ccと60ccがあってタイヤサイズが違うた…

HEBOの新型トライアルブーツ登場

スペインのHEBOより新型トライアルブーツが登場しました。さらに使いやすく軽量に。トライアルを熟知したメーカーが、理想的なブーツを完成させま…

アベ精工のTRRS用アルミサイドスタンド

アベ精工よりストロングタイプの「TRRS用アルミサイドスタンド」が発売されました。 (さらに…)…

自然山通信2018年9月号電子版

自然山通信電子版のご用意ができました。 紙に印刷した自然山通信と同じものを、PDFとして作成してあります。 ご購入、ダウンロードの上、お…

20189/5

自然山通信9月号発売中!

自然山通信9月号発売中です。お知らせが遅くなってしまいましたが、9月2日に開催された全日本選手権R5中国大会の公式プログラム掲載号となります…

2018全日本ランキング(〜第5戦)

2018年全日本選手権ポイントランキングです。ただし自然山独自集計。上位についての正確なランキングは、MFJサイトで発表されるものをご参照く…

ページ上部へ戻る