2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  1. 2017お勉強会
  2. イベント(大会)
  3. TRJ / MFJ
  4. TRJ / MFJ
  5. イベント(その他)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. TRJ / MFJ
  10. イベント(大会)
  11. リザルト関東
  12. イベント(大会)
  13. イベント(スクール)
  14. イベント(スクール)
  15. リザルト関東
  16. イベント(大会)
  17. TRJ / MFJ
  18. TRJ / MFJ
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. リザルト関東
  23. イベント(大会)
  24. イベント(大会)
  25. リザルト中国
  26. MFJトライアル
  27. リザルト東北
  28. リザルト関東
  29. リザルト関東
  30. リザルト中国
  31. イベント(大会)
  32. TRJ / MFJ
  33. TRJ / MFJ
  34. TRJ / MFJ
  35. MFJトライアル
  36. リザルト関東
  37. TRJ / MFJ
  38. リザルト中国
  39. リザルト関東
  40. トライアル・デ・ナシオン
  41. 2017TDN
  42. リザルト関東

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

1601シェフィールドのラガ

Xトライアル、開幕戦はラガが勝利

2016年世界選手権シーズンが開幕した。皮切りはXトライアル。開幕戦はイギリス、シェフィールドだった。勝ったのは、TRSの実質世界選手権のデビュー戦となったアダム・ラガだった。

1601シェフィールドのラガTDNに続く本格的世界選手権デビューのTRS。そしてデビューウィン!

Xトライアルはインドアトライアル世界選手権のことで、ノミネートライダー7名に、今回はゲストとして地元イギリスのジェイムス・ダビルを加えた8名の戦いとなる。

最初に2名ずつのダブルレーンレースがあり、クォリファイの走行順を決める。といっても、ダブルレーンは序列1位と序列2位、序列3位と序列4位……という戦いになるので、ダブルレーンの結果で大きく走行順が変わることはない。今回はダビルがエディ・カールソンに勝ったので、第一走者がカールソンになった。

1601シェフィールドのダビルダビルが乗るのは緑のベルティゴ。地元イギリスのエース

ダブルレーンで決定した走行順によって、クォリファイの6セクションがおこなわれる。これで上位に入った4名がファイナルに進出。5位以下は残念ながらここで試合が終わる。Xトライアルは世界選手権なので選手権ポイントが与えられるが、5位から最下位まではこのクォリファイの結果でポイントが与えられる。

1601シェフィールドの藤波2014年以来の登場となった藤波貴久。惜しくもというか、順当にというか、5位となる

セクションには1分半の時間制限があるが、時間制限を超えてもトライは続けることができて、30秒ごとに1点のタイムペナルティがつく。

1601シェフィールドのカールソン300ccバージョンのモンテッサに乗せればこの人、エディ・カールソン

今回の場合、カールソンから藤波までの4名は、想定の範囲内で並んだ。カールソンは6セクションをオール5点、ダビルが21点、フェレールが18点、藤波が14点という具合だ。

1601シェフィールドのフェレールフランス代表。アレックス・フェレール。6位となった

このあとの、鉄壁のスペイン勢はラガが素晴らしい走りを見せた。第5セクションで1点をついただけの1点。対してほかの3名、トニー・ボウ、アルベルト・カベスタニー、ジェロニ・ファハルド(今回がベルティゴのデビュー戦だ)はいずれも5点でクォリファイを終えた。ファハルドは2点が二つとタイムオーバーが1点、カベスタニーは1点と2点と、1点のタイムオーバーが2回、そしてボウは5点がひとつ。Xトライアルのルールでは、同点の場合はクリーン数ではなく、ダブルレーンでタイブレイクをすることになっている。この結果、ファハルドが2位、ボウが3位、カベスタニーが4位となった。この結果は、ファイナルでのダブルレーンの組み分けに反映される。

1601シェフィールドのカベスタニー新型シェルコでまずは3位となったアルベルト・カベスタニー

ファイナルは、これもまずダブルレーンのスピードレースから。クォリファイ3位のボウと4位のカベスタニーが対戦、この勝者であるボウが、クォリファイ2位のファハルドと対戦。この勝者のボウが、クォリファイ1位のラガと対戦して、ボウが勝利した。これで、ファイナルの走行順は、カベスタニー、ファハルド、ラガ、ボウの順となる。

1601シェフィールドのファハルドベルティゴでのデビュー戦となったジェロニ・ファハルド。戦闘力は高そうだ

第1セクションは全員クリーン。続く第2セクションが波乱だった。カベスタニーが2点、ファハルドとラガがクリーンをしたあと、なんとボウが5点となった。カベスタニーとファハルドは、第3セクション以降もいくつかの5点があって、結果ファハルド16点、カベスタニー13点とわずかな差で勝負が決まることになった。

2016-X-Trial-Sheffield-GBR圧倒的なテクニックも、勝ちにつながらないこともある。トニー・ボウ

ラガとボウの勝負は、第4セクション以降で細かい減点を取りあいながら、しかし第2セクションでのボウの5点は決定的だった。ボウ7点、ラガは1点二つ、タイムオーバーひとつの3点で6つのセクションを走りきった。

4戦で争われる短期決戦の今年のXトライアル。これまで盤石の構えでインドアを戦ってきたボウも、2016年はちょっと先行きの不安なスタートとなってしまった。イージーな設定でのちょっとしたミスによる敗北だったのかもしれないが、クォリファイ、ファイナルともにひとつの5点で戦況を苦しくしている。さて次戦以降、王者ボウの逆襲が始まるのか、あるいは新パッケージのTRSとラガがさらに調子を上げてくるのか。ベルティゴを走らせ始めたファハルドや、2年ぶりのXトライアルとなる藤波の復調など、冬のインドアシーズンは熱くなってきている。

1601シェフィールドの表彰台
https://www.shizenyama.com/wp-content/uploads/2016/01/16X1_Sheffield.pdf結果表PDFです。3ページあるので、スクロールして見てください。拡大もできるし、別に開くこともできます

関連記事

自然山通信2022年8月号電子版

8月15日になってしまってお盆になってしまいましたが、8月号電子版も、ひっそりとできあがっております。 (さらに…)…

2017お勉強会

8/27高田島お勉強会

2010年から続けていて、まずまず好評をいただいたお勉強会・体験会のお知らせです。限定10名様。 福島県双葉郡川内村で…

自然山通信8月号発売中

自然山通信8月号発売中!世界選手権参戦から一時帰国した小川毅士とマインダーのガミーこと大神智樹のインタビュー「ツヨシとGAMMyの持ちつ持た…

イベント(大会)

10/9 2022年メッツカップ第2戦

2022年メッツカップ第2戦のお知らせ トライアルメッツクラブより 初心者の方が安心して楽しめ元気が出る親睦草大会です。 感染予防…

2022年の原発見学

2年分ぶりに、福島第一原発を見学してきた。今回は、初めて経験させてもらえることもあって、興味深かった。だらだら長くなってしまったけど、原発廃…

8/19-20 2022シティトライアルジャパン開催

全日本選手権第5戦はシティトライアルジャパン(CTJ)。いろいろと、これが初めての試みとなる。MFJ公式プロモーションサイトに詳細が公開され…

TRJ / MFJ

2022年全日本選手権ランキング(独自集計)

2022年全日本選手権ポイントランキング(第4戦北海道大会終了現在)です。 MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。各ラウンドの数…

TRJ / MFJ

2022全日本選手権第4戦北海道大会リザルト

2022全日本選手権第3戦関東大会リザルト ●2022年7月17日 ●北海道上川郡和寒町わっさむサーキット 天候:晴れのち曇り…

イベント(その他)

10/16第4回中部クラシックトライアルミーティング

中部クラシックトライアルミーティングを鷲ヶ岳スキー場にて開催します。普段あまり動かす機会のないヴィンテージなトライアル車を走らせましょう。 …

自然山通信2022年7月号

印刷して製本された自然山通信はすでに皆様のお手元に発送させていただきましたが、PDFで配信する電子版もご用意しました。 お手元の電子機…

ページ上部へ戻る