2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
  1. イベント(大会)
  2. イベント(大会)
  3. イベント(大会)
  4. TRJ / MFJ
  5. TRJ / MFJ
  6. 2017お勉強会
  7. イベント(大会)
  8. リザルト関東
  9. イベント(大会)
  10. イベント(スクール)
  11. イベント(スクール)
  12. リザルト関東
  13. イベント(大会)
  14. TRJ / MFJ
  15. TRJ / MFJ
  16. イベント(大会)
  17. イベント(大会)
  18. イベント(大会)
  19. リザルト関東
  20. イベント(大会)
  21. イベント(大会)
  22. リザルト中国
  23. MFJトライアル
  24. リザルト東北
  25. リザルト関東
  26. リザルト関東
  27. リザルト中国
  28. イベント(大会)
  29. TRJ / MFJ
  30. TRJ / MFJ
  31. TRJ / MFJ
  32. MFJトライアル
  33. リザルト関東
  34. TRJ / MFJ
  35. リザルト中国
  36. リザルト関東
  37. トライアル・デ・ナシオン
  38. 2017TDN
  39. リザルト関東
  40. イベント(その他)
  41. イベント(大会)
  42. イベント(その他)
  43. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2015の契約をしたボウ

ボウと藤波が契約更改

2015の契約をしたボウ

 レプソル・ホンダ・チームのふたりの世界チャンピオン、トニー・ボウと藤波貴久が、チームと契約更改をした。
 2013年シーズンオフに重傷を負った藤波は、2015年もレプソル・ホンダ・チームで世界選手権に挑戦が決定。そしてボウは、2018年までの4年間の契約延長だ。

 ボウと藤波の契約更改は、6月5日と6月12日にあいついで発表された。ボウは2007年にモンテッサチーム入りし、初年度からインドア、アウトドア両方のタイトルを獲得してきた。2013年までにそれぞれ7回の世界タイトルを獲得、2014年もインドアのXトライアルではタイトルを獲得していていて、アウトドアのタイトルを獲得すれば、アウトドア8回、インドアと合わせて16回という、他に例のない大記録を残すことになる。
 今シーズンは前チャンピオンのアダム・ラガが善戦していて、まだまだ先のことはわからないし、まして2018年のトライアル界がどうなっているかはわからないが、2018年までボウがチャンピオンをとり続ける可能性を持っているからこその長期契約にちがいない。12年連続チャンピオンなどとろうものなら、とんでもないことになるが、そんな先のことを考えていると鬼が笑う。まずは今シーズンのラガとのチャンピオン争いの行方を見守ることにしよう。

2015の契約をしたボウ

○HRC副社長、中本修平氏のコメント
トニーとの関係を更新できたて喜んでいます。トニーは毎年毎年素晴らしいパフォーマンスを発揮していますが、これが何年も続くと確信しています。まずは今シーズンの幸運をお祈りし、これからの4年間、我々のファミリーとしての活躍を楽しみにしています。

□トニー・ボウの主な船籍
7回のアウトドア世界チャンピオン
8回のインドア(Xトライアル)世界チャンピオン
5回のスペイン選手権チャンピオン
7回のスペイン選手権インドアチャンピオン
2003年ヨーロッパチャンピオン
9回のトライアル・デ・ナシオンチャンピオン

○トニー・ボウのコメント
レプソル・モンテッサ・ホンダがレプソル・ホンダとなった今シーズン、私にはこれ以上望むものはありません。契約更新は、相談の関についてすぐに合意に達しました。このチームは本当にいいチームです。私はチームのため、ファンのため、これからも勝ち続けたいと思います。

2015の契約をした藤波

 一方、日本が誇る世界チャンピオン、藤波貴久は、気がついてみれば世界選手権の最年長現役ライダーとなっている。昨シーズン末には靭帯断裂の大けがもして、現役続行があやぶまれる事態にもなった。
 こんな状況での契約更改。藤波の存在が、トライアルにとって、ファンにとって、そしてなによりチームにとって、ただならぬものを持っている証ではないだろうか。藤波の契約更改は2015年限りだが、現状の藤波にしてみれば、2016年以降のことはまったく白紙状態のはずで、2015年に活躍の舞台が約束されたことは、残る今シーズン、そして膝の本格的治療を予定している忙しいシーズンオフに向けて、大きな目標となるはずだ。
 実は2015年は、藤波が世界選手権に参戦して20年目となる。1996年に16歳で世界選手権参戦を開始した藤波は、わずか1年後に初優勝をとげ、以後32勝をあげている。そして2004年、日本人として初めてのワールドプロクラス世界チャンピオンを獲得したのだった。
 2012年、2013年はランキング5番となっているが、2014年開幕戦オーストラリアでは見事優勝。藤波はまた、現状、最も多くの表彰台に乗ったライダーでもある。その数150になる。
 モンテッサ(ホンダ)としては、メーカータイトル獲得も大事な仕事。藤波は、メーカータイトル獲得に向けても、重要な任務を負っていることになる。モンテッサはこの8年、メーカータイトルを取り続けている。

○HRC副社長、中本修平氏のコメント
 藤波貴久選手がレプソル・ホンダ・チームで走り続けてくれることになって、たいへんうれしいです。皆さんよくご存知のように、藤波選手は過去19年にわたって世界選手権を走り続け、そして現在、ただひとりの日本人ライダーでもあります。彼はとてもユニークなライダーであり、多くのファンを持っています。今シーズンは開幕戦で優勝していますが、膝のケガの影響で、その後は日本GPでの3位にとどまっています。 藤波選手は私たちチームのため、そして多くのファンのために、残る今シーズン、そして2015年を戦ってくれることでしょう。

2015の契約をした藤波

□藤波貴久選手の主な戦績

2004トライアル世界チャンピオン
7回の世界選手権ランキング2位
5回の世界選手権ランキング3位
2004インドア世界選手権ランキング2位
5回の全日本チャンピオン

○藤波貴久選手のコメント
 レプソル・ホンダ・チームのライダーとして、もう1年走り続けることを発表できて、とてもうれしいです。16歳のときからホンダと契約してきて、来年は20周年となります。20年の長い間、ホンダの契約ライダーとして走り続けることができたのは、大きな誇りです。契約更改は大きなモチベーションも与えてくれました。またチームメイトのトニーが、やはり契約を更改したのも、大きな喜びです。トニーはチームのナンバーワンであり、またたいへんよい友人でもあります。レプソル・ホンダ・チーム、最高のチームです。

Photos: G2F Media Copyright Team HRC 2014

関連記事

イベント(大会)

8/21第80回里山トライアル

○第79回里山トライアル大会  開催日:2022年8月21日(日) (さらに…)…

イベント(大会)

7/10里山初級者トライアル大会

○里山初級者トライアル大会  開催日:2022年7月10日(日) (さらに…)…

イベント(大会)

7/3ファミリートライアルのお知らせ!

急ですが、中止となった「トムスカントリー」の代わりに「ファミリートライアル」を開催することになりました! (さらに…)…

自然山通信2022年6月号電子版お届けしますー

印刷して製本された自然山通信はすでに皆様のお手元に発送させていただきましたが、こちらはPDFで配信する電子版です。 お手元の電子機器、…

2022年版トライアルGPの楽しみ方

本日、いよいよ開幕する世界選手権「トライアルGP」。どうやって楽しんだらいいのかわからないからちゃんと紹介しろというお声をいただいたので、ち…

小川毅士、武田呼人、日本人のT2
世界選手権開幕直前情報

今週末、いよいよ世界選手権、トライアルGPが開幕する。6月の開幕は、記憶の限り、最も遅い開幕になる。土曜日、日曜日の2日間制、開幕戦はスペイ…

自然山通信6月号発売!

自然山通信6月号発売中!SSDT(スコットランドの6日間トライアル)でドギー・ランプキンが13回目の勝利。そしてSSDTに初めて電動バイクが…

TRJ / MFJ

2022年全日本選手権ランキング(独自集計)

2022年全日本選手権ポイントランキング(第3戦関東大会終了現在)です。 MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。各ラウンドの数字…

TRJ / MFJ

2022全日本選手権第3戦関東大会リザルト

2022全日本選手権第3戦関東大会リザルト ●2022年6月5日 ●栃木県茂木町モビリティリゾートもてぎ 天候:曇りのち晴れの…

小川友幸の逆襲。2022全日本第2戦九州大会

開幕戦中部大会から3週間、全日本選手権は九州へとやってきた。会場となった熊本県矢谷渓谷キャンプ場は、6年ぶりの全日本開催となる。キャンプ場に…

ページ上部へ戻る