2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  1. 2017TDN
  2. トライアル・デ・ナシオン
  3. TRJ / MFJ
  4. 2017お勉強会
  5. イベント(大会)
  6. TRJ / MFJ
  7. イベント(その他)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. イベント(大会)
  11. TRJ / MFJ
  12. イベント(大会)
  13. リザルト関東
  14. イベント(大会)
  15. イベント(スクール)
  16. イベント(スクール)
  17. リザルト関東
  18. イベント(大会)
  19. TRJ / MFJ
  20. TRJ / MFJ
  21. イベント(大会)
  22. イベント(大会)
  23. イベント(大会)
  24. リザルト関東
  25. イベント(大会)
  26. イベント(大会)
  27. リザルト中国
  28. MFJトライアル
  29. リザルト東北
  30. リザルト関東
  31. リザルト関東
  32. リザルト中国
  33. イベント(大会)
  34. TRJ / MFJ
  35. TRJ / MFJ
  36. TRJ / MFJ
  37. MFJトライアル

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2016FIM世界選手権キャッチ

FIM、2016年シーズンに向けた改革を発表

FIMが、2016年に向けて、世界選手権トライアルの改革を発表している。とはいえ、みなさんが気にしているノーストップルールがどうなるか、というような話ではなくて、ある意味ではもっと大きな、大会の枠組みの問題だ。

改革は男子世界選手権だけでなく、女子の世界選手権やトライアル・デ・ナシオンにも及んでいる。

まずカテゴリー名がこれまでと変わる。

■カテゴリー名
「ワールド・プロ」 ->  「トライアルGP」
「ワールドカップ」 ->  「トライアル2」
「125ccクラス」  ->  「トライアル125」
世界選手権はトライアルGPクラスで、他の2クラスはFIMカップとなる。

■125cc
FIMトライアルカップ125ccでは、参加資格がこれまでとは異なっている。従来は16歳以上のライダーしか参加が認められていなかったが、14歳から18歳が参加できることになった(その年に19歳にならない年齢までのライダーが参加できる)。加えて、公道を使う大会の場合は、該当する運転免許を持っていることが条件となる。たとえば日本GPの場合は、14歳以下でも参加できることになる。

2016FIM世界選手権

■電動バイク
電動バイクについては「eクラス」をインターナショナルクラスの内部門として、すべてのイベントで新設するとなっている。インターナショナルクラスというのは「トライアル2」クラスということなのだろうか。ともあれ、電動バイクがフルサイズのトライアル現場を走り始めて数年を経て、ようやくFIMがその存在を認めたことになる。

■選手権ポイントの計算方法
これまで、ワールドプロクラスは全戦のポイントを集計し、ワールドカップや125cc、女子世界選手権は有効得点制となっていたが、これについても、若干の改革が施されている。

「トライアルGP」-> 全大会の得点を集計
「トライアル2」 -> 成績のよくない2大会の得点を引いて集計
「トライアル125」-> 成績のよくない4大会の得点を引いて集計
「女子世界選手権」-> 成績のよくない1大会の得点を引いて集計

■トライアル・デ・ナシオン
トライアル・デ・ナシオンのチーム構成についても詳細が決められている。概略として、これまではライダーとマインダーによる各チームが集まってナショナルチームを構成するという感じだったが、今後は男女ともひとつのチームで戦いなさい、ということのようだ。
 ○チーム構成員は10名
  男子チームは3名(従来より1名少なくなっている)
  女子チームも3名(これは従来通り)
  アシスタントは男女共通で2名
  チームマネージャーは1名
  代表者が1名
これまで男子4名+アシスタント4名、女子3名+アシスタント3名、マネージャーと代表者(監督)という、最大16名のチームだったが、試合に参加できるメンバーが制限されて、日本のように遠方からの参加がしやすくなったといえる(公式の参加メンバーでないお手伝いがあちこちにいて、地元に近い国ほど有利なのは変わらないとは思うけど。このへんをきっちり規制できるのは、おそらく日本だけだろう)。

■タイムテーブル
各大会には、ウォーミングアップ、ライダー・ミーティング、オブザーバー・ミーティング、サイン会、表彰式が組まれることとなっている。

6月11〜12日のアンドラ大会では、テストケースとして「パルクフェルメ(車両保管)」が実施される。

■アシスタント
ライダーは安全上の配慮から、1名のアシスタント(赤ゼッケン着用)を随行させることができる。従来より、アシスタントは1名なのか2名なのか、ノーストップで時間がないところで1名のアシスタントでは安全が担保できない、いやいや、アシスタントを複数用意できないライダーもいるので不公平だと、アシスタントについては議論の的だったが、1名と明文化することで、ずるずると複数のアシスタントがセクションの中に入ることを制限しているものと思われる。

■ラップ数
女子は2ラップ、男子は3ラップとするとのこと。

■イエローカード
チーフオブザーバーが減点を確認したあとも、ライダーやアシスタントが異議を申し立てたり、マシンからおりてセクションを歩き回ったりするのはイエローカードの対象であることが明記されている

■マシン規則
リヤブレーキの穴の保護は2016年は奨励で、2017年は必須となる。

■意見交換
Facebookページやスマホアプリなどで意見交換ができる。

関連記事

高田島庭先コンペティション

満員御礼となりました。 ================================= 参加受理書は、大会1週間前ま…

2017TDN

TDN日本チームの記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)の記録を、日本チームに焦点を絞ってご紹介します。 TDNが始まったのは1984年。日本の初参加は1987…

トライアル・デ・ナシオン

トライアル・デ・ナシオン全記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)は1984年から毎年開催されています。 その間、まず男子チームだけで開催されていた期間、男子のクラス…

10/9全日本選手権第7戦近畿大会

10月9日、全日本選手権は第7戦を和歌山県湯浅トライアルパークで迎える。 (さらに…)…

自然山通信2022年9月号電子版

9月号電子版をご用意しました。 2022年、世界選手権T2クラスに新しい風を吹き込んでいるEMについて、日本インポーターである成田匠さ…

自然山通信2022年9月号発売中!

自然山通信9月号発売中!今シーズン、世界選手権T2とSSDT参戦で好成績をあげているElectric Motion E PUREを取材しまし…

全日本中国大会、野崎史高、今季初優勝

国際Aスーパーだけのシティトライアル大会をはさんで、北海道大会から1ヶ月半後、全日本選手権は広島県に戻ってきた。優勝したのは野﨑史高。小川友…

TRJ / MFJ

2022年全日本選手権ランキング(独自集計)

2022年全日本選手権ポイントランキング(第6戦中国大会終了現在)です。 MFJ正式ではなく、自然山通信独自集計です。各ラウンドの数字…

2022全日本R6中国大会全リザルト

2022全日本選手権第3戦関東大会リザルト ●2022年9月4日 ●広島県三次市灰塚ダムトライアルパーク 天候:晴れときどき曇…

9/4 全日本中国大会は灰塚ダムで

全日本選手権第6戦は、9月4日の中国大会です。IASのみの第5戦シティトライアルをはさんでの全クラス開催の全日本で、広島県灰塚ダムにての開催…

ページ上部へ戻る