2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  1. 2018自然山通信カレンダープレゼント
  2. 2019モンテッサ
  3. イベント(その他)
  4. TLR200用キックアーム
  5. Vertigo 2019モデル
  6. 生駒テックオープン
  7. MFJトライアル
  8. イベント(大会)
  9. イベント(スクール)
  10. イベント(大会)
  11. イベント(大会)
  12. イベント(大会)
  13. リザルト関東
  14. 1日目優勝のファハルド
  15. イベント(大会)
  16. 左から野崎、黒山、藤浪、小川
  17. リザルト東北
  18. イベント(スクール)
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. リザルト四国
  22. リザルト中国
  23. 化けるか野崎ぶっちぎり勝利
  24. 全日本R3九州までのランキング
  25. 全日本R3九州リザルト
  26. 2018EMと成田匠.fr
  27. MFJトライアル
  28. 1805電子版
  29. 2018年5月号
  30. リザルト近畿
  31. ムーブレバー
  32. トムス新製品
  33. リザルト関東
  34. リザルト関東
  35. リザルト関東
  36. リザルト中国
  37. リザルト四国
  38. リザルト関東
  39. 2017お勉強会
  40. TY-Eデビューラン
  41. リザルト関東

    2018.04.08

    ペコトラ第3戦
  42. 自然山通信電子版4月号
  43. 自然山通信2018年4月号
  44. リザルト中国
  45. リザルト中国
  46. 2018.03.25

    2018沖縄第3戦
  47. リザルト関東
  48. イベント(大会)
  49. イベント(大会)
  50. イベント(大会)
  51. リザルト近畿
  52. リザルト関東
  53. リザルト四国

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2016FIM世界選手権キャッチ

FIM、2016年シーズンに向けた改革を発表

FIMが、2016年に向けて、世界選手権トライアルの改革を発表している。とはいえ、みなさんが気にしているノーストップルールがどうなるか、というような話ではなくて、ある意味ではもっと大きな、大会の枠組みの問題だ。

改革は男子世界選手権だけでなく、女子の世界選手権やトライアル・デ・ナシオンにも及んでいる。

まずカテゴリー名がこれまでと変わる。

■カテゴリー名
「ワールド・プロ」 ->  「トライアルGP」
「ワールドカップ」 ->  「トライアル2」
「125ccクラス」  ->  「トライアル125」
世界選手権はトライアルGPクラスで、他の2クラスはFIMカップとなる。

■125cc
FIMトライアルカップ125ccでは、参加資格がこれまでとは異なっている。従来は16歳以上のライダーしか参加が認められていなかったが、14歳から18歳が参加できることになった(その年に19歳にならない年齢までのライダーが参加できる)。加えて、公道を使う大会の場合は、該当する運転免許を持っていることが条件となる。たとえば日本GPの場合は、14歳以下でも参加できることになる。

2016FIM世界選手権

■電動バイク
電動バイクについては「eクラス」をインターナショナルクラスの内部門として、すべてのイベントで新設するとなっている。インターナショナルクラスというのは「トライアル2」クラスということなのだろうか。ともあれ、電動バイクがフルサイズのトライアル現場を走り始めて数年を経て、ようやくFIMがその存在を認めたことになる。

■選手権ポイントの計算方法
これまで、ワールドプロクラスは全戦のポイントを集計し、ワールドカップや125cc、女子世界選手権は有効得点制となっていたが、これについても、若干の改革が施されている。

「トライアルGP」-> 全大会の得点を集計
「トライアル2」 -> 成績のよくない2大会の得点を引いて集計
「トライアル125」-> 成績のよくない4大会の得点を引いて集計
「女子世界選手権」-> 成績のよくない1大会の得点を引いて集計

■トライアル・デ・ナシオン
トライアル・デ・ナシオンのチーム構成についても詳細が決められている。概略として、これまではライダーとマインダーによる各チームが集まってナショナルチームを構成するという感じだったが、今後は男女ともひとつのチームで戦いなさい、ということのようだ。
 ○チーム構成員は10名
  男子チームは3名(従来より1名少なくなっている)
  女子チームも3名(これは従来通り)
  アシスタントは男女共通で2名
  チームマネージャーは1名
  代表者が1名
これまで男子4名+アシスタント4名、女子3名+アシスタント3名、マネージャーと代表者(監督)という、最大16名のチームだったが、試合に参加できるメンバーが制限されて、日本のように遠方からの参加がしやすくなったといえる(公式の参加メンバーでないお手伝いがあちこちにいて、地元に近い国ほど有利なのは変わらないとは思うけど。このへんをきっちり規制できるのは、おそらく日本だけだろう)。

■タイムテーブル
各大会には、ウォーミングアップ、ライダー・ミーティング、オブザーバー・ミーティング、サイン会、表彰式が組まれることとなっている。

6月11〜12日のアンドラ大会では、テストケースとして「パルクフェルメ(車両保管)」が実施される。

■アシスタント
ライダーは安全上の配慮から、1名のアシスタント(赤ゼッケン着用)を随行させることができる。従来より、アシスタントは1名なのか2名なのか、ノーストップで時間がないところで1名のアシスタントでは安全が担保できない、いやいや、アシスタントを複数用意できないライダーもいるので不公平だと、アシスタントについては議論の的だったが、1名と明文化することで、ずるずると複数のアシスタントがセクションの中に入ることを制限しているものと思われる。

■ラップ数
女子は2ラップ、男子は3ラップとするとのこと。

■イエローカード
チーフオブザーバーが減点を確認したあとも、ライダーやアシスタントが異議を申し立てたり、マシンからおりてセクションを歩き回ったりするのはイエローカードの対象であることが明記されている

■マシン規則
リヤブレーキの穴の保護は2016年は奨励で、2017年は必須となる。

■意見交換
Facebookページやスマホアプリなどで意見交換ができる。

関連記事

2019モンテッサ

2019モンテッサ価格発表と受注開始

MONTESA輸入総輸入元・エトスデザインより2019 MONTESAシリーズ3機種(COTA 250、RACE REPLICA 250、C…

イベント(その他)

生駒テックで「ヤマハとスコルパ練習会」

8月11日(土)に、奈良県生駒市・生駒テックで「ヤマハとスコルパ練習会」が行われる。黒山健一選手、黒山一郎さんといっしょの練習会…

TLR200用キックアーム

ステップに当たらないHONDA TLR200/TL125用ニューキッククランク強化タイプ

アベ精工から、キック始動時にステップに当たらないTLR200/TL125用ニューキッククランク・強化タイプが発売されました。 (さらに&…

Vertigo 2019モデル

2019 Vertigo シリーズ予約開始!

Vertigo日本輸入元の三谷モータースポーツより、2019 COMBAT VERTICALシリーズの変更点と価格の発表。新たに125ccが…

電子版2018年8月号

電子版もご用意して皆様のダウンロードをお待ちしています。 PC、タブレット、スマートフォンなどでお楽しみください。 (さらに&he…

自然山通信8月号発売中!

自然山通信8月号は、ストライダー日本グランプリ特集・PART 2【ウィメンズトライアル・16ページ大特集】で発売中!オールカラー66ページ・…

生駒テックオープン

「生駒テック」会員制トライアル練習場オープン!

8月1日。奈良県の生駒山麓(旧生駒テック)のとなりの一部が、完全会員制のトライアル練習場「生駒テック」としてオープンしました! (さらに…

9/2中国大会は予定通り開催

9月2日、全日本選手権中国大会の日程が迫ってきた。 中国、四国地方では大雨の被害でたいへんなことになっているが、全日本選手権トライアルは予…

勝つべき北海道で小川友幸、ぎりぎり勝利

2018年7月15日。例年どおり、全日本選手権第4戦は、北の大地北海道へやってきた。さわやかなイメージの北海道だが、こと全日本に関しては強い…

2018全日本ランキング(〜第4戦)

2018年全日本選手権ポイントランキングです。ただし自然山独自集計。上位についての正確なランキングは、MFJサイトで発表されるものをご参照く…

ページ上部へ戻る