2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  1. トライアル・デ・ナシオン
  2. イベント(その他)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(その他)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. TRJ / MFJ
  8. TRJ / MFJ
  9. TRJ / MFJ
  10. イベント(スクール)
  11. MFJトライアル
  12. MFJ
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. リザルト中国
  16. イベント告知
  17. 2017お勉強会
  18. イベント(大会)
  19. リザルト関東
  20. リザルト中国
  21. リザルト関東
  22. リザルト関東
  23. リザルト中国
  24. リザルト関東
  25. リザルト関東
  26. リザルト沖縄
  27. リザルト九州
  28. リザルト中国
  29. イベント(大会)
  30. リザルト沖縄
  31. イベント告知
  32. イベント(大会)
  33. イベント(大会)

世界のニュース

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2014ベルギーのボウ

ベルギーでボウ2連勝

2014ベルギーのボウ

 世界選手権第5戦はベルギー大会。ベルギーでの世界選手権は、7年ぶりとなるそうだ。
 泥々のベルギーらしいコンディションでの戦い、1ラップ目をリードしたのはラガだったが、2ラップ目にボウが素晴らしい走りを披露してラガを突き放し、今シーズン3勝目、ランキング争いも、ラガに4点差とした。
 藤波は1ラップ目は8位と低迷していたが、2ラップ目以降に盛り返して4位に入った。

 ベルギーは、ホンダRTL360で3年連続チャンピオンに輝いたエディ・ルジャーンの母国で、とにかく滑る地形が特徴だ。そしてこの会場も、やっぱり泥々で滑った。
 雨は日曜日の、トップライダーが1ラップ目が終える頃まではなんとか降らずにいたのだが、雨が降らないからといって滑らないということではなく、むしろ雨が降ったほうがコンディションはよくなったりするらしい。
 1ラップ目のボウは5点の失点が響いてラガにトップを許していたが、2ラップ目はお見事。ここで突き放して3ラップ目のラガの追い上げをかわして、前回イタリアに続いて2連勝を飾った。ここまで7試合戦って(1試合は全員失格となった)ボウの勝利は3つ目。圧倒的テクニックを誇るボウとしては、いささか勝ち星の少ない2014年シーズンとなっている。前回ランキングトップに浮上したので、ランキングトップはもちろん変わりないが、ラガとのポイント差はいまだたったの4点だ。
 今シーズン、チャンピオン争いはこのふたりに絞られた感じ。現在ランキング3位は、今回も3位となったカベスタニーで、しかしポイントではラガに28点差をつけられている。タイトル争いにからんでいくにはちょっと気が遠い点差になってしまった。

2014ベルギーの藤波

 このカベスタニーに僅差につけているのが藤波。開幕戦で勝利、日本大会で表彰台と、滑り出しは上々だった今シーズンの藤波だが、日本GPで再び足を痛めてしまったことと、マシンセッティングへの悩みがその後2連続6位という不本意な結果を招いてしまった。これで4試合連続表彰台のカベスタニーにランキング3位の座を奪われた状態だが、しかしその差はたったの5点。こちらは、これからどうなるか、まだまだわからない。
 ランキング5位のファハルドは、藤波からさらに8点差。今シーズンのファハルドは、開幕戦で表彰台に乗って以来、精彩に書いた戦いに終始してしまっている。
 今シーズンは、ホルヘ・カサレスを筆頭として、若手の台頭も著しい。まだまだ勝利にはほど遠いが、トップライダーもちょっと油断をすると、彼ら若手ライダーに順位を譲ったりしてしまう。ダビルも藤波もファハルドも、彼らにはやられたことがある。ルール由縁かもしれないが、油断できない戦いというのは結果を見ている限りはおもしろい。
 次戦イギリス大会も、今回同様滑る地形が売り物だ。さて、2014年トライアル世界選手権は、どんな展開となっていくのだろうか。

2014ベルギー表彰台

 ワールドカップクラスはドイツのフランツ・カドレックが2勝目。タイトル争いのリーダーであるジェイム・ブストが5位と低迷したので、両者のポイント差は8点に縮まっている。
 125ccでは、ガエル・シャタヌが勝利。シャタヌはポイントリーダーの座も安泰で、すでに27点差をつけてチャンピオンへと突き進んでいる。この大会、16歳になったばかりのイギリス人、トーマス・ミンタが初登場して、なんといきなりの2位入賞。将来が楽しみな大型新人の登場となった。
 次のイギリス大会は、すぐ翌週だ。

関連記事

トライアル・デ・ナシオン

トライアル・デ・ナシオン全記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)は1984年から毎年開催されています。 その間、まず男子チームだけで開催されていた期間、男子のクラス…

2021年10月号電子版お待たせしました

藤波貴久引退を目撃して帰ってきて、あわててつくった2021年10月号ですが、お待たせしてしまってごめんなさい。スペインGP、そして引…

自然山通信10月号発売!

何が起こるかわからないコロナ禍で、決死のスペインとポルトガル現地取材を決行。帰国後の隔離もあって発売が遅くなってしまいました。引退表明し…

全日本選手権最終戦はダブルヘッダーで

全日本トライアル選手権最終戦となる中部大会が、11月13-14日、土曜日・日曜日の2日間にわたって愛知県のキョウセイドライバーランドで開催さ…

イベント(その他)

10/3ガッチと楽しもう、愛媛県松山

10月3日(日)ガッチと楽しもうミーティング(マツヤマ トライアルファーム)開催です。 (さらに…)…

藤波貴久、今シーズンで引退を発表

藤波貴久の引退が発表された。 最終戦ポルトガルを前にしたスペインGPが終わっての水曜日、その衝撃の発表は発信された。この週末、トライアル・…

最終決戦前夜、スペインにて

2021年世界選手権はいよいよ大詰め。最終戦を前にしたツーデイズの1戦は、スペインだった。 (さらに…)…

今年の高田島のトライアル大会について

毎年、春と秋に開催の高田島でのトライアル大会。2021年はついに開催を断念するに至りました。 2020年は、春の大会を見送り、秋に2大…

YAMAHAセロー225チェーンテンショナー

『工房きたむら』より、YAMAHAセロー225用のチェーンテンショナーが発売されました。 (さらに…)…

RTL-F、COTA 4RT対応SPLミッション(4速ギア)

ぱわあくらふとより、SPLミッション(4速ギア)が発売されました。HRC RTL-Fシリーズ / montesa COTA 4RT、301シ…

ページ上部へ戻る