2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  1. トライアル・デ・ナシオン
  2. イベント(その他)
  3. イベント(大会)
  4. イベント(その他)
  5. イベント(大会)
  6. イベント(大会)
  7. TRJ / MFJ
  8. TRJ / MFJ
  9. TRJ / MFJ
  10. イベント(スクール)
  11. MFJトライアル
  12. MFJ
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. リザルト中国
  16. イベント告知
  17. 2017お勉強会
  18. イベント(大会)
  19. リザルト関東
  20. リザルト中国
  21. リザルト関東
  22. リザルト関東
  23. リザルト中国
  24. リザルト関東
  25. リザルト関東
  26. リザルト沖縄
  27. リザルト九州
  28. リザルト中国
  29. イベント(大会)
  30. リザルト沖縄
  31. イベント告知
  32. イベント(大会)
  33. イベント(大会)

トライアルテクニック

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2014ベルギー大会のダニエル

ダニエル登場

 2014年世界選手権第5戦ベルギー大会、ワールドカップクラスに、46歳のライダーが出場していた。その名は、ダニエル・コッセー。彼のことを知らなくても、彼の名を知らないトライアルライダーは、まずいないのではないだろうか。

1407ダニエル・コッセー

 ダニエル・コッセーはベルギー人。1967年8月10日生まれ。もうすぐ47歳になる。1980年代後半から1990年代前半に活躍し、最高位は91年のベルギー大会での7位だった。
 ダニエル・コッセーの名前に、ぴんときたあなたは正しい。この人の名前のダニエルとは、いま、トライアルテクニックの最高峰として知られている「ダニエル」そのものなのだ。
 トライアルテクニックのダニエルが、実は日本人の命名であることを知らない人はけっこう多い。命名者は黒山一郎氏。黒山健一選手のお父さんであり、ダニエル・コッセーが世界選手権で活躍していた頃、黒山さんもまた、世界選手権に挑戦していた。そのとき、ウイリーをしたまま、リヤタイヤでぽんぽんとホッピングするのが上手な選手がいた。それがダニエルだった。そのテクニックをなんというのかと問うても、誰も名前を知らない。それで黒山さんは、そのテクニックを日本に紹介するのに、コッセーのファーストネームをとってダニエルと命名したのだ。
 その後、ダニエル・コッセーのテクニックは自転車の世界でも広く使われるようになり、トライアルテクニックとしてのダニエルは広く知られるようになった。やがてダニエルの名はトライアル界のみならず、マウンテンバイクの世界でも使われるようになり、さらには日本からその名が輸出されて世界でも通用するテクニック名となったという。
 さてこのダニエル・コッセーだが、現在でもベルギーのトライアルを牽引する立場にいる。コッセーは、ベルギーのガスガス代理店であり、トライアルだけでなく、エンデューロなどにも参加をし、多くのライダーをサポートしている。

1407昔の表彰台

 この写真の少年たちは、1987年バイクトライアル世界選手権スイス大会の表彰台に並んだ面々。一番左の優勝者はダニエル・コッセー。その右がバイクトライアルのスーパースター、オット・ピ、その右がジュアン・ポンス、さらにその右が1996年にオートバイの世界チャンピオンとなるマルク・コロメだ(一番右は、残念ながら誰だかわからない)。
 ダニエル・コッセーは、1986年、1987年にバイクトライアル世界チャンピオンになっている。1987年は、黒山健一が年少クラスのベンジャミンクラスで初めての世界チャンピオンとなったトシだ。
 自転車で、そしてオートバイで、ダニエルを披露するとき、あるいはダニエルをやってみようと思うとき、その名前の由来がこの人にあって、そしてその本人が、まだ現役のトライアルライダーであることを、ちょっと思い出していただければ幸いです。

関連記事

トライアル・デ・ナシオン

トライアル・デ・ナシオン全記録

トライアル・デ・ナシオン(TDN)は1984年から毎年開催されています。 その間、まず男子チームだけで開催されていた期間、男子のクラス…

2021年10月号電子版お待たせしました

藤波貴久引退を目撃して帰ってきて、あわててつくった2021年10月号ですが、お待たせしてしまってごめんなさい。スペインGP、そして引…

自然山通信10月号発売!

何が起こるかわからないコロナ禍で、決死のスペインとポルトガル現地取材を決行。帰国後の隔離もあって発売が遅くなってしまいました。引退表明し…

全日本選手権最終戦はダブルヘッダーで

全日本トライアル選手権最終戦となる中部大会が、11月13-14日、土曜日・日曜日の2日間にわたって愛知県のキョウセイドライバーランドで開催さ…

イベント(その他)

10/3ガッチと楽しもう、愛媛県松山

10月3日(日)ガッチと楽しもうミーティング(マツヤマ トライアルファーム)開催です。 (さらに…)…

藤波貴久、今シーズンで引退を発表

藤波貴久の引退が発表された。 最終戦ポルトガルを前にしたスペインGPが終わっての水曜日、その衝撃の発表は発信された。この週末、トライアル・…

最終決戦前夜、スペインにて

2021年世界選手権はいよいよ大詰め。最終戦を前にしたツーデイズの1戦は、スペインだった。 (さらに…)…

今年の高田島のトライアル大会について

毎年、春と秋に開催の高田島でのトライアル大会。2021年はついに開催を断念するに至りました。 2020年は、春の大会を見送り、秋に2大…

YAMAHAセロー225チェーンテンショナー

『工房きたむら』より、YAMAHAセロー225用のチェーンテンショナーが発売されました。 (さらに…)…

RTL-F、COTA 4RT対応SPLミッション(4速ギア)

ぱわあくらふとより、SPLミッション(4速ギア)が発売されました。HRC RTL-Fシリーズ / montesa COTA 4RT、301シ…

ページ上部へ戻る