2020年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
  1. TRIAL動画チャンネル
  2. MFJトライアル
  3. イベント(大会)
  4. 2017お勉強会
  5. イベント(スクール)
  6. イベント(大会)
  7. イベント(大会)
  8. イベント(大会)
  9. イベント(大会)
  10. リザルト中国
  11. 2020.04.05

    福島市へ行く
  12. イベント(大会)
  13. イベント(大会)
  14. イベント(大会)
  15. イベント(大会)
  16. イベント(大会)
  17. リザルト四国
  18. イベント(大会)
  19. イベント(大会)
  20. イベント(大会)
  21. リザルト沖縄
  22. イベント告知
  23. 2020XTDN延期
  24. イベント(大会)
  25. SSDT中止
  26. イベント(大会)
  27. SHOEI MITANI MODEL MATブラック
  28. リザルト関東
  29. イベント(大会)
  30. イベント(スクール)
  31. イベント(スクール)
  32. イベント(スクール)
  33. イベント(大会)
  34. イベント(大会)
  35. イベント(大会)
  36. イベント(大会)
  37. イベント(大会)
  38. イベント(大会)
  39. リザルト近畿
  40. リザルト沖縄
  41. イベント(大会)
  42. イベント(大会)
  43. リザルト関東
  44. イベント(その他)
  45. イベント(大会)
  46. イベント(大会)
  47. リザルト沖縄
  48. イベント(大会)
  49. イベント(その他)
  50. リザルト関東

トライアル・デ・ナシオン

© トライアル自然山通信 All rights reserved.

2016Xトライアルスペインチーム

2016 X-TDNは5カ国参加で勝利は当然スペイン

4月1日、地中海に面したフランスのリゾート地ニースで、Xトライアル・デ・ナシオンが開催された。参加国はスペイン、フランス、イタリア、イギリス、アメリカの5カ国で、優勝はアダム・ラガとハイメ・ブストが組んだスペインだった。日本は不参加。

2016XTDNセクション表彰台の周囲にコンパクトに設営されたセクション群。美しい演出。

Xトライアルは、3月25日にマルセイユでチャンピオンが決まった後、すぐに4月1日、Xトライアル・デ・ナシオンの日程となった。マルセイユとニースは地中海に面したいわば隣町だが、200kmほど離れている。

2016XTDNみんな2016 X-TDNに参加した5カ国10人の選手たち

各国の参加ライダーはこんな顔ぶれ。スペインとイギリス、かつてトライアル王者を争ったふたつの大国は普段着(というか、いつものオフィシャルウェア)、フランス、イタリア、アメリカはそれぞれ、TDNスペシャルのお国のユニフォームを着ている。

今年はレギュレーションが変わり、チームの一人は25歳以下という条件がつけられた。それに伴って、たとえばスペインではハイメ・ブストの出場が軸になった。当初、ブストとボウのペアで出場の予定だったが、ボウが直前に肩を傷めたということで出場を辞退。アダム・ラガとブストのペアで参加が決まっている。

写真中央が、皆さん翌ご存知のスペインチームの二人だ。

以下、後列左から(*印は25歳以下のライダー)

イギリス
 *イワン・ロバーツ(ベータ)19歳
  ジャイムス・ダビル(ヴェルティゴ)29歳

スペイン
 *ハイメ・ブスト(モンテッサ)18歳
  アダム・ラガ(TRS)33歳

フランス
  アレックス・フェレール(シェルコ)26歳
 *ベノ・ビンカズ(スコルパ)20歳

前列左から

 イタリア
 *ジャンルカ・トルノール(ガスガス)23歳
  マテオ・グラタローラ(ガスガス)28歳

 アメリカ
 *ブライアン・ローパー(シェルコ)22歳
 *アンドリュー・プット(シェルコ)17歳

去年は日本チームも参加したが、25歳以下でXトライアルのセクションを(安全に)走れる日本人ライダーはいないため、不参加となった。Xトライアルを走れるという条件は、日本のスーパークラスセクションで3位くらいまでに入れる実力とインドアセクションに対する慣れだそうで、おっかないセクションとの戦いという点では、小川友幸も苦労するレベルということだから、日本の不参加もやむなしといったところ。

2016XTDNブストXトライアルには2回出場、2回とも最下位だったが、X-TDNでは実力を発揮できたハイメ・ブスト

日本は世界に伍して戦う実力のある選手が何人もいるが、今後、こういった若手育成が進んでいくと、今の日本では太刀打ちができなくなる悪い予感がする(すでに予感ではないかもしれない)。Xトライアルに参加もしたことがない若いライダーが、X-TDNのセクションをとりあえず走れている。日本が目指すべき目標となるのではないだろうか。ちなみに、IASクラスに在籍している25歳以下のライダーは、吉良祐哉、氏川湧雅、武井誠也の3人だ。

X-TDNには、6つのセクションが用意されていた。1ラップ目と2ラップ目はコースを逆からトライする。2ラップ目の方が、やや難度が高くなるように設定されている。

チームの2名のライダーは、6つのセクションの3つずつを走る。どのセクションをどちらのライダーが走るのかは、チームの判断にゆだねられている。得手不得手で分担をわけてもいいし、可能性のあるセクションはインドアでの走破力の高いライダーがしっかり好スコアをマークし、難度が高いセクションは5点になるのを覚悟でインドア走破力の劣る選手にまかせるという作戦もある。

2016XTDNラガアダム・ラガ。その実力はこのメンバーに合っては圧倒的だ。

トライの前に、同一セクションでのタイム競走をして、トライ順を決めるのはいつものXトライアルと同じだ。1ラップ目のトライ順は、アメリカ、イギリス、フランス、イタリア、そしてスペインとなった。4位となったイギリスはダビルが走っての結果で、ビンカズやトルノールに負けていることになる。ちょっと意外。

1ラップ目の結果、トップは第3セクションで1点ずつ減点したスペインとフランス。3位は14位のイタリア。4位がイギリスで16点、5位がアメリカで23点だった。

2ラップ目、今度は1ラップ目のライダーとはちがうライダーによってスピードセクションがおこなわれ、やはりトライ順を決める。イギリス、アメリカ、イタリア、フランス、スペインの順となった。

逆まわりとなった2ラップ目は1ラップ目よりむずかしい。そうなるとスペインの優位がより強く出てくる。5点がひとつもなかったのはスペインだけで、トータル減点は6点。2位はフランスで12点。

2016XTDNフェレールインドアは比較的得意のアレックス・フェレール。

Xトライアルでは6位以上になれなかったアレックス・フェレールだが、TDNでは存分に活躍(Xトライアルに比べて、X-TDNはわずかに難度が低いのかもしれない)。スペインに肉薄とまではいかないものの、他を圧倒して2位の座を得た。

3位イタリアは、フランスにダブルスコア以上の差をつけられた。フェレールはXトライアルのノミネートライダーで、イタリアにはXトライアルの常連はいないから、そのハンディは大きいと思われる。インドアトライアルの場合、経験値を積もうにも、大会に呼ばれなければ参加ができないのはライダーとって苦しいところだ。

イタリアに11点差で4位となったのがイギリス。2ラップ目、なんとダビルはトライした3セクションですべて5点になるという結果で、2ラップ目だけを見れば最下位だった。

今回のイギリスは、ダビルの不調が敗因と思われるが、それでもイギリスに6点差のアメリカは、いい戦いをした。

さて、X-TDNが終わると、いよいよアウトドア世界選手権シーズンの開幕だ。

https://www.shizenyama.com/wp-content/uploads/2016/04/16XTDN.pdf
結果表PDFです。3ページあるので、スクロールして見てください。拡大もできるし、別に開くこともできます
2016XTDN会場お客さんいっぱい。インドアトライアルは、人々の夜のお楽しみになっている。

Photo:FIM/Good Shoot

関連記事

自然山通信6月号発売!

自然山通信6月号発売のお知らせです。今月の特集は「今どきのテレワーク・トライアル」と世界選手権参戦25年を迎えたフジガスこと藤波貴久選手のの…

プロターとの思い出、プロヴィーニさんとの思い出

ちょっと探し物をしていた時に(なぜか娘の家で)発掘されたなにやらの賞状らしきもの。なんだろうね、これ?? とすっかり記憶が失せていたのだけど…

MFJトライアル

全日本関東大会の日程変更とGC大会の中止他

COVID-19による全面自粛騒動から一歩進んで、これから、ちょっとずつ日常に戻ってくる。それに合わせて、イベントスケジュール情報もいろいろ…

ガエルネ・バランスクラシック新色発売!

マシンとの一体感を極限まで高めた、究極のマン=マシンバランスを実現。進化を遂げたガエルネ最高峰トライアルブーツ「BALANCE CLAS…

日本GPは結局中止、TDNも中止に

COVID-19による大会中止、その新たなお知らせ。犬が人を噛んでもニュースにならないように、ニュースにするなら大会が開催される! というお…

野崎史高のファイナル・セロー

ヤマハのロングセラーのセローの開発終了となり、セローファイナルエディションが発表されて現在発売中なのはご存知の通りだけど、このたび、野崎史高…

イベント(大会)

メッツカップ第2戦も中止に

メッツカップ第2戦(7月5日・会場オフロードパークSHIRAI)は、残念ですが中止いたします。 (さらに…)…

7月12日の全日本北海道大会は中止

全日本選手権シリーズは、COVID-19の影響で開幕が遅れているが、ここまで事実上の開幕戦となることになっていた北海道大会の中止が発表された…

TrialGP、イタリアとイギリスも延期

世界的にCOVID-19の騒ぎがなかなかおさまらない。2020年トライアルGPは、すでに6月の大会まで延期が決まっているが、5月2日にはさら…

自然山通信5月号発売!

自然山通信5月号発売開始!世界中のトライアルイベント延期・中止が続いてます。自然山通信5月号ではIASライダー全員に出場していただき「202…

ページ上部へ戻る